BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ

何もできないけど挑み続ける人生の記録

北川勇介をフォローする

記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

みらいスクール

日本の小学校で使用されなくなった机、椅子送ってください!カンボジアの小学校で使いたいんです。

更新日:

※現在こちらの企画の募集は終了しました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:カンボジアのみらいスクールへ机と椅子が届きました

 

 

日本全国、教育機関や教育現場で働く人たちの目に届くまで!

 

現在、日本の小学校で使われなくなった児童用の机椅子を求めています。

使い道は2016年3月19日に完成した、カンボジア・シェムリアップ州・クロラニュ群・スローナル地区・ロンデン村の小学校(みらいスクール)に通学する子どもたちのためです。

DSCN7272

学校建設の詳細はこちらから!

参考記事:学校建設物語

参考記事:みらいスクール建設記録

 

みらいスクールとは?

私、北川勇介の気持ちと身一つで始まった企画は、3年の時を経て一つの形になった。

 

カンボジアのロンデン村。

地図にも載っていないような村にできた、小さな小学校。

IMG_6330

支援金集めでは200名を超える支援者に支えられ、クラウドファンディングサイトCAMPFIREにて309万円を達成。

建設中は4ヶ月間で123名の方が現場までお越しいただき、名実ともにみんなで創った学校となる。

IMG_5730

現在は2016年11月の正式OPENを目指して準備中。

 

8月にはトイレ建設。

10月には開校式も予定している。

参考記事:カンボジアに建設した小学校に一緒にトイレを作ってくれる人募集!

 

開校後の学校について

予定通り11月に開校すれば、後の運営はカンボジアの教育省によって行われていく。

教師の派遣や給料などは行政によって賄われていく。

僕らは定期的な訪問と、5年後10年後を見据えて設備の充実や補修などを手伝っていくつもりだ。

 

ロンデン村を中心とした周囲の村の子どもたちが通学予定であり、開校初年度は80名ほどの生徒数を見込んでいる。

DSC_0058

先に書いた、教員の給料などは国から支給されるが、まだまだ整備が必要なのが環境面の援助だ。

建設した校舎は、おそらく破損や損傷が出ても修理されることの方が珍しい。

 

村長や地区長レベルのフットワークの軽さにもよるが、僕はこの修理費等を自分で持つつもりでいる。

 

同様に生徒が勉強のために使う机、椅子、黒板などもいつかは壊れたり、不具合が出る。

 

そこで今回呼びかけをしているのは、壊れにくくて質の高い日本の設備を持ち込みたいという願いからだ。

 

その不用品は誰かの明日を明るくする

僕はバイヤー業やリサイクル業を生業としていることもあり、「使われなくなったまま眠っているいいもの」をたくさん見てきた。

 

誰かにとって不用品である「それ」は、別の誰かが探していた「何か」であって、その不用品は誰かの明日を明るくする力を持っている。

 

日本各地で統廃合されて使用されなくなった机椅子。そして黒板。

もしもそのまま眠らせておくなら、僕に預けていただきたい。

 

かつて日本の子どもたちの教育を支えた机、椅子、黒板が再びカンボジアで子どもたちの教育充実のために使われます。

 

各都道府県、各市区町村の教育関係の皆様。

どうかお願いです。

 

あなたの地域で使用されていない小学校の机、椅子、黒板をカンボジアまで送ってください。

 

問題点1 そもそも送っていいのか?

日本の教育のために用意されていたもの。使われなくなったからって本当に送っていいのかな?

大丈夫だよ、有効活用するんだろ?って言ってくれることを願ってます。

 

問題点2 配送料の負担

今回のお願いは、物品を譲っていただくだけだなく、配送料も負担していただきたいというのが図々しいお願いです。

配送業者の手配や手続きはこちらでも進めることはできますので、まずは賛同していただける方を探しております。

 

問題点3 北川勇介の信用度の低さ

お気付きの方いらっしゃるかと思いますが、みらいスクールはNPOやNGO団体ではないです。

何の団体でもない一個人と、それに賛同してくれる仲間だけで成り立っています。

参考記事:【活動の経緯】僕がカンボジアに小学校を建設した理由

参考記事:僕なりの国際支援の意味

 

これらを踏まえて「まずは詳しく聞かせろ!」と言ってくださる方へ

ここまで読んでくれているだけで十分すぎるほど優しい心の持ち主ではあると思います。

まずは話聞かせろって方いらっしゃいましたら、ご連絡をお待ちしております。

募集している数等についてもお問い合わせください。

 

その他こんなことも募集しているので是非こちらも読んでみてください。

参考記事:みらいスクールのトイレ建設まで残り2ヶ月

 

北川勇介

070-4078-7014

yusuke.worldview[a]gmail.com

[a]を@に変えてください。

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







ブログには書ききれないコアな話

海外生活のこと、フリーランスとして生きていくこと、国際支援のあり方など。
無計画に仕事を辞めてから独立までの成功事例や、苦悩、対策などを赤裸々に書いています。
やりたいことがあるのに踏み出せない。やりたいことが見つからない。何からやっていいかわからない。
そんな方々にも読んでもらえたらと思います。

merumaganew

-みらいスクール

Copyright© BORDERLESS-国際支援のあり方、海外生活、フリーランスという生き方を発信するブログ , 2017 AllRights Reserved.