ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

みらいスクール 小学校建設日記

【みらいスクール】カンボジア小学校建設56日目

投稿日:2016年1月27日 更新日:

2016年1月27日

 

建設56日目





昨日帰ったまり子と入れ替わりで、今日からは愛さんが合流。

 

愛さんはぼくが今回カンボジアに戻ってきて、序盤にシティで出逢った旅行者。

 

その時はタイミングが合わなくて、一度帰国した後にまた来てくれた。

 

愛さん、あざっす!

校舎の前の階段と花壇づくりが始まった。

 

急に。

 

まだ一番東の校舎の入り口の通気口完成してないのに。

 

まだ床に岩を敷き詰めてないのに。

 

まだ壁がレンガ丸出しなのに。

 

何故か急に始まった。

 

こんな感じで砂利を敷き詰めた上にモルタル流し込んでレンガを積むと。

こうなる。

はや!!

 

最初、階段の奥行き?っていうの何ていうの?

 

足おくとこの幅が20cmしかなくて。

 

どう考えても登りにくい階段だったんだ。

 

んで。

 

「これ狭くね?」

 

って聞いたら

 

「子どもの足は20cmくらいだろ?」

 

って。

 

いや、そうかもしらんけどよ。

 

20cmの足が20cmの幅に乗ったって狭かろうよ!

 

ってことで20cmを28cmまで引き延ばした。

 

ぼくの足は乗り切りません。

 

階段はこんな感じでつくられる。

みんなで久しぶりのモルタル&レンガ作業。

子ども達も新しく造られるものに興味深々。

特に花壇はすごい喜んでて

 

「いつ植えるの?」

「何の花植えるの?」

 

ってひっきりなしに聞いてくる。

 

ちなみにこの花壇に植えるかはわからんけど、ぼくはひまわりを植えるつもり。

 

楽しみだな〜。

 

午後からはついに壁塗りの作業が始まった。

年末から多くの人に積み上げてもらったレンガの壁が覆い隠されていく。

 

また新しい作業に入ったぞい!

職人技ですな。

 

もはや手出しはできませぬ。

でも一応手出ししてみた。

 

んー!

 

ガタガタ。

ささっとフォローしてもらって一丁上がり!

 

「よーし、隣の壁に行くぜっ!」

 

ってホンさん達は土台を左にずらした。

 

土台の出っ張りがレンガに激突。

 

バコって音とともに一部が倒れた。

あーあ。

日本だったら。

 

「何やってんだよ〜ばかやろー」って言われるやつ。

ここはカンボジア。

 

「ん〜!あたいてー(大丈夫)」の一言と笑顔で片付く国。

 

でも責任持って直してもらいます。

 

宿に帰るとくるみが来ていた。

 

昨年2月にカンボジアで出会ってたくるみ。

 

8月の井戸掘りを経て、今回も手伝いにやってきてくれた。

 

多くの仲間を引き連れて。

 

くるみに出発前にもらったスクラバウォッシュも毎日健在です。

>>>くるみからプレゼントが届いた。

 

さーて。

 

またここから人が増えるぞ〜!

 

追伸

バイク屋から全然電話がかかってきません。

 

大丈夫なのでしょうか?

 

代車の方がオンボロなのに丈夫な気がする。

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.