BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

「仕事の流儀」 一覧

ワークスタイル 仕事の流儀 海外で働く

何のために海外で働くのか?

シェムリアップにカフェをオープンさせた先月。 本当は2月末にはオープンしていたはずが、こんなにも先延ばしになってしまいました。 シェムリアップの仲間たちからはオープン詐欺とも言われましたが、無事に始ま ...

ワークスタイル 仕事の流儀

「その程度で?」って言われるのが嫌なら量やるしかない

「お仕事なんですか?」って聞かれると「文字書いたり写真撮ったりしています。」って答えるようにしています。ぼくです。   「ブロガーなんですか?」「フォトグラファーなんですか?」って聞かれて、 ...

スポンサーリンク

仕事の流儀 生きること

夢を叶えるために大切な挫折しないための具体的な5つの方法

目標があるのに、叶えたい夢があるのに、そのために「頑張ること」がなかなか継続できない。   そんなことありませんか?   ぼくは野球の練習が大好きでした。   大好きだか ...

ワークスタイル 仕事の流儀 生きること

本気かどうかは姿ににじみ出るよ〜って話

この間、おもしろい話を聞きました。   よくある話っちゃよくある話ですが、実際に聞くとウケますね。   ぼくの友人が会社で、新入社員の人にコピーを依頼したそうです。   ...

ワークスタイル 仕事の流儀

コピー、お茶汲み、掃除が当たり前にできる新入社員が大切にされる理由

新年度が始まって二週間が経ちました。   新入社員の皆さん、元気に頑張っているでしょうか?   今のご時世、時代遅れかもしれませんが、新入社員の頃はコピーとお茶汲みばかりだったとい ...

ワークスタイル 仕事の流儀

グラスにビールを。心には愛を。

以前、カンボジアのとある飲み屋で相棒の勇太と話をしていた時。   「なぁ。なんで支援団体って呼ばれる人たちは支援先から『撤退』っていう選択肢があるんだろう?どんな思いで始めて、どんな思いで撤 ...

ワークスタイル 仕事の流儀 海外で働く

自宅作業が多いフリーランスが取り入れたい5つのやる気アップ方法

ぼく自身がそうなのですが、日本で自宅作業をする日が続くと、どうしてもダラダラと作業をしてしまいがちです。   人と会うアポや外出の機会があればそうでもないのですが、ひたすら自分一人で作業を続 ...

スポンサーリンク

BLOG ワークスタイル 仕事の流儀

ブログを書き続ける理由は会いたい人に会いに行くため

北川勇介のオフィシャルサイトと称して始めたブログ(旧One and Only)でしたが、これまで幾度となく方向性を彷徨いながら書き進めて来ました。   定職を離れてから5年目を迎え、それに伴 ...

ワークスタイル 仕事の流儀

お勤めをやめて5年目。継続してやってきて気付いたこと

無計画に学校の先生を辞めて、こんな生活になってから5年目を迎えています。   正直自分でも「よく生きているな〜」って感じます。   5年経った今でも、この生活は決して楽ではないけれ ...

ワークスタイル 仕事の流儀 海外で働く

ぼくが思うバックパッカーとは意志を持って生きる人のこと

久しぶりに主観たっぷり(それはいつもかも)な記事を書きます。   ぼくはここ最近、何を目指しているかと言われると、「バックパッカーという生き方を確立したい」と答えています。   そ ...

ワークスタイル 仕事の流儀

好きなことだけして生きていくという言葉の裏側

好きなことだけして生きていく。 それが実現できたら、なんて素敵な毎日だろうと考える人も多いですよね。 実際にそのような「理想の実現」を提示してメルマガやオンラインサロンなどに巻き込む人たちも少なくない ...

CAMERA ワークスタイル 仕事の流儀

2017年のワークスタイルに関する意向〜カメラ一台でそこらじゅうをほっつき歩くために〜

お年玉で魚眼レンズを買おうとしている皆さんこんにちは。   ちょうどこのブログに乗り換えて一年が経とうとしています。   こそこそとやってきましたこのブログも日に日に閲覧数が多くな ...

CAMERA ワークスタイル 仕事の流儀

特別な機材もスタジオも持たない写真家。時代と逆行する一眼レフと標準レンズでの挑戦。

カメラ。それは僕にとって子どもの頃からの楽しみの一つでした。   中学・高校時代はカバンの中にインスタントカメラが常備されていて、気の向くままに写真をバシャバシャ撮っては現像に出し、アルバム ...

ワークスタイル 仕事の流儀

「お話聞かせてください」っていう突然の訪問者は今後お断りします。その代わり・・・

お前ごときが!! って言われてしまうかもしれませんが、今後はお問い合わせや質問に関しては、有料とさせていただきます。   理由は、一方的に質問をしてきながら、その件に関して僕が返信したらもう ...

ワークスタイル 仕事の流儀 海外で働く

どこの会社に勤めていますか?ではなく、あなたは何ができますか?という質問に答えられる自分になる

フリーになってから最初の数年間、「何をやっている人ですか?」という質問に対して答えることに困っていた僕です。   会社に属しているわけでもない、職業のような肩書きがあるわけでもない。 &nb ...

みらいスクール ワークスタイル コラム じぶんごと 仕事の流儀 海外で働く

【クラウドファンディング成功の秘訣】カンボジアの小学校建設費用はクラウドファンディングを活用したよ

ぼくは、カンボジアに小学校を建設するために、その費用の大部分をクラウドファンディングを活用して集めました。   プロジェクト公開から2ヶ月で3,095,111円を集めることができ、サイト上で ...

みらいスクール ワークスタイル 仕事の流儀 海外で働く

関わることへの覚悟はある?海外ボランティアは僕らの進路やキャリアのためにあるのではない

この間、ふと驚くことを耳にしました。   学生の受験や、就職活動においてボランティア活動に参加した有無が、内申点的なものや特記事項で記載されることがあるという事実。   大学推薦で ...

ワークスタイル 仕事の流儀

決断しただけじゃ何も変わっていない。想いを形にしている人はみんな◯◯。

昔から決断は早い方です。   人生は選択と決断の連続だと よく言われているけど。   僕は選択と行動の連続だと 思っている。   「できるかできないかじゃない、 やるかや ...

ワークスタイル 仕事の流儀

民泊事業への進出〜可能性と問題点〜

様々な問題点を抱えたままの 2020年に予定されている 東京オリンピック・パラリンピック。   僕は東京への招致が決まってから 一つの問題を考えている。   それはシンプルに僕ら日 ...

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.