BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

BLOG

本当のブログアクセスアップの理由はセオリー通りの方法だけではなかった

投稿日:

少し前に、ブログをアクセスアップさせるためのノウハウのようなものを、実体験に基づいていくつか記事にしました。

 

あれから少し経って考え直してみると、本当のアクセスアップの理由はもっと別のところにあって、ノウハウみたいなものはその要素としてうまく絡んでくれたにすぎなかったのだと感じています。

 

雑記ブログとしてまとまりのないぼくのブログが、ここ最近さらなる急成長をした理由について自己分析をしてみましたので、アクセスが伸びなくて悩んでいる方々のご参考になればと思います。

関連記事:ブログアクセスアップの小手先テクニックを使う前に見直したい3つの項目

関連記事:ブログアクセスアップの秘訣!読んでもらいやすい文章を書くために必要なたった一つのこと





文章は作るものじゃない、降ってくるもの

この記事も実はそうなんですが、書きたい内容に沿って浮かんできた言葉をそのまま文章にしています。

 

アクセス集めに躍起になっていた頃は、同じ内容を書くにも「書き方」に非常に気を使っていたと思います。

 

今でこそ思うのは、それは作られた言葉であって、その時点でぼくの言葉は死んでいたということです。

 

長年、ぼくのブログを読んでくれる人には特に、ぼくの文章から読み取れる心内がたくさんあるのだそうです。

 

実際に、ぼくの文章から感じる心境の変化や現状は、直接会っていなくても伝わるのだと多くの友人知人に言われました。

 

そこが、ぼくの最近のブログ運営の大きな分岐点でもあります。

 

一般的なセオリーしか持っていないブロガーは生き残れない

なぜブログの知識もないのに書きたいことを書きはじめた頃、順調にアクセスが伸びたのか?

 

それは、言葉から伝わる情熱が人を惹きつけていたのではないか?と個人的には仮設を立てています。

 

でも、途中から変に知識がついて、ブログ運営論みたいなものを真剣にやりはじめてからぼくのブログは少し変わったように思います。

 

言葉が急に刺さらなくなって、かすっているだけみたいな感覚に陥りました。

 

届いているようで届いていない、大切なこと伝えたいことが伝わっていない。

 

そんな文章を書き続けてきたように思います。

 

「で、結局何が言いたいの?」っていう何も表現していないくそったれな文章を残してきてしまったと。

 

これだけ「ブログで稼ぐ」「パソコン一台で稼ぐ」「情報をお金に変える」ということが当たり前になりすぎた現在では、本当1年2年前に通用した一般的なブログ運営に関するセオリーは通じなくなってきています。

 

常識が簡単に書き換えられていく時代だからこそ、同じやり方では通用しません。

 

まやかしです。

 

それは最近始めたばかりの人、これから始めようと思っている人には特に厳しい環境であって、それでもこの業界で生き残るには個人を磨く他ないのだということです。

 

人と同じやり方しているということは、個性を消していることであって、個性とは「特別な何か?」ではなくて「自分は何者か?」を表現することなのだから。

 

ブログで稼がなくてはいけないもの

ブログで稼がなくてはいけないものってなんだと思いますか?

 

ぼくは信頼だと考えています。

 

では、見たことも会ったこともない人に信用してもらうにはどうしたらいいか?

 

それは、日頃何を考えて何をしているか?が伝わる人間かどうかということ。

 

計算とか損得とかではなくて、実体験に裏付けされた本人だけの物語から生まれる言葉。

 

そして、その人がどんなことを感じていて、その先の未来をどう考えているのか?

 

ここに今後の進展の鍵となるヒントが隠されているのだということです。

関連記事:【円より縁】ぼくがブログを通じて本当に稼ぎたいものとは?

 

最低限の知識を持って個人で勝負する

だからと言って、かつてのぼくがそうだったように、闇雲に書きたいことを書いていてもいつか打ち止めがきます。

 

最低限のブログ運営の知識を身につけることは必須です。

 

ですが、そんな一般論に凝り固まることなく、自分の脳みその中を自分の言葉で表現し続けなくては生き残ることはより一層困難になります。

 

ただでさえ「ネットバブル」と言われているように、ブログで生計を立てる手法だって、もしかしたらいつかは弾けて消えてしまうかもしれない。

 

だけど、自分の思考を自分の言葉で表現する力を持っている人は、誰かの真似事でちょちょっとやってきた人とは比べものにならないくらいアンテナを貼っています。

 

そのアンテナは、次にどんな時代が訪れようと自分の力で生きて行く道を模索し実践するための情報を探るアンテナ。

 

つまり「生きる力」。

 

ただでさえブログ運営には「こうしたらいいよ」っていう正解も成功法則もないのに、その言葉に踊らされて、言われた通りやっていても生き残れないのです。

 

きっとこれは、ブログ運営だけでなくどんなことしていても。

 

だから、機械に仕事を奪われる時代が来るとか言われていますが、それはどんな仕事をしていても、自分の頭で考える癖を身につけていない人から順に消えて行くだけの話で、考えて言葉にして行動していればどんな状況をも打破する力を身につけることができます。

 

まとめ

このブログ内では何度も行ってきていますが、ぼくはブロガーとして有名になりたいわけではなくて、自分がやりたいことをやれるための生きる基礎としてブログを書いています。

 

その文章で信頼を勝ち取ることができれば、それは結果お金になって自分の生活を守ってくれて、やりたいことがやれるから。

 

だから、信用を積み重ねた結果としてアクセスがアップして収益も増えれば生きる基礎はもっと強く太いものになって、その積み重ねが今よりさらに上のステージへの招待状なのだということ。

 

セオリー通りやっても生き残れないほど、今やネットビジネスは広まりすぎました。

 

だからこそ「自分は何者か?」が適切に表現し続けられる人が、どんな仕事をしても最強と言える時代に変わっていくのかもしれませんね。

 

キーワードを選択して、アクセスを集めて、アフィリエイトに持ち込む。

 

そんな流れを使わなくても、書きたいことを書いて生きていけるだけ、自分の心に正直に生きて行く必要があるのだということをちょうど今日、ロンデン村で眺めた高い木の姿勢をみて学びましたとさ。


表現するってきっとそういうこと。

 

全ての人にわかってもらおうとする文章は、結果として何も表現していないのと同じなのですね。

 

おしまい。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-BLOG

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.