BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

ワークスタイル 仕事の流儀

好きなことだけして生きていくという言葉の裏側

更新日:

好きなことだけして生きていく。

それが実現できたら、なんて素敵な毎日だろうと考える人も多いですよね。

実際にそのような「理想の実現」を提示してメルマガやオンラインサロンなどに巻き込む人たちも少なくないですし。

そのような生き方を望んでいる人たちが多くいるという事実があるからこそ成り立つこと。

 

その一方で、実際に好きなことだけして生きていける人がどのくらいいるかというと、ほんの一握りではないかなと感じる。

 

「同じやり方をすれば誰でもできる」という方法論を売り込むことができても、その方法を実践しきれない人がいるとわかっているかのように。

 

例えばブログ。
ぼくもブログを書いて収入を得ている一人になるわけだけど、「ブログがお金になる」と言うと「教えて!」という人が出てくる。

 

別に教えることは何の苦でもないし、本当にやりたいのなら教えるけど、まだまともに教え切ってもないのに「自分には無理」とか言い出す人がいる。

 

そりゃそうだろ。
ブログがお金になるとは言っても、速効性があるとは誰も言っていない。

 

そんな速効性があるなら、何年も書き続けてきたぼくはとっくにブログだけで生きられるほどになっていてもおかしくない。

 

人知れず書き続ける時期があって、失敗することもあれば、誰かが見ていてくれることがあって、続けていくうちに自分なりのコツとペースを理解できるようになる。

 

そしてそんな実践を継続していくうちに、ある日突然、自分のブログからお金が発生していることに気付く。

 

ぼくがブログを書き続けることができるは、好きだから、というこの上ない理由から。

 

文章を書くことも人に何かを伝えることも。

 

それは決して、目の前に何か人と違ったものが見えているからではない。

 

コンテンツがあるから書いていけるのではなく、書くことが好きだから感じたこと、見たものを自分に表現しているだけ。

 

「ブログ読んでます」って言ってくれる人のために。

 

それがぼくの場合、ブログってだけ。

 

話を戻して好きなことだけをして生きていくという、華やかそうに聞こえる言葉の裏側を理解している人はどのくらいいるのだろう。

 

好きなことをして生きていくという言葉の裏側にあるもの。

 

ぼくは『本気』だと思っている。

 

本気についてはこのブログで何度も書いているけど、本気ってのは人が抱える癖の一つ。

 

本気になるって、言うほど簡単ではない。

 

今本気になれない人は、きっと明日も本気になれない。

 

何か目標がぶれたり、やってることがわからなくなったりするのは本気じゃなくて、『つもり』

 

『つもり』だから気持ちに左右されたり、人や環境のせいにしたりして、継続することが難しくなる。

 

ぼくはフリーランスになった時に、一つだけ自分と約束したことがある。

 

それはどれだけ自分が売れなくても、絶対にバイトをしないってこと。

 

そのために何が何でもその日を生きなきゃいけないし、来月の支払いに向けて動かなきゃいけない。

 

こういう日銭を稼ぐ日々って孤独だし不安だし、結構心にくる。

もちろん思うように稼げる時ばかりじゃなかったし。

 

それでもブレなかったのは、時間的制限を受けずに自由に飛び回って仕事をする。という目標が本気だから。

 

ここでバイトしたら、お金は貯まっても好きな時に好きなことできなくなるかもよ?

 

そう言い聞かせて、もがいて生きてきた。

ビジネス経験もないくせに。

 

「お前いいよな。本当好きなことだけしてて」
と言われる時もある。

 

本当にそう願ってるのだろうか?

 

結果ぼくはこれでよかったけど、好きなことをし続けるための不安と孤独に打ち勝つ本気がないと、相当しんどい。

 

だって好きなことをして生きていくってそんな都合のいいことばかりじゃないから。

 

楽して稼ぐ、短時間で稼ぐ。

 

言葉はとても心地よく聞こえるかもしれないけど、誰かにとって楽して稼げる方法が、他のみんなにとっても楽で効率的か?と言われれば、必ずしもそうではない。

 

自分が描く理想は、本当に人それぞれ違っている。

 

ぼくが一番やりたいことは、世界中を飛び回りながら個人名で仕事をすること。

 

そして、カンボジアのみらいスクールの子ども達と、なるべく多くの時間・空間を共有すること。

 

そのためにぼくの仕事のスタイルはあるし、目指したいライフスタイルのために、ぼくは今日も仕事をする。

 

都合のいい言葉も悪い言葉も、必ずその言葉には裏がある。

 

その裏までしっかり感じ取ることができたら、それでも本気になれるなら、何でもやってみるといいと思う。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-ワークスタイル, 仕事の流儀

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.