BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

FREELANCE

人生で一番無駄なことは時間の無駄遣いだから隙間時間でやりたいことはたくさんあった方がいい

投稿日:

日常生活を送っていると、忙しいと感じる中にもふとした隙間時間が結構あることに気がつきます。

 

そんなちょっとした隙間時間にあなたは何をしますか?

 

個人的には「やることないからなんとなくスマホ」と「行くとこないからなんとなくフラフラ」が一番もったいないと思っていて。

 

だからこそ、会いたい人と行きたい場所とやりたいことはなるべく多くあった方がいいのだと感じます。

 

隙間時間を無駄にする積み重ねが後々自分を苦しめるから、有限である時間の使い方は、自分の人生をより豊かにするために突き詰めていきたいポイントでもありますよね。





時間を持て余すほど人生暇じゃない

30代になって特に意識を置くようになった時間の使い方。

 

これまでも「生き急いでる」と言われることが多く、のんびり止まっていられないマグロのような人生を過ごしています。

 

そんなぼくが30代になってより一層感じたのは、20代で得て来た知識や経験をなるべく20代に近い体力のうちにどこまで世の中に向けて発信できるか?ということ。

 

20代には20代の、30代には30代の楽しみと役割があると思っていて、まだ知らぬ40代にはまた違う魅力があるのだと思っています。

 

ただし、それはどんな30代を過ごしたかに大きく起因すると思っていて、始まったばかりの30代がワクワクでしかないのも、20代の過ごし方に間違いがなかった証の1つだと感じます。

 

時間は全員に平等・公平に与えられた資源

どれだけ年を重ねても1日が24時間であること、1年間が365日であることは変わらず世の中公平で。

 

その24時間の過ごし方がどんなものか?で1ヶ月後1年後は大きく変わるからこそ、今日の24時間の中に無駄なことしている時間はないのです。

 

時間は誰にも取り返せない

ちょっとした隙間時間にやりたいことがあるってのは、とても豊かな暮らしの要因の一つであると考えていて。

 

「なんとなく」っていう理由もろくにないのに、何かを食べてみるとか誰かに会いに行くとかどこへ行っても、ぼくは時間の浪費だとしか思えないんです。

 

もちろん、何気ない発見や刺激、出会いもあるのかもしれませんが、確率はすごく低いだろうし、何より「なんとなく」っていう自分のモチベーションがイマイチな状態で何かしても、ふとしたチャンスは掴めません。

 

会いた隙間時間は、別に特別なことなんてする必要もないわけです。

 

知らない漢字や英単語調べてみたり、気になっていたニュースやブログを読んでみたり、読書をしたり。

 

たった1分でもいいから自分のために使いたい。

 

他愛もない会話、流し読みのスマホで眺めるSNS、飲みたくもないけど時間潰しのコーヒー。

 

それって本当に何か生まれているんでしょうか?

 

「行ける場所や会いに行ける人が多い方がいい」とタイトルには書きましたが、厳密には「やることない」っていう思考になることそのものがつまらないと思っていて。

 

別に無理してどこかへ行かなくても、誰かに会わなくても自分を高める時間の使い方した方が、よっぽど自分のことを幸せにできるんです。

 

もちろん、誰かとのおしゃべりがダメとか、スマホ触るなとか、そういうことではないです。

 

ただ、それが自分のためになるかどうかは考えた方がいいってことが言いたいだけです。

 

 時間と同じくらい大切にしたいもの


言葉も時間と同じくらい大切にしたいものでもあって。

 

時間も言葉も自由に使える権利を持って生まれてきたのだから、自分のために有効活用したいですよね。

 


結局のところ突き詰めて行くと、時間や言葉の使い方は人付き合いにも大きく影響すると思っていて、共通して言えるのは「無駄なことはしたくない」という、ただそれだけのことです。

 

何か気に入らないこと言われたとしても、それが議論(もしくは口ゲンカ)するにふさわしい相手かどうか?は考えないと、つまらない相手に付き合っているだけで、つまらない時間の使い方してしまうから。

 

まとめ

ここ最近再燃しているGLAY熱。

 

GLAYが歌う「軌跡の果て」という歌の中に「生き急ぐことで分かり合えると英雄たちはそう呟いた」というワードがあって、ぼくはとても共感しました。


多分ここで言う「生き急ぐ」って、「忙しくしろ」とか「タスクを詰め込む」ってことではなくて、「自分が目標としているものの実現に向けてやることやっている人、些細なことを無駄にしない人とは話が合うよね。」って意味じゃないかなっと勝手に推測しています。

結局やることやらずにうまくいかないなんて、そりゃそうだろって話。

 

自分の人生はもっともっと自分が描く理想を実現させたいから、生きていること丸々コンテンツにできるくらい、日常の小さな出来事にも意識を置いて生活したいですね。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-FREELANCE

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.