BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


みらいスクール 海外で働く

知ってしまった以上、置き去りにはできなかった目の前のリアル

投稿日:

merumaganew

初めてカンボジアに来た理由は、たまたま校長室でぽろっと出た一言だったけど。

 

カンボジアに小学校を建てるって決めた4年前も、学校が始まった今も、カンボジアにいる理由は、関わったことで知ってしまった人たちのリアルを置き去りにできなかったこと。

 

ただそれだけなんです。





別に誰にも何も言われていない

村のお母さんたちが「子ども達が安全に通える学校がほしい」って言った時も。

 

開校式でミニーって女の子が「学校ができたからユスケはもう来ないの?私たちはこの学校にずっと通えるの?」って聞いてきた時も。

 

別に頼まれた訳でもなく、お願いされた訳でもなく、任命された訳でもなく、ぼくはぼくの意志で決断し、今も残ってる。

 

そうやって好きなことして生かされてるんだから「苦労してます〜」なんて姿を見せるのも嫌で。

 

そもそもこんな性格だから素直に頼ることもできなくて。

 

崩れそうな自分を守るかのように、以前にも増してトゲトゲしながら生きてるなって感じます。

 

何かになろうとしなくていい。ブレなければ自分はいつだって自分のまま

思い通りにいかないのは想定内。

 

だけど、考えなくてはいけないことが増えてキャパオーバー。

ちょっとしんどいです。笑

 

いろんなやり方を考えて、なにやってる人か伝わるように、何者かになろうとしたけど、無理やりなろうとした何かで自分を支えることも、信用を得ることも容易ではなかった。

 

そうやって無理くりつけた肩書きが時に大きな誤解や勘違いを生んでしまうことも感じたので、これまで通り何やってるかわからない人でもいいや。

 

まとめ(理念の確認)

アジアの農村部からセカイに通じるイノベーションを起こすために。

 

目の前のヒト・コト・モノ・バショをほんの少し明るく豊かにする。

 

結局一周まわって、一番最初に描いた目標と理念に戻ってきました。

 

それはきっと「ふりだし」ではなくて、自分が感じたことは「まちがってなかった」という証明。

 

「現金」ではなく「現場」で
「円」ではなく「縁」で

関わる人たちの未来をほんの少し明るくできるように。

 

やっていることは違えど、同じ目的で動ける仲間も増えて来ました。

カンボジアに来るだけが仲間じゃない。

 

ぼくらと楽しいことしませんか?

関連記事:インターン受け入れ開始〜海外で働く体験とビジネス目線を養う〜

 

応援の形は人それぞれです

もしも北川勇介の活動に共感していただけましたら、応援をよろしくお願いします。

 

そして応援の形も様々です。

 

・VALUで応援する

・Amazonで応援する

・商品購入で応援する

 

もっといろんな話を聞きたい!という方はメルマガ登録(無料)をおすすめします。

>>>メルマガ登録はこちら

Facebookでも
情報公開中。



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

valu公開中

merumaganew







「自分を生きる」ためのお手紙

北川勇介の無料メールマガジンを配信しています。
一番旬でリアルな情報を公開しています。

無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-みらいスクール, 海外で働く

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.