BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


みらいスクール

本当は言いたかったけど言えなかった言葉

更新日:

merumaganew

2016年11月1日から、みらいスクールが開校して授業が始まっています。

dsc01033

その3日前の10月29日。

 

みらいスクールの開校式を行いました。

20161029-%e9%96%8b%e6%a0%a1%e5%bc%8f%ef%bc%81_8501

この開校式では、地区長、教育省の人、僕が喋ったんです。

20161029-%e9%96%8b%e6%a0%a1%e5%bc%8f%ef%bc%81_8783

「話が長い!」といつも言われるので、手短にと思いましたが、却って長くなりました。

 

感極まりすぎて、涙で原稿が見えないほどに。

 

喋れない時間が長すぎて、結果持ち時間も長くなる。

 

今日はそんなことも思い出の一つとして、本当は話したかったことをここにまとめておこうと思います。

 





 

ロンデン村の皆さん、こんにちは。

 

僕がこの村の皆さんと出会って3年がすぎました。

 

僕は、初めてこの村に来た日のことを鮮明に覚えています。

 

皆さんはその時のことを覚えていますか?

 

(この辺から話せてないと思う。3年間を思い出しちゃったから)

 

この村には小学校がないと村長から聞いて、子ども達はどうしているの?と尋ねました。

 

「一部の子は遠くの学校に通っている。だけど、遠くて通えない子もいるし、交通事故も心配。」

 

「何か力になれることはある?」と聞くと、「子ども達が安全に通える近くの学校が欲しい」と言われました。

 

そんなことを聞いて、僕は決心しました。

IMG_5147

この村に小学校を建てると。

 

あれから3年が経ちました。

 

その間、僕はお金を貯めながら、学校が建ってから「通えない」と言われないように井戸を掘り、道をつくりました。

 

初めは僕を見て笑ってくれなかった人も、今では「家に遊びに来い」「ご飯を食べていけ」と言ってくれます。

 

日本から戻って来る度に、温かく迎えてくれてありがとう。

 

子ども達も「次はいつ来る?」って言ってたのに、最近は「次はいつ戻って来る?」と聞いてくれます。

DSCN7259

ここは僕の第二の故郷です。

 

(多分この辺から言えてる)

 

この学校はたくさんの人が協力をしてくれて建ちました。

 

それから、ここにいる日本人のみんなが開校式のためにお金を出し合って本棚を買ってくれました。

 

僕たちは何か困ったことがあれば、いつでもあなた達を助けます。

 

約束します。

1798621_198162160395154_1840802040_n

 

だから、みんなで作ったこの場所をいつまでも大切にしてね。

 

みんなは僕の大切な家族です。

 

みんなのことずっと信じてる。

 

みんなのことずっと愛しているよ。

 

本当にありがとう。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew







valu公開中

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-みらいスクール

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.