ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

WORLD INFO

【LCC機内持ち込み】スクートのチェックインカウンターで手荷物超過量8,000円取られた話

投稿日:2017年1月18日 更新日:

w628

最近はLCCも増えて海外へ行きやすくなったけど、LCCって預け入れ手荷物はオプションだから手荷物だけで行く時はカバンの重さに気をつけたい。

もし、手荷物の重量超過した時はどうなるんだろう?

って出発前に心配している旅人の皆さんに、身を以て味わった失敗談をシェアします。

 

この記事を読むとわかること

  1. スクートとエアアジアの手荷物の制限の違い(3kg違う)
  2. スクートで重量が超過すると8,000円かかる

 





1.スクートとエアアジアの機内持ち込み手荷物の制限の違い

アジアを旅する旅人の強い味方であるLCC、スクートとエアアジアの機内持ち込みの手荷物制限の違いは以下です。

  1. スクートは10kgまで
  2. エアアジアは7kgまで

この面だけを見ると「スクートの方が良さそうじゃん?」となるのですが、ここのトラップに引っかかりました。

トラップというか勝手にやらかしただけなので、航空会社からしたら「別に罠でもなんでもないよ」って話なんですが。笑

 

エアアジアの場合は、7kgの荷物に加えてパソコンバックもしくはハンドバック1つが持ち込めます。

この場合、パソコンを入れているカバンは7kgには加重されずノーカウント扱いになります。

つまり、手荷物が12kgだとしたら、パソコンバッグを5kg以上にしてしまえば、必然的に持ち込み手荷物は7kg以下になります。

(2017.3.31追記)

エアアジアの機内持ち込み手荷物のルールが変更になり、パソコンバッグも含めてトータル7kgまでになりました。

 

スクートもこの手が使えると勝手に思っていたがために、今回このようなしくじりを犯しました。

それから、心の甘さとしては前回も確実に10kgは超えていたであろうスクートでの渡航の際に、何も言われなかったという前例に完全に甘えていました。

 

チェックインカウンターへ行くと「お預け入れはありませんか?」とお姉さんに言われたので、何食わぬ顔で「はい」と答えたぼく。

そんなぼくの背中をちらっとみたお姉さんが「一応重さだけ測ってもいいですか?」と一言。

 

「やだ」

 

って言いたかったですが、そうもいかず秤に乗せたら二つで15kg・・・。

何も言えないっす。

 

「あ、でもこっちはパソコンバッグですよ?」

と一応抵抗してみたものの「パソコンも込みで10kgまででございます」とのこと。

 

一応かばん開いて自宅にゆうパックで送れるものないか確認してみましたが、ありませんでした。

 

飛行機の機内持ち込み手荷物7kgを常に意識しておけば移動生活で怖いものはない

「ノマドワーカーとか国内国外を移動して生活しているけど何を持ち歩いているんだろう?」 「飛行機に乗るときの荷物とかはどうしているのかな?」 こういった疑問に対して記事を書いています。   こ …

続きを見る

以前、こんな記事を堂々と書いていたのに・・・。

 

2.機内持ち込み手荷物が重量超過すると8,000円かかる(スクートの場合)

結局、送り返す荷物も見当たらなかったので、急遽チェックインカウンターで預け入れ手荷物の手続きを行いました。

ということで、思わぬ出費となった今回の渡航。

 

「お前、何回飛行機乗ってんだよ」と言われてしまいそうな話(というか実際言われたぼく)ですが、あえて公開します。

どうか、同じ思いをする旅人や旅行者が減りますように。

 

スクートに乗る前にどうかぼくのこの記事にたどり着いて、対策してもらえたら幸いです。

 

▼海外旅行に関する記事

・海外旅行でロストバゲージを防ぐたった一つの方法

・【健康第一】新時代のノマドワーカーの持ち物にはきっと青竹踏みが必要(だと思う)

・おすすめのホテル(宿)&航空券の予約方法

・海外生活や海外旅行でのクレジットカードトラブルのリスク分散方法

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-WORLD INFO

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.