BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

LIFESTYLE

旅から学んだこと『あったら便利は大抵いらない』

更新日:

25kgのバックパックを背負って京都から東京までのおよそ500kmを歩いていたぼく(@yusukeworld_)です。

 

もう3年も前のことですが。

IMG_3365

そして、絶対もうやりませんが。

 

日本と海外を行ったり来たりするようになったり、国内でも移動生活が増えたことで自分の身の回りがどんどんと変化してきました。

 

最近困っているのは、寒い地域と暑い地域を行ったり来たりするめんどくささです。





生きていくために必要なもの以外は買わない

少し前から、ネットでインスパイアをもらっている方がいるんですが、その人に共感できるポイントの一つが「あったら便利は大抵いらない」という言葉です。

 

世界一周経験もあるその人ですが、旅に出る前はいくつもカバンや服や靴を持ち、化粧品や美容グッズを持ち、たくさんのものを持つどこにでもいるような女性だったそうです。

dresses-53319_640

世界一周中はコスメグッズどころか、鏡一枚すら重たくて捨てたくなるほど、余分なものを抱えていると感じたらしく、お金の使い方も以前と変わったようです。

 

生きていくために必要なもの以外は買わない。

その代わり、必要だと思うもの、大切な人へは糸目をつけずお金を使う。

 

そう決めているそうです。

girl-1571821_640

 

持たないと言うよりも無駄を省くという考え方

移動生活をしているぼくも、身に付けるもの、持ち歩くものがどんどんと変化していると同時に、購入するものと手放すもののバランスの変化も感じるようになっています。

 

共感できることがあって思わず記事にしていますが、「ものを持たないこと」と「ケチ」は当然違います。

 

買わない・持たないのではなく、無駄を省くと言ったほうが正しいと思います。

 

なので、自分のライフワークを整えるために必要なものはぼくも買います。当然のことながら。

_ysk7452

ですが、それをどう使うのか、どう生かすのかという『出口』が見えなければ。どれだけ便利でも、どれだけオシャレでも、どれだけ安くても買いません。

 

そして何か一個買い足すなら、何かを持たないようにする。

 

これがぼくの基本です。

 

常にカバンの中には余裕を持たしておきたいし、やっぱり重たいものを持って移動するのは億劫です。

 

意志を持って生きること

かと言って、ぼくの荷物が少ないかというとそんなことはなくて、どうしても仕事との兼ね合いで大きな荷物や、重たい機材を持たなくてはいけないので、ミニマリストではないんです。

関連記事:ミニマリストと言えどぼくにバックパック一つは無理でした。必要なものは人それぞれ違うし

 

いかにものを減らすかではなくて、無駄を省くかを考えた方が生き方はスタイリッシュだと思うし、移動生活をしていないとしても、生活を豊かにする要素になってくる気がします。

 

情報やものが溢れている昨今の世の中で、何を得て何を持たないかの選択と決断は非常に大きな意味を持っていて、その選択や決断を適切に行うためには、やはり自分の意志が必要です。

 

意志が弱いと、社会の流れの中で流されて生きることになってしまうと思うし、自分の意思がないとどうしても他者や環境へ依存してしまいがちです。

 

社会の仕組みや世の中の流れを察知することは大切でも、その情報や流行は必ずしも的確ではないし、普遍的でもないからです。

 

ただ生き方そのものを突き詰めてくと、気が遠くなる話になるし、生き方や大切にするべきものも人それぞれです。

 

ですが、目の前にある小さな選択や決断を適当に流していると、いつやってくるかわからない大きな選択や決断で、思い通りの行動に繋がらないのかなとも思うわけです。

 

まとめ

以前も書きましたが、やっぱりぼくにとっては「人生は旅」ではなくて「旅こそ人生」だと思うわけです。

hitcher-1693014_640

選択の基準は本当に便利とか、オシャレとか、価格だけなんでしょうか?

 

それよりも大切にするべきことって何なんでしょうか?

 

ものを持たないことがいいとか、贅沢をしないという話ではないです。

 

ぼくだってLCCよりそりゃビジネスクラス・ファーストクラスで移動したいと思うし、シャワーの水圧が弱すぎて洗った気にならないような安宿や、ナンキン虫の巣窟となっているベッドよりふかふかの布団で眠りたいわけです。

 

来シーズンは着たいのか、着れるのかわからないファストファッションよりも、自分が好きなものを着たいわけです。

 

でも、きっと何事も全部はできないのだとも思っています。

 

だから、本当に大切なものは何なのか?ってことは常に突き詰めて考えていかないといけないとも思うし、何かを手放す時に「あれ、高かったんだよな」ということがよぎる時点で、価値観がお金や社会の決めた価値に虫食われているのだと思います。

 

そうやって誰かの決めた常識や価値の中で生かされるくらいなら、必要なもの・大切なものは持っておいた方がいいし、ものを多く持っていたって無駄なことはないのかもしれません。

 

ぼくは、できる範囲のことで最大限の成果を生み出したいと思っています。

 

それが継続につながると思うし、本当の価値だと思うから。

 

何を持っているかよりも、何を大切にしているか。

 

自分の豊かさくらい、自分で決めたいものです。

 

無駄なことに時間もお金も浪費していられるほど、人生は長くないし暇でもないのだと思います。

 

あなたが大切にしたいものは何ですか?

 

旅に出る前の準備で人気の記事

・【世界一周や海外移住の前に】宅配買取を活用すると手間をかけずに片付けと旅資金調達ができる

・【旅の準備】いつでも家を手放せるように持ち物を徹底的に片付けてみた

・海外旅行の際に役立つ服装や持ち物の選び方7選

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-LIFESTYLE

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.