BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

LIFESTYLE

日本が寒すぎて服を買うことを考えてみたけど結局ファストファッションには手は出せない

更新日:

snow-1387238_640

暖かい地域を旅していらっしゃる旅人の皆さん。

 

日本寒いっす。

 

帰国考えものです。

 

別に今始まったことじゃないですけど。

 

ぼくにとっては2年ぶりの、たかが2年ぶりの冬ですが。

 

もはや日本の四季を楽しむ感覚を損なっています。

 

カナダにいる仲間の将太は、カナダが寒いから早く日本に帰りたいと言っています。

 

ただ、あいつの場合、日本に今帰ってきたところで実家の新潟もかなり寒いので、カナダに飽きただけじゃないかって勝手に思ってます。





Tシャツ短パンのイメージなぼくも、ちゃんと冬服もっています

11月なのにもうすでに禁断の一品を使い始めてしまいました。

 

 

カンボジアでは、ぼくがデニム履いただけで「どうした?寒いの?」と言われる始末。

 

みんな履くじゃねーか!

 

「冬服もってるの〜?」

 

ってよく言われるけど、持ってます。

 

ダウンとかパーカーとかそれくらいは。

 

インナーにはひっそりとpatagoniaのキャプリーン2と3を着込んでます。

(よく言うヒートテックみたいなもんですね)

 

まだ12月突入していないのに・・・。

※自分基準としては11月はまだ冬に該当しない。

 

12月入るまで、ヒートテックは着ないっていうマイルールが今年いとも簡単に崩れました。

 

気候の違う国へ行き来するときの準備はいかに?

そういえば今季、もうすでに高熱が2回も出ました。

 

カンボジアで開校式前に1回。

 

帰ってきて1回。

 

こんなヤワだったかな。

 

・・・ヤワか。

 

てへ。

 

そんなことより、今月末からまたバタバタ!と動き回るんですが。

 

寒い国から、暑い国へ行く時の服装ってどうしたらいいんですか?

 

知らんがな。

 

って言わずに。

 

そこを何とか!

 

11月28日から12月1日まで千葉・東京近辺。

 

12月4日のフライトでシェムリアップ。

 

12月7日のフライトでバンコク。

 

12月10日のフライトで東京。

 

シェムリアップ・バンコク行ってる間はいいのよ。

 

Tシャツ短パンのいつものスタイルで。

 

帰ってからよ。

 

問題は。

 

10日以降数日東京残る予定ですが、気候とぼくのファッションが一致していなくて鳥肌全開なら即帰ります。

 

ファストファッションが大嫌い。

ちなみに、この際書いておくと。

 

ぼくはファストファッションは嫌いです。

 

待つのも嫌いなのでファストパスは好きです。

 

でも人混みも嫌いなので、デ●ズニーランドはあんまりです。

 

結果、ファストパスもあまり使いません。

 

何の話だっけ?ってなるので話を戻すと、ファストファッションって嫌いって話。

 

今更聞けないファストファッションとは?

ファストファッション(fast fashion)とは、最新の流行を採り入れながら低価格に抑えた衣料品を、短いサイクルで世界的に大量生産・販売するファッションブランドやその業態をさす[1]

引用元:ウィキペディア

 

低価格ってのは多くの人にとって嬉しいことかもしれないけど、大量生産・販売ってどうなんでしょうってぼくは思います。

 

大量に生産・販売された後、その商品達はどうなるのでしょう?

 

この先何年も、購入者が身に纏うものとして使われるものは全体の何%くらいなんですかね?

 

安いものを大量に、それも毎年のトレンドに合わせて。

 

考えただけでそんな労働したくないって思います。

 

毎年毎年大量に生産して、やっと終わったと思えば翌年は形や色が若干変わって・・・

 

そうやって「低価格」に踊らされて「誰かが決めたトレンド」の中で生きるのはごめんです。

 

もしかしたらそういう業態があることで、急に雨が降ったらコンビニでビニール傘を買うように、急に寒くなったらダウンを買う人いるのかもしれないですね。

 

まとめ

そしてそんなことが当たり前になったりする日が来るのか来ないのか知らないけど、そんな愛着もわかないその場しのぎに1円払うことすらぼくはバカバカしいと思います。

 

何でも揃ってしまうから、選ぶこと、決めることへの感覚が麻痺しているのかもしれません。

 

「なければ買う」

 

そんな単調な選択肢の人生に本当の豊かさはあるのでしょうか?

 

もちろん、自分が稼いだお金をどのように使おうが知ったこっちゃありません。

 

でも、考えてみたらわかると思います。

 

どうせなら意義のある使い方をしたいものです。

 

消費は投資だから。浪費で終わらせたくないものです。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-LIFESTYLE

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.