BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


コラム 地元のこと

世界一周することには何の興味もないけど、僕たちは世界一周の旅に出ることにした。

投稿日:

merumaganew

IMG_5058

前々からちら〜っと言ってたけど、僕らは来年4月頃から世界一周の旅に出かける。

現在はそれに向けての準備も行っている段階。

「まだ○ヶ月も先のことだ〜」って思ってると何もしないのが僕たちなので、出発前から世界一周準備に関することも記事にまとめている。

参考記事:世界一周準備

 

世界一周には何の興味もない

旅することが身近になった現代で、世界一周をした経験なんて何にも珍しいことじゃない。

大学生カップルならともかく、出発するとき僕は30、眞紀は29。

いい年過ぎる。

 

そんな僕らが「世界一周してきたよ〜」って帰ってきたところで、どんな企業が評価してくれるんだって話。

そもそも評価してもらおうなんてことすら考えてないけど。

 

「旅をキャリアにする」とか言う人いるけど、思っているほど簡単なことではなくて、言ってしまえば他人は僕らの旅にさほど興味がない。

同じ大学を出たって卒業後のキャリアが人それぞれ全く異なるように、同じように世界一周をしただけでは別に人に自信をもって伝えられることなんて残りはしない。

 

話したとしてもそれは、旅先での景色や失敗談、苦労話と言ったただの思い出であって、キャリアではない。

そう考えると旅に出る意味ってのはさほど大きくないし、何にも重要ではない。もちろん経験値は上がるけど。

 

歴史に名を残した著名人が多く出たという学校のほとんどが凡人であるように、旅に出たって凡人は凡人なんだ。

 

だから「全大陸制覇」とか「何ヶ月で○カ国」とかあんまり考えていない。

僕がメジャーリーグはどうしても見たいので東回りで行くことと、眞紀がオーロラは見たいって言っていて、二人の共通はラクダに乗って星空を見に行くキャメルキャンプと青のガンガーが見たい。これだけ。

 

だから地球一周ぐるっと行くのかもわからないし、とにかく「世界一周した」という経験が欲しいわけでもない。

わかりやすく世界一周って言ってる。

生きた教材をつくるために旅に出る

僕は写真が好き。

写真は不思議で、その一枚を見返しただけで思い出が一瞬で蘇る。

 

この時こんなことが起こって、こんなことを考えてて、こんな人と出会って・・・。

一枚の絵の中に物語がいっぱい詰まっている。

 

そんな物語を想像させられるようなメッセージ性のある写真を撮りたいと思っている一方で、どうせ時間もお金も抱えて世界一周するのなら、僕たちにしかない物語を絵本にして、後々僕らの元にやって来てくれるだろう子どもたちに読んで聞かせたい。そんなことを考えている。

 

時代を超えて残るおとぎ話の名作ももちろん素敵なものばかり。

それに加えて、自分たちが見てきた世界とそこで生まれたドラマを、写真と声で伝えることができたらいいなと思っている。

これは二人で話し合ったことというよりは、僕が勝手に考えていることだから、どうなるかわからないけど。

 

子どもが学校に通うようになって、資料集で見た世界の景色の写真は何か見たことある!って家に帰って絵本を取り出したら・・・

 

これだ!

 

ってよく見るとそこに僕と眞紀の姿があって、「親父たちここに行ったんだ・・。」ってなってくれたら家族の会話もより弾む。

「〇〇ってどんなとこ?暑いの?何でみんな黒いの?この人たちはなんで・・・?」

それを面白いと思うか、つまらないと思うかは子どもの自由だから、子どもに旅することは押し付けない。

 

これは完全に僕の悪い妄想だけど、息子が高校を卒業する時の進路で悩んだら「大学4年間でかかる費用分は出してやるから、それ持って好きなとこ旅してこい!」って言いたい。笑

そしたらどうかプラスにして帰ってきて、親孝行しておくれ。笑

とまぁ冗談はさておき。

 

子どもを産んで育てたいという眞紀の想いを先延ばしにしてでも行くなら、その分僕はまだ見ぬ子どもたちに父親として何が残せるかを追求しようと思ったし、そんな旅にしたいって思っている。

 

世界のリアルを感じる旅

僕がカンボジアに小学校を建設したのも、旅先で見たリアルが思っていたものと違ったから。

僕はその「リアル」を置き去りにはできなかった。

できなかったから関わっていくことにした。

 

この世界一周中にも置き去りに出来ない世界のリアルと出会いたい。

教科書で見た、写真集で見た、検索したら出てきたじゃなくて、五感フル活用で吸収して来たい。

 

誰かが通った同じ経路で回ったって何にも面白くない。

そこにしかない出会いとリアルを求めて、リアリティーのある情報と写真をメルマガ(ただいま準備中)で配信していこうと思う。

 

リアリティーのない情報が横行する時代だからこそ

調べれば何でも知った気になれて、パソコンの中で冒険できちゃうほどバーチャルな世の中で、リアリティーに欠ける情報が溢れかえった時代だからこそ、僕はリアルを追求していこうと思う。

 

引き続き準備から出発までの情報も配信していこうと思ってます〜。

 

旅に出た方がいい!という人がいる。

旅に出たって意味がない!という人もいる。

 

だからと言って旅に出てみても面白いし、出なくてもいいかもしれない。

なんて言い出すと発信する意味すら失う。

 

どっちだっていい。したきゃすればいいし、したくなきゃしなくていい。

思ったことをしたらいい。

 

僕は評価されるために、認められるためにやるんじゃない。

後悔したくないだけ。

ネットに何かを書き込んだって0.01デシベルも声出てないんだよ。

だから僕は行動で示し続ける。

 

僕は僕のやり方で後世に残す資源を守っていく。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew







valu公開中

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-コラム, 地元のこと

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.