BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


コラム 生きること

リスクを自分で背負うから人生は楽しくなっていくって話

投稿日:

merumaganew

来週2本、高校生への講演があるのに、何にも資料がまとまっていません。

 

開き直ってブログ書いてます。

 

「ゆーすけには伝えられることいっぱいあるじゃん?」

 

そう言ってもらえるのはすごく嬉しいし、ぼく自身書くこと、伝えることが好きでこうしてブログも書くし講演活動も行なっている。

 

メディア進出は興味ないけど、呼ばれればラジオにも出る。

 

伝えたいことがあるから。

 





 

一方で本当に伝えたいことって何なんだろう?ってことも考える。

 

「カンボジアの話聞かせてよ」

「グローバルな視点で話をしてよ」

「海外での体験は絶対聞きたい人多いよ」

 

そうは言われても、ぼくはカンボジアの魅力を伝えることができるわけではないし(もちろんぼくなりにはいっぱい感じてるけど)、グローバルな視点も持ち合わせていない。

海外での体験なんて、ぼくよりいっぱい持ってる人いるし。

 

とか言ってると、自分がこれまでの生活を通じて話すことができることって、やりたいことやるとか、思った通り生きるとか、そんな自己啓発的で、なんか胡散臭い宗教っぽくなってしまいそうで嫌だった。

 

そんな折「あなたの生きる姿勢を素直に話してください」という依頼を受けたので、これは得意!!ってことでテンションが上がった。

 

別にいばれる生き方しているわけではないけど、ぼくが普段何を考えていきているかは簡単で、その答えは

 

「リスクを自分で背負うほど、人生は面白くなっていく」ということ。

 

リスクっていうと引く人多いかもしれないけど、挑戦するってことはこれまでもためらわなかったし、これからも挑戦し続ける人生でありたいと思っている。

 

だから教員人生を辞めることも、海外へ単身で飛び出したことも、ビジネス経験もないのに社会復帰しないで独自でお金を稼ぐこともできたのだと思っている。

 

そこにはいろんなリスクが伴うから。

 

 

例えば高校生とかの目線で言えば「受験」がその一つかなって思う。

 

今の自分の学力で受かりそうな範囲の大学の中から行きたい場所を探すのか、それとも半年後、一年後の自分を見据えて手が届きそうな場所を選ぶのか。

 

その選択の差は非常に大きいと思う。

 

ぼくは何も偏差値が高い学校とか、有名大学へ行けってことが言いたいわけではなくて、自分自身を高めていくことしなくていいの〜?ってことが言いたい。

 

半年死ぬ気で頑張ったら選べる場所、増えるんじゃないの?ってこと。

 

それって本当夢のある話なのに、そんな夢の可能性を自ら切り捨てる人も少なくない。

 

 

試験は1年後なのに、今の学力で受かりそうだから。

 

そんなつまらない人生あるだろうか。

 

でも人は失敗したくないから確率とか損得とかそんなものさしで目の前のことを考えたりする。

 

もちろん、今のままの自分では手が届きそうもない場所を選ぶことは、不合格というリスクも伴う。

 

だけど、今手が届きそうな大学だって当日まで何があるかなんてわからない。

 

同じことするなら、ぼくはいろんなものを見たい。

 

今の自分では成し得なかったことしている自分を、その先の未来で実現させたい。

 

「あなたは人生思うようにいっていいですね」

 

ということを言われたりもするけど、別にぼくだって全てが順風満帆ではないし、挫折も後悔もたくさんある。

 

最近は、そんな皮肉にも大人の対応することが疲れてきた。

 

「ええ。だってできなかったこと考えないですから。うまくいく方法を常に考えて生きてきたし、これからもそうやって生きていく。人が無理だって言うだけで自分の気持ち押し殺して挑戦をためらいたくないし、うまくいかないかもって考えてウダウダしてるほど人生暇じゃないので。」

 

これがぼくの素直な気持ち。

 

どうやったらうまくいく?

 

そんな成功法則なんてあるのかしらないし、「そんなの無理だよ?どうやったらできるの?」ってこともぼくの答えはいつも「知らないよ。でも何とかする。」で決まっている。

 

そうやって大概何とかしてこれたし、これからもきっとそう。

 

「描いた夢は達成できる」っていうけれど、ぼくの場合は少し違って、「夢を達成した自分はどんな人間か、どんな生き方をしているか?」をイメージできるかどうか。

 

ここがぼくが大切にしていること。

 

カンボジアの学校建設の時で言えば「どうやったら資金が集まるか?」は見えてなかったけど、「学校を建設している自分ってどんな自分か?」「建設し終わった自分はどんな生き方をしているか?」がイメージできたから、多分できるんだろうなってずっと思っていた。

 

そうやって何かを達成するとか、目標の大学に合格するとか、そういう結果については過程の一部というかゴールではなくて、目標達成した自分が見ている(であろう)ものを見て、そこに今の自分を近づけていくことが、結果として一つの目標達成に向かっていくのだということに気付いた。

 

 

「お金が集まらなかったら?」

「学校建てたのに子どもが来なかったら?」

「受験に失敗したら?」

 

何かダメなの?

 

例え何か失敗したって、しくじったって、命取られるわけでもないし、周りから「すごいね」って言われるためにやってるんじゃない。

もちろん周りから「無理だ」って言われて諦めるためにぼくらの人生があるわけじゃない。

 

それが例え不合格とか不採用とかって結果でも、自分が選んだ道を一歩進もうとしたことに何の恥もない。

 

残るのは後悔ではなくて、自分のために動いたって事実と確かな経験値。

そして自分の意思に従って動いた自分をまた少し好きになる。

 

動かなかったら何にも始まらないし、未練が残る。

自分の意思通りに動かなかった自分を責めてまた少し嫌いになる。

 

こうやって言ってもすぐ動く人は動くし、挑戦する人は挑戦し続けるし、動かない人は動かない。

 

でもどっちがいいかなんて自分が一番わかっているはず。

 

 

安定したい?

 

自分の人生を”安く定めて”どうするの?

 

ぼくはそんな人生に1mmも魅力を感じないから、これからもリスクある方を選ぶ。

 

ってことでも喋ってこようかな。

Facebookでも
情報公開中。



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

valu公開中

merumaganew







「自分を生きる」ためのお手紙

北川勇介の無料メールマガジンを配信しています。
一番旬でリアルな情報を公開しています。

無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-コラム, 生きること

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.