BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


みらいスクール 小学校建設日記

【みらいスクール】カンボジア小学校建設99日目

更新日:

merumaganew

2016年3月17日

 

建設99日目





眞紀と2人になって2日目。

 

昨日と同じくシティゲストハウスを出てすぐの屋台で、今日もお弁当をテイクアウト。

 

昨日は焼きブタ丼。

 

今日は焼き鳥丼。

 

今日のメニューは昨日から決まってました。眞紀さんの中で。

 

眞紀さんが朝の準備でメイクアップしている最中にぼくが買い出しに行く。

 

鶏肉が大好きな眞紀さん、嬉しそうでした。

到着すると村の助っ人たちがものすごい勢いで仕上げに入ってる。

何なら午前中に全て終わるんじゃないかってくらいの勢いで。

 

予想通り午前中で教室内の柱の仕上げがすべて終わり、昼休みを遅くしてまで窓上の雨よけの補修までしてくれてる。

これで本当に雨の侵入は防げるんでしょうか?不安は募りますね。

 

それよりも、みんな早く終わらせたいんだろうね。

 

あざっす!

 

ぼくらは仕上がった場所からひたすらペンキを塗ってるんだけど、まぁ何せペンキの量が少なすぎるわ。

 

もう買い出しの時間がもったいないからって「必要な物を必要な分買ってこい」って言ったのに。

 

何でこのタイミングでペンキがなくなるんだよ〜!!

 

途中、いよいよペンキ塗りができなくなって、ロムさんとムンさんが買い出しに。

なかなか取り扱っていない色らしく、ムンさんたちはペンキ屋を見つける度に聞き込みを続け、結局プサーポーっていう、そこそこシェムリアップに近い場所の市場までペンキを購入しに行ったらしい。

 

時間の無駄・・・。

 

ペンキが届くまでの間、ぼくらは先日中途半端になった教壇の側面のモルタル塗りを再開。左官はもはや特技です。

眞紀さんも興味をもって豪快にやってます。

でも内心ビビリまくってます。(曲がったらどうしようって連呼していた。)

 

そんなこんなしている内にペンキが届いて再びペンキ塗り。

 

一番最初に仕上がった真ん中の教室を仕上げてしまいたかったんだけど、途中で時間が来てタイムアップ。

 

村人たちは、休むことなく仕事を続けてくれて、雨よけ全部仕上げてくれた。

 

雨よけは、本当は明日仕上がりだったのに1日早い。

 

本当にありがとう。

 

昨日も書いたけど、村人の理解のもとに活動できるって本当にありがたいこと。

 

全然当たり前のことじゃないんだな。

助かってます。

 

随分と学校の雰囲気が出て来ましたね〜。

 

追伸

村っ子ミニーが眞紀のiPhoneを使いこなしててびびります。

カメラ起動してインカメで自撮りはもはや当たり前。

 

なんなら暗証番号まで知ってます。

 

今日の昼休みのごろ寝中の一コマ。

 

Facebookでも
情報公開中。



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

valu公開中

merumaganew







「自分を生きる」ためのお手紙

北川勇介の無料メールマガジンを配信しています。
一番旬でリアルな情報を公開しています。

無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.