Day64. スロープと花壇を作ろう【東洋大学Bbooth最終日】

2016年2月6日【建設64日目】

寒い。カンボジアに再び寒波が・・・。

朝はみんな震えるほど寒くて、ジャケットが必須アイテムになってきている。

こんな寒いと思っていなかった大学生達は、タフにもTシャツ短パンで朝ごはんを食す。

この時期に旅行される人は、薄手の羽織りものとかると良さそうですfrom現場。

みんな疲労困憊すぎで、目覚ましが長いこと鳴り止まなかった今朝。

東洋大学のボランティアサークルBbooth(ビブス)の二泊三日の合宿も今日が最終日。

今日は階段横のスロープをつくります。

本日の建設現場

地味な鉄筋の作業と、力仕事の石たたきから解放されてご機嫌なみなさん。

モルタル練るのも、こんなに上手になりました。

女子大生に囲まれると、モルタルすらもなんか華やかに見えてきませんか?

 

この二人はもはや、ほったらかしておいて大丈夫な安心感。玄人です。

Twitterでいつも応援してくれているよしえちゃんも来てくれました。よしえちゃん別れ際にこっそり手を握ってくるから「ちょ…ぼく…彼女います…どうしよう」って気持ちになっていたら「これ、学校のために。(小声)」って現生掴ませてくれました。感謝しかない。

スロープと花壇を作ろう

ということで大人数なので、2班に分かれてスロープと花壇をつくることに。難しいのはスロープの角度ね。

将来、足が不自由な子どもも車椅子で教室に入りやすいようにと、スロープをつくるんだけど、スペース的に角度設定がすごく難しい。

最初の提案の角度は、ハンパじゃないほど急すぎて、ただのアトラクションレベル。

かといって緩やかにする為に距離を伸ばすと、階段との高さがつきすぎて横が危ない。

あと地面との高低差も生まれて、結局バリアフリーなのか何なのかよくわからなくなりそう。

ちょっとスロープの角度は急だけど、色々みんなで考えた案で臨むことに。

花壇とスロープづくり開始

地面に砂利を引いて叩き、その上にモルタルを敷く。

そこから基礎のレンガを積み上げて、徐々に角度を決めていく。

花壇と階段の幅がおかしい場所もあったりして、「あーでもない」「こーでもない」って言い合いながらみんなの手でつくる。

午前中かなり長丁場で、2時近くまでご飯を食べずにみんな黙々と花壇・スロープづくり。

早く終わったゆーすけ班は、土を中に敷き詰めてしまおうと動き出したら、急にゆうか(こだとの方)の叫び声。

スロープの一部が決壊。平謝りのゆうか。

多分これにも意味があって、このまま作ったらよくなかったからゆうかが運んでたバケツが、固まりかけのスロープにぶつかってくれたんだね。自然に。

わざとやるわけもないし、ふざけてるわけでもない。

一生懸命、土を運んでくれた結果。

うまくいかないことは何回だってやり直したらいい。

またみんなで作り直して、再度キレイに仕上げたぜい。

 

遅めの昼ご飯をササっと食べたあとは、8月にくるみが手伝ってくれた井戸の様子を見て。

スロープにみんなメッセージ残して最後の思い出づくり。

しほ変な体勢だな〜。

 

いや、こっち向かなくていいっす。

 

記念写真も撮って。

撤収。

 

みんなよりちょっと早く来てたなつきは、感極まって涙。

つられて、しほ。

さらにつられて、まほまで。

みんなたった三日間の中に、いろいいろ感じたことがあって、思いがこみ上げてきてたみたい。

「大学の授業サボらず受けて、休める状態作って開校式来ようね」って大学生らしいトークも。

嬉しいね。

みんないつでもまた戻っておいで〜。

 

そして、長いこといてくれた愛姉さんも今日が最後の作業。来てくれて本当にありがとう。

明日からチャイニーズニューイヤーの関係で工事は4連休。(カンボジアには正月が3回ある)

ぼくは今夜のバスでプノンペンへ、しゅういちはシハヌークビルへ向かうはずが。

しゅういちのピックアップが、待てども待てども来ないので、電話したら明日の予約になっているとのこと。(単純にしゅういちのミス)

 

デニムまで履いて意気込んでいたしゅういち。

「パツ金美女を見に行くぜ!」なんてはしゃいでたくせに。

結局、ぼくらを見送ることに。

追伸

ってことで明日から初プノンペン観光。

ずっと行きたかった「トゥールスレン収容所」と「キリングフィールド」行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。