BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

LIFESTYLE

お金のかからない遊びの中にこそ学びがある

投稿日:

conservatory-1031494_640

コーヒーが好きだ。

 

たまらなく。

 

大学生の頃から、珈琲メーカーを必需品としていた僕。

 

最初は何でもよかった。

 

珈琲豆を挽いた粉状のものに熱いお湯をかける。

 

ポットの中には茶色い珈琲のような液が落ちていく。

 

美味い!

 

素直にそう思っていた。

 

静岡県人ならではの緑茶もそう。

 

急須の中に茶葉を入れ、これまた熱いお湯をかける。

 

急須の中にはお茶のような緑の液体が溜まる。

 

美味い!

 

そうだった。

 

でもある日、実家でばあちゃんの煎れてくれたお茶を飲むと何か違った。

 

ただ渋いわけでもない。

 

ただ濃い味なわけでもない。

 

風味というか、香りというか。

 

味覚音痴の僕にもわかる違いがあった。

 

味がしっかりしているといえばいいのかな。

 

「お茶変えたの?」

 

って聞くといつも使っているお茶だと。

 

ばあちゃんが買ってくるお茶をわけてもらって僕も使っているのに不思議だった。

 

気になって調べたら沸騰したお湯を入れればいいというわけではなかったり、急須やコップの状態も大事なんだとか。

 

そこの一手間。

 

僕がよく感じる、ほんの少しの差がなかなか埋まらない差というのはまさにここだってなった。

 

茶葉や挽いた珈琲の粉にお湯をかけてそれらしいものを作る。

 

これは誰にでもできる。

 

でも、そのほんの一手間かけることが難しくて、やや面倒。

 

誰にでもできることなのに、誰もがやるわけじゃ無いから差がつく。

 

もちろん、家庭で、自分一人で飲むだけなら何だっていいって人もいると思う。

 

でもどうせなら美味しいもの飲みたい。

 

いいもの買ってきたから美味しい。

 

高いものだから味がいい。

 

それだけで終わらせたくない。

 

やるかやらないか。

 

0か100か。

 

どうせやるなら妥協の無いものを。

 

僕は昔からそうだ。

 

やろうと決めたことが中途半端で終わることが大嫌い。

 

珈琲や緑茶は僕の生活では必要なもの。

 

毎月お金のかかるものだからこそ、新しい趣味を見つけるよりもよっぽどいい遊びができる。

 

そんな遊びの中に学びがある。

 

また少し人生が豊かになる。

 

自分の人生の中で必要なもの、それを磨いていくことが大事なんだなって思った一つ。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-LIFESTYLE

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.