BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録


みらいスクール

カンボジアの小学校みらいスクールにトイレを建設する理由

更新日:

merumaganew

多くの方のお力添えを頂いて完成したカンボジア・ロンデン村の小学校「みらいスクール」。

この夏、この小学校にトイレを建設します。

 

「次は何やるの?」と聞かれることも多くなってきた反面、「次はトイレだよ」と伝えると、

 

ん?

 

みたいな顔されることも多いのが正直なところなので、今回はトイレ建設を行う理由について説明しようと思います。

 

もしも小学校にトイレがなかったら

僕たち日本人の多くは、小中学校を義務教育で通うことになっている。

これは子どもの義務ではなく、親の義務。

親には、自分の子どもに「普通教育を受けさせる義務」ってのがあるからね。

 

そうやって僕らのほとんどは、少なくとも9年間は学校と呼ばれる場所に通ってきた。

そんな毎日通う施設に、もしもトイレがなかったらみんなはどうしますか?

 

立ちションでいいじゃん!

っていうモラルのない声は置いておいて。

 

普通に困る。よね。

 

それは日本以外でも一緒。

人が集まる場所に「トイレ」って必須なんです。

 

何にも知らないと「カンボジアにもトイレあるの?茂みじゃだめなの?」と聞こえてきそうですが、そんなことを言われる度に、どんだけ見下してんだ!って言いたくなりますわ。

トイレがないとこんなことに

例えば、場所は変わって中東。

まだまだ女性が表に出ることが認められにくい地域。

 

女性用トイレは遥か彼方に設置されることが多いようです。

聞いた話ですが。

 

催してからトイレを探し出すまでのあの緊迫感。

誰もが大人になってからも感じたことのある背筋の震える体験。

性別や身分によっては、そんなことが日常的で当たり前の地域だってあるんです。

 

はたまた別の地域、アフリカのとある国。

 

自宅にトイレがないため、少し離れた場所へ行くことが当たり前の地域。

昼は良くても、夜は電気もない地域で女性、子どもがトイレに走る。

 

そんなタイミングを狙って性犯罪や誘拐が起きていること知っていますか?

 

でもそれって、学校と関係ないじゃん。

確かに夜は学校通わないかもしれない。

でも、別の事例では学校のトイレの有無と女性の社会進出に影響があるということも言われている。

 

例えば、小学校も高学年になれば生理が始まる女子生徒もいる。

生理でなくても、トイレに行きたいのに行けないまま学校にいる苦痛は女性だけでなく男性にもわかるはずです。

 

僕のようにモラルのない輩は、陰に隠れてち〜っとしてしまえばいいですが、それができない人がほとんど。

そんな環境下で勉強に身が入りますか?

最初は良かったとしても、いつ誰が来るかわからない茂みで用を足し続けるなんてできますか?

 

そうやって女子生徒の学校離れが始まります。

教養がないから社会進出が遅れます。

もちろんトイレだけが全ての要因じゃなかったとしても。

 

どんなに勉強が好きでも、学校にトイレがなかったら定期的に通えないんです。

 

建設したのに通わない学校なんて建てた覚えがない!

こうやって悪い影響を与えそうな課題は一個一個潰していく。

 

井戸を掘ったのも、道をつくったのも、全ては子どもたちが「通えない」という理由を潰していくため。

もちろん、他にも課題はあるのだろうけど、考えられるものは対策をしていく。

 

何か予想外の事態が起きても、その課題から逃げずにやっていけばいいことだと思うんです。

やる前から完璧や理想を求めるからしんどくなると思うんです。

 

なのでこの夏はトイレを建設します。

 

まずは男女1部屋ずつ。それと貯水タンクも。

もちろん数あったほうが待たずに使えていいんだけど、予算にも限りがあるのでまずは男女一部屋ずつ作ろうと思っている。

イメージはこんな感じ。

IMG_5846

水道なんてもちろんないので、横の浴槽みたいなとこに水を貯めておいてすくって流す仕組み。

 

流れた水は地中に埋めた下水タンクの中に沈み、水分は地中へ、残った固形は業者が汲み取りに来てくれる。

そんな仕組みです。

話が生々しいね。

 

浴槽みたいなところの水は、雨水を一旦貯水タンクに流し込んでおいて、そこから流れ出す仕組み。

 

学校建設の時に屋根の一方に雨を流すレールを作っておきました。

IMG_6300

貯水タンクのイメージ写真は撮ったのにどこか行ってしまったので拝借しました。

images

http://blog.livedoor.jp/battambang/archives/52279434.html

 

支援者大募集!

ということで、現在支援者を大募集中です。

現地に足を運んでくれる人も、行けないけど応援してるって人も連絡をお待ちしています。

支援金振込先はこちら(支援金が集まればトイレも増えます)

 

【追記】現在は、募集はしておりません。

おかげさまで無事にトイレが完成しました。(2016年8月18日完成)

関連記事:カンボジア・みらいスクールのトイレ建設まとめ(作業内容と建設費用も)

ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

トイレは一部屋当たり8〜10万円程度必要です。

その他、机椅子や黒板の準備もあるので、お力添えいただけますと幸いです。

よろしくお願いします。

 

現在は、他の農村部でトイレが必要な地域の調査をしております。

活動場所を探している方、支援を求めている地域のマッチングを行なっていますので、興味がある方は是非一度ご連絡ください。

関連記事:カンボジアにおける支援活動を考える団体や組織へのサポート

 

Facebookでも
情報公開中。



便利なサービス

Kindle unlimitedで電子書籍が読み放題。

初月無料で試せるので安心ですね。

移動生活、海外生活の人もFire HDに入れておけば何万冊もの本がスッキリ持ち運べます。

valu公開中

merumaganew







「自分を生きる」ためのお手紙

北川勇介の無料メールマガジンを配信しています。
一番旬でリアルな情報を公開しています。

無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

みらいスクール公式LINE@

みらいスクールに関する情報をいち早くゲットできる、LINE@やってます。ぜひお友達登録してね。
友だち追加

-みらいスクール

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.