BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


衣食住

少し足りないくらいがちょうどいい

投稿日:

merumaganew

お腹いっぱい食べるのではなく、8分目くらいがちょうどいい。

 

荷物はカバンいっぱい詰めるのではなく、少し足りないくらいがちょうどいい。

 

例え旅先で何か必要なものが出ても、今やコンビニやスーパーである程度のものは買える時代。

 

万全な準備を心がけるより、少し足りないくらいで行く方が準備に対するプレッシャーも少なくなる。

 

絶対に必要なものはスマホの中にリスト化する

例えば僕はEvernoteのアプリを活用して、旅に出る必要なリストは全部把握している。

 

それ以外にその都度必要なものを付け足すか、置いていくかという状況を作っている。

 

また、旅に出たら荷物を見直して、必要だったものや不要だったものを添削して常にアップロードしておく。

 

そうすることで、クローゼットを見渡してから選ぶのではなく、決まったものを取り出して居れるだけになり、時間も短縮できるし、忘れ物もしなくなる。

 

長年使いたいものを買う

僕はお店に行って何か買い物をするにも「今年のトレンド」とか「最先端の流行」とか全く気にしない。

 

だから何?って感じ。

 

今年の流行りってことは多分来年は流行らんでしょ?

 

それ、来年使いたい?

 

それよりも長く愛せるもの、そして長く使える機能性と耐久性の方が大事。

 

流行だけでかっこよくもダサくもなるものは必要ない。

 

自分の中で普遍的に輝くものだけを日頃からチョイスしていく。

 

あと、ファッションとか周りはそんなに自分のことを見ていない。

 

昨日と同じジャケットを着ていようが、毎日同じ靴を履いていようが、大したことじゃないし、突っ込まれもしない。

 

そんなことに気を使うくらいなら、もっと大事にするべきことが世の中にはたくさんある。

 

パンツと靴下を毎日変えていたら清潔だよ。

 

消耗品は使い切ってから次を買う

シャンプーとか歯磨き粉とか、日常に必要で消耗していくものは使い切ってから次を持つようにする。

 

在庫が切れる前に確保しておきたいのはトイレットペーパーくらいじゃない?

 

お店を経営している人じゃなくても、在庫を抱えすぎることはリスクだと僕は考えている。

 

余分な在庫を確保するスペースにはもっと必要なものは入るスペースかもしれない。

 

スマホやパソコンのデータ容量と同じで、ある程度空けておかないと必要なものが入ってこなくなる。

 

足りない分は足していくのではなく、今ある分で工夫してみる。

 

荷物が入りきらないから大きなカバンを買うのではなく、今あるカバンに入りきるように工夫する。

 

これは家の収納も一緒。

 

モノを整理するのに収納を揃えるのではなく、今ある家の収納のポテンシャルに見合うものだけを収納する。

 

それ以外は持たないし買わない。

 

シンプルライフはケチではない

シンプルに暮らすことはケチをすることではない。

 

僕も欲しいものは買う。

 

しかし買ったら何かを手放す。

 

持つ数に限度をつけているだけ。

 

どうせこの身一つで生きていくんだから、身の回りのものもそう多くはいらない。

 

ただ、あれもほしいこれもほしいではキリがないから。

 

本当に欲しいものだけ、好きなものだけ、使いたいものだけで暮らしていく。

 

そうなってからの方が意外と暮らしは豊かになった。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew







valu公開中

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-衣食住

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.