ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

ワークスタイル

【BORDERLESS Official Online Store】公式オンラインストアができました

投稿日:

この度、正式にBORDERLESSの公式オンラインストアをスタートさせました。

>>>BORDERLESS Official Online Store

 





BORDERLESSって何やっているの?

「BORDERLESSってどんなことやっているの?」って聞かれることが増えて来て、カンボジアのことや小学校のこと、ツアーや珈琲屋などいろんなことを始めて結局何が何なのか、より一層何やっているのか訳わからなくなっているようです。

 

これまでぼく一人で進めて来た事業に加えて、最近は仲間との共同の経営やプロジェクトもスタートしています。

BORDERLESSのメイン事業の一つに商品開発、製造、販売、卸売があります。

 

 

これまで個人バイヤーとして商品を見定めて販売して来た実績や、日本国内では「古物商」を取得して訪問で不用品回収を行なって転売を行なって来ました。

 

そのような経験を通じて感じたことは、ものが持つ価値というものはあってないようなものだということです。

 

富士山で買うジュースやカップ麺

富士山に登ったことがありますか?

ぼくは2014年に一度、仲間たちと登りましたがそこで売られている飲み物やカップラーメンの価格は一般的な販売価格から比べるととんでもなく高額な商品に化けています。

 

よくある種類のカップラーメンが、富士山で食べると800円・・・

この数字だけ見ると「たけ〜〜!!」ってなりますが、市街地で100〜200円で売られているカップラーメンが、富士山では800円で売られる「理由」がある訳です。

そして、それでも売れるということは「必要としている人」がいるということ。

よく言われる需要と供給のバランスが取れているからでしょう。

 

BORDERLESSが扱うもの

これまで個人バイヤーとして動いていた時は、いろんな商品を取り扱って来ました。

最近は、ある程度絞って「売れるもの」ではなくて、「人に勧めたい良品」を選ぶようにしています。

 

例えばサングラス。

ぼくはこれまで個人的に「OAKLEY」のサングラスが好きで愛用してきました。

 

OAKLEYのサングラスは、一本数万円という価格で販売されていますが、雑貨屋さんで売られている千円のサングラスと比べて、それだけの価値の差を生み出しているから売れる訳です。

 

それは性能や機能の差かもしれません。

デザインかもしれません。

ブランド価値かもしれません。

 

ブランドが持つ力

例えば、同じ性能・デザインだとしてもそこに「GUCCI」と刻印されれば、同じものでも値段は跳ね上がります。(パチモノという概念は置いておいて)

 

これがブランドの力です。

不思議ですね。

 

ものが持つ価値は同じだとしても、誰が売るか?でそこに付随される価値は簡単に左右されます。

ただ、ブランド名に限らず「どのように売るか?」でもその価値は変えることができます。

 

逆に、高額商品にしなくても、良品を手頃な価格で多くの人に届けることができるということ。

ここが、ぼくらが海外から選りすぐりの商品を扱う理由でもあります。

 

ブランドものだけが本当にいいものなのでしょうか?

ぼくらはそこに疑問を持っています。

 

この時代、ノーブランドの良品は世界のいたるところで手に入れることができて、ハイブランドに劣ることのない性能の良品を簡単に手に入れることができます。

 

そして、そのネットワークをぼくらは数年かけて歩き回り、見つけて繋がって手に入れました。

 

本当にいいものを世界から届けたい

世界はとてつもなく広く、本当にいろんな商品が溢れかえっています。

そして日本にまだ届かないものもあれば、届いてはいるのにどこかで歪んで手に入りにくくなっているものも数多く存在します。

 

ぼくが海外生活を送っている理由はまた別で存在しますが、せっかく海外で仕事をするのであれば独自のブランドではなく、独自のルートで手に入れることができる商品をお届けしたいと思っています。

 

それは、まるでお土産のように。

 

お土産って、誰かに買って帰るもの。

誰かからお土産をもらうのも嬉しいですが、誰か大切な人を思って商品を選んで購入するという楽しみもあります。

 

そんな感覚を大切に、ぼくらはぼくらのオンラインショップを覗いてくれる人に、届けたいものを直接目で見て、触れて、使用してお届けしています。

 

「流行りだから」「売れるから」

そんな浅はかな理由ではなくて、全ての行動の根本には「届けたいから」という想いがこもっているんです。

 

世界から届く、ちょっといいもの。

是非一度、覗いて見てください。

いずれも数量限定商品、次回入荷未定です。また少しずつ掲載していく商品数を増やしていきます。

お楽しみに!

 

BORDERLESS ONLINE STORE

 

BORDERLESSの公式Twitterもはじめました。

フォローよろしくお願いします!

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-ワークスタイル

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.