BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


みらいスクール

【みらいスクール・トイレ建設】day08

投稿日:

merumaganew

8月3日

 

独身生活ラスト1ヶ月をきりました。

 

友達の結婚式に出席した際、挨拶をしていた上司の方がこんなことを言っていた。

 

「結婚は異文化です」と。

 

『育ってきた環境が違うから~♪』って聞こえてきそうなこのフレーズが僕の心に長いこと残っている。

 

僕は今カンボジアにいて、当たり前だけどカンボジア人と一緒に仕事をしている。

 

言葉や習慣の違いはもちろん、日本とは違う課題がそこらじゅうに転がっていて面白い。

 

まさに育ってきた環境とは違う異文化の中で生きている。

 

よく聞かれることの一つに、「海外で働くときに大切にしていることは何ですか?」という質問。

 

僕はいつも決まって答える。

 

それは「現地の人をリスペクトし、尊重して、気持ちよく働いてもらうこと」

 

これに尽きると思っている。

 

僕はカンボジアで働かせてもらっている

 

そんな僕が主観をバンバン出して動くと、物事はうまくいかないし、そこにリスペクトはない。

 

もちろん、絶対に譲れないことや、間違ってることははっきりと言うけれど。

 

ここカンボジアにはいろんな日本人がいて、それぞれ本当に面白い人たちばかり。

 

決して大きくない在住者コミュニティの中に、多方面・多分野で活躍している人たちがいて、そんな人たちと「笑って飯を食う」ことで、僕はまた刺激をもらい、明日もまた頑張ろうって気持ちをもらうことができる。

 

カンボジアに限ったことではないけれど、時より「残念な日本人」を見かけることが多い。

 

別に人ぞれぞれの人生だから何しようが勝手なんだけど、職種や収入の差が残念なのではない。

 

僕が残念だなって思う人たちの特徴としては「自分が滞在している国や国民へのリスペクトがない」ということ。

 

安月給で現地人を雇って、日本人の常識を押し付けたり。

 

簡単にビジネスもどきを始めて、違法にお金を稼ぐ人。

 

物価が安いからって安く済ませたり値切ることが正解だと思いこんでいる旅人もその一人。

 

その中でも最も残念だと個人的に思うのは、ただ飯を食おうとする人。

 

単純にご飯の話ではなく、サービスも含めてのこと。

 

〇〇するんで、無料にしてください。

 

〇〇するんで、その他の費用はそちらでもってください。

 

的なこと。

 

そもそも商売の中で割引したり無料にしたりするのは、売る側の気持ちの問題であって、掛け合いに出すことじゃない。

 

自分が相手の力になれるパフォーマンスを発揮した結果、「この間のお礼も兼ねて今日は無料でいいよ」っていうのは、お店や経営者側が決めること。

 

それを自分から求めていくなんてダサい。

 

ダサすぎるぜ。

 

無料にしてもらうだけのパフォーマンスに自信があるならともかく、自分が生きていくために繋がった人を利用して安く済ませようなんて、そんな話あるかよって。

 

わざわざ海外まで来て何してんだ。

 

話は変わって、みらいスクール。

 

僕の活動に興味を持って手伝いに来てくれた人たちが今日も大勢いる。

 

たまに「参加費いくらですか?」って聞かれるけど、タダです。

 

交通費を参加者で割り勘、昼食代を各自負担。

 

それだけ。

 

僕は学校建設を通じて利益を得ていない。

 

だから参加者が集まるのか、単純に興味を持ってくれる人がいるのかわからないけど、僕は紹介や呼びかけはするけど、集客はしないし、営業もしない。

 

参加費を取らない理由は、ここでお金を稼いでしまったら、本当にやりたいことが見えなくなりそうで怖いからなんだ。

 

正直なところ。

 

そうしたら稼ぐために人を集めて、学校を見世物にして、僕は飯を食うことになる。

 

それって本当に最初に僕がやりたかったことなんだろうかって迷うってしまう日が来る気がする。

 

僕は単純に学校がない村の子供達が学校に通ったらいいなって思っただけだった。

 

それ以上でもないし、それ以下でもない。

 

たまたまの縁で出会った村とそこに暮らす子ども達の力になりたかっただけ。

 

その気持ちをずっと忘れたくないなって思う。

 

前も書いたけど、僕はカンボジアに何かを与えたのではなく、学校建設を通じて与えてもらってばかりなんだ。

 

その体験が僕の人生に彩りを増してくれたし、確実に数年前よりも僕の人生は豊かになったと思う。

 

だからその体験をシェアしたくて、独り占めするんじゃなくてみんなに味わってもらえたらと思って参加者がいれば受け入れている。

 

カンボジアが好きっていう理由だけでカンボジアで仕事を始めてもいいけど、それでどれだけカンボジアを語れますか?

 

それって本当にカンボジアを愛していますか?

 

集客とか言う前に、もっと好きなことのために自分を追い込んでみたらどうですか?

 

僕はカンボジアに何の影響も与えられないけど、出会ってしまった村の子達を守れるように、交わした約束を守れるようにこれからも続けていこうと思う。

 

日本と海外行ったり来たりしている「好き勝手」に見える生き方を、自分がやりたいことを続けていくために、本業の方もしっかりやって生きていこうと思う。

 

やることやってないやつが好きなことだけやってちゃいけないからね。

 

守りたいものも増えて行く。

 

だからそこから逃げない自分であるように、人道から外れない生き様をこれからも大切にできたらと思う。

そんな感じの最近。

 

あー全然学校のこと書いてない。

 

トイレ完成間近っす!

 

ゆうと、なんちゃん、メグ、ビル、ありがとう~!

IMG_7301

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew







valu公開中

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-みらいスクール

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.