BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


ワークスタイル

雇われるのは嫌だ、独立は不安、やりたいことはやりたい

投稿日:

merumaganew

この夏も非常に多くの学生たちと話す機会がありました。

 

「就職活動」という悩みを抱えながら、自分が描いている未来へ少しずつ目をそらし、自分の心から湧いて来る声を聞こえないふりをしている。

 

そんな印象を多く感じます。

 

それはその個人の弱さではなく、先の見えない雇用形態、社会の仕組み、そして身近にいる大人の働く姿勢が与える影響が「希望<不安」にさせているのだろうとも感じています。

 

話をした学生の中には、海外で働くことや独立・企業を志している人たちも多くいました。

 

働くことに限らず、将来への不安はいつになってもなくならないし、自分に足りないものもどれだけ大人になっても埋まらないのだろうと思います。

 

だからこそ、動き出さなくては何も始まらないし、待っていたら時間を浪費するだけなんです。

 

やりながら考えて動いていけばいい。

 

どんな生き方を選ぶにしろ、ぼくはそう思って今日も生きています。





整いすぎたレールから外れてみる

様々な制度が整備されている日本では、これ以上ないほど整いすぎたレールが敷かれています。

 

そして、そのレールが整えば整うほど失われているもの、それは「挑戦心」だとぼくは思うのです。

 

「このレールに沿って歩いていれば大丈夫」

 

そんな不確かな保証にしがみついて、自分や自分の周りの変化を恐れているようにも感じます。

 

これだけ選ぶことができるのに、これだけ機会やチャンスに恵まれているのに。

 

整ったレールが心地いいとは限らない

これまでいろんな人の知恵と工夫で整って来たレールは、必ずしも全員に心地のいいものではありません。

 

むしろ、レールの上にいる時点で違和感を覚える人が多く存在しています。

 

「もっと自分で選ぶことはできないの?」

「もっと違う道もあるんじゃないの?」

 

多くの人がそう感じながらも、違和感のあるレールの上を歩き続けます。

 

まるで、そこが居心地がいいと自分に言い聞かせるように。

 

 

まとめ

極論を言ってしまえば自分の人生に正解はないし、もっと言うなら自分で選んで決めたことを、自分の中で正解に変えていく行動をするだけだと思うんです。

 

目の前で起きていることは全て「ただの結果」であって、それは全部自分が「いい・悪い」を決めている。

 

ただそれだけです。

 

雇われるのはちょっと・・・でも独立も不安で・・・でもやりたいことやるためには・・・

 

そんなこと言っていても何も始まらないし、待っていても世の中は自分に目を向けてくれません。

 

自分で動いて目の前の景色を変えていく。

 

その途中にたくさんの刺激、発見、ヒント、きっかけがあって、動き続けていれば自然と自分が望む方へ進んでいるのだと思います。

 

Facebookでも
情報公開中。



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

valu公開中

merumaganew







「自分を生きる」ためのお手紙

北川勇介の無料メールマガジンを配信しています。
一番旬でリアルな情報を公開しています。

無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-ワークスタイル

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.