BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

WORLD INFO

【ホテル情報】成田空港から早朝のフライトで出発する際のおすすめはカプセルホテル9hでの前泊

更新日:

LCCの普及に伴い国内・国外問わず、手頃な価格で飛行機に乗れる時代をぼくらは生きています。

 

ましてや、これだけインターネットが普及している現代では、自分が知りたい情報を簡単に得ることができます。

 

そのため、お得なセール期間などを狙って飛行機を予約することで、費用だけでなく移動時間まで節約することが可能になりました。

関連記事:おすすめのホテル(宿)&航空券予約方法【海外旅行・出張・ノマド・バックパッカー向け】

 

しかし、一方でLCCは深夜や早朝など時間帯が非常に限られたフライトしかないことも多いです。

 

ぼくは今回、成田から福岡までの国内線を予約した際、登場する時間帯によって価格が全然違いました。

 

ぼくが予約した日は、朝の7時5分発が一番安かったのですが、それでは当日東京都内からチェックインに間に合うように成田空港へ到着することは難しかったです。

 

そこでぼくが今回利用したのが、成田空港内のカプセルホテル「9h」です。

 

空港のロビーで寝るという案もあったのですが、今後の海外旅の際には特に、出発前に無駄に体力を使うことは避けたいものです。

 

ちなみに東京都内から成田空港へのおすすめの移動方法は京成バスの利用です。

 

事前予約で900円、予約していなくても1000円で東京駅から成田空港まで行けてしまうので、重たい荷物を持って電車を乗り継ぐ必要もありません。

 

日中は便も多く出ているので、予約をせずにいきなり行っても問題なく乗れることが多いですが、深夜便になると便も少なくなる上に、運賃も2000円になるのでちょっと注意が必要です。

 

成田空港のカプセルホテル9hの予約方法

IMG_6435

東京都内から成田空港へは、京成バスを利用すると順調に走っても1時間ちょっとはかかります。

 

早朝便の場合は、成田空港内にあるカプセルホテル「9h」に前泊すると安心です。

 

予約に際しては、このブログでは恒例のハピタスからじゃらんネットに移行して予約をするか、Expediaで予約をするのがお得です。

 

ハピタスを活用すれば、貯まったハピタスポイントを現金やANAマイルに変換できるので、このちょっとした一手間をかけるかどうかが移動の幅を広げるキーポイントになります。

 

ハピタス登録はこちらから。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

9hは宿泊が4900円から、仮眠は1500円から、シャワーは1000円で利用できます。

 

9hにチェックインするための道順

成田空港までの高速バスを利用した場合は、「第2ターミナル」で降りたら「カプセルホテル」や「9h」のような案内が出ているので順路に従って行けば簡単にたどり着けます。

IMG_6434

9hは地下一階にあります。

 

IMG_6435

ここが入り口です。

 

ちなみにチェックインのカウンターの先は、完全に男女別室になっているので女性も安心して利用できるカプセルホテルです。

 

ホテル内には自販機はないので、飲み物は事前に買っておいたほうがいいです。

 

ただし、ベッドスペースでの飲食はできないので注意です。

 

9hの中へ潜入してみました

IMG_6439

チェックインが終わるとこのようなバッグを渡されます。

 

バッグの中身は部屋着とバスタオル、フェイスタオル、歯ブラシセット、室内用スリッパが入っています。

 

IMG_6436

預かったバッグと自分の荷物を持ってロッカーへ向かいます。

 

IMG_6437

こんな感じのロッカールーム。

 

まるでトレーニングジムの更衣室のような感じです。

 

IMG_6438

ロッカーは一個一個の広さが、見た目以上に十分すぎる大きさです。

 

ここに入りきらない荷物がある場合には、空港内のロッカーを使用することになるそうです。

 

スーツケースやバックパック程度なら下の段に十分入ります。

IMG_6440

ロッカールームの先にあるシャワールームは、白を基調とし清潔感のある空間になっています。

 

IMG_6441

十分すぎる水圧に満足。さすが日本です。

 

IMG_6442

アメニティも充実しています。

 

IMG_6446

トイレや洗面台も数が多く設置されていて、混み合う時間でも大人数で使用できます。

 

いよいよカプセルへ!

IMG_6443

今回は、到着が夜遅かったこともあり、少し暗くなってしまいましたが、カプセルが連なるスペースはこんな感じになっています。

 

宇宙船みたいです。(宇宙船乗ったことないけど。)

 

IMG_6445

一個一個のカプセルは圧迫感もなく、清潔で快適な空間になっています。

 

枕元にコンセントがあるので、スマートフォンなどの充電もできます。

 

耳元からは、波の音が聞こえて来ます。(ぼくはすぐ消しましたが。)

 

9hのチェックアウト

朝起きたら、再びロッカールームへ戻り荷物をまとめます。

 

タオル類や部屋着はシャワールームや洗面所付近に回収ボックスがあるので、その中へ投げ入れるだけです。

 

付属の歯ブラシなどもゴミ箱があるので、不要であれば捨ててしまってOKです。

 

渡された袋をカウンターに返せばそのままチェックアウトになります。

 

まとめ

今回宿泊した9hは仙台と京都にもあるらしいです。

 

ぼくはこれから、早朝の便で成田から飛び立つ前の日はここに泊まろうと思いました。

 

次回はもう少し余裕を持って到着し、満喫したいと思います。

 

成田空港9h公式サイト

 

 

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-WORLD INFO

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.