BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

LIFESTYLE

意外と荷物が重たいので、旅の荷物軽量化計画

更新日:

2017年の移動生活初っ端の反省としては、機内持ち込みを考えたライフスタイルの実現ができていなかった、ということです。

 

別記事でも書きましたが、LCCのスクート搭乗の際に荷物超過量で8,000円とられました。

 

そんな反省点を生かしながら、物を持つこと持たないことについて考えてみました。





持たないことは持つことより簡単

「荷物を極限まで軽くして旅をする」ということだけに主眼を当てるなら、ぶっちゃけ簡単なことだと思います。

 

ですが、現状を踏まえた上で、個人的にライフスタイルとワークスタイルの垣根を小さくすることを考慮して優先順位を決めると、パスポートと同じくらいカメラとパソコンは必須アイテムになります。

 

 

いかに軽量化を図って旅をするかだけだったら、カメラは一眼レフではなくてスマホかコンデジへ変更。

 

パソコンは持たないか、タブレットへ変更。

 

そうすればバックアップも気にしなくていいので、HDDもいらなくなります。

 

寝る前に充電する癖のないスマホは、こまめに充電をしてモバイルバッテリーは持たない。

 

ってことは充電する機材が減るので、パワーポートも必要ないし、コーナータップも延長ケーブルも必要なくなります。

 

コンデジの充電器とスマホの充電器が二つあれば事足ります。

 

コンデジすらもやめて、スマホで写真を撮ればまた一つ減らすことができます。

 

写真なんて心のファインダーにとか言い出して、情報は全部聞き込みに変えたらスマホもいりません。

関連記事:旅に出るのにカメラがなくても人を感動させる話

 

もともと人はこうして旅に出ていた訳ですから。

 

実際に電子機器類をほとんど持ち歩かない旅人の荷物はとんでもなく身軽です。

 

旅を仕事に!ってわけじゃないけど、仕事に移動はつきものだから

ただ、時代が変われば持ち物も変わるし、ライフスタイルやワークスタイルだって随分と変わります。

 

技術の発展の恩恵(?)を受けて、ぼくはこうしてどこにいても仕事を創ることができる訳ですが。

_ysk7445

そのため、やはりガジェット類は減らせない訳です、飯食えなくなってしまうので。

 

 

ってことで、何を減らしていくのかを考えてみると、仕事以外の部分に目を向けるようになりました。

 

圧縮袋の罠?

多くの旅行者が愛用するアイテムの一つに圧縮袋があると思います。

 

ですがが、最近この圧縮袋が本当に良品なのか疑問になって来ました。

 

かさ張る衣類を圧縮できる→カバンのスペースが増える

 

と一見良さそうに見えますが、スペースが増えたら不思議とモノも増えます。

 

そして、圧縮してスペースを作り出せても、重さは変わりません。当然のことですが。

 

また、圧縮袋に限らずですが、日本で安価で高品質で売られている便利グッズも、一つ国が変われば手に入らないことが多かったりします。

 

手に入ったとしても日本より高いとか、質が悪いとか。

 

そう考えると、圧縮して持てるだけ持った衣類を圧縮した袋が破れたら、カバンの中は収拾がつかなくなります。

 

移動が増えたら増えただけ、日本で買った消耗品は持つ必要ないのかなって。

(もちろん世界にも素晴らしいものはたくさんありますが。)

 

だったら圧縮せずに、持てるだけでいいのかなと。

 

最初から。

 

それよりも枚数減らして持つものは速乾性を重視して、ヘビロテしていけばいいのかもって思うようになりました。

 

もちろん、短期旅行者にはオススメだと思います。圧縮袋。

 

 

バスルーム周りのアイテムもコンパクトに

シャンプーやコンディショナー、歯磨き粉なども割安になる大容量のものを持つことをやめて、必要になったら買い換えています。

関連記事:モンベルのトラベルポーチが便利。旅だけでなく日常使いにも

 

身体に使うものだから、海外で買うのはちょっと・・・って人もいるかもしれませんが、案外そんなことないですよ。

 

もちろんものによりますが。

 

最近の流行りはこの歯磨き粉。

 

ぼくは東南アジアで買った50gのサイズを使用しています。

 

トラベル用の歯磨き粉よりも少し大きくて、機内持ち込みにも対応のサイズ。

 

日本で買うよりも3分の1くらいの価格で買えます。

 

聞くところによると、これを使用してから寝ると、朝起きてからすぐキスができるくらい口がすっきりしているからカップルに人気なのだとか。

 

使ってみても、その効果は正直よくわかりませんが。

 

まとめ

東海道五十三次を歩いた時は、25kgのバックパック背負って500kmの道のりを歩いてたので、個人的に重たい荷物を持つことは慣れているんですが、急なフライトとかだとLCCで飛ぶこともあるので、荷物の重さは考えものです。

img_7738

以前、世界一周者が本当に出発前に必要だと思えたものでも、途中で本当に捨てたくなると言っていた人がいたことを思い出しました。

 

ただ、原則としてはLCCよりも使用しているクレジットカードに対応しているマイルを効率よく貯めていくほうがいいですけどね。

 

なので、フラッグキャリアの時は受託手荷物も込みなので、何も気にせず楽です。

 

目先の安さにつられるよりも。

 

今回は、二月三月のチケットを抑えました。

 

関空⇄バンコク(スワンナプーム)の往復が4万円代でした。JALで。

 

思い立った時に探しても、なかなか都合よく見つけられないので、毎日航空券チェックする癖はつけています。

 

毎日探して、都合がいい日程で予約してしまえば、後は行く算段つけるだけなので。

 

仕事があるから、航空券を探すのではなくて。

 

航空券を探してから、仕事を生み出す。

 

そんな感じでやっていきます。

 

ただ海外を移動しながら生活しているので、今の所仕事道具は手放せませんが、そろそろ一回くらい仕事のことすっかり忘れて海外でゆっくりしたいですね〜。

 

のんびり1ヶ月とは贅沢言わないので、3日くらい。

 

パソコンもカメラも持たず、のんびりとビーチでトロピカルジュースでも飲みたいものです。

 

スカイスキャナー

旅の荷物に関する人気記事

・ライフワークバランスを考え抜いたミニマリストバックパッカーのカバン・持ち物選び

・ミニマリストバックパッカーが必ず持ち歩くおすすめの荷物r使っているリュックとは

・ミニマリストと言えどぼくにバックパック一つは無理でした。必要なものは人ぞれぞれ違うし。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-LIFESTYLE

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.