ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




Action

カンボジアのシェムリアップへ来たらぜひ一度は食べてほしい味

投稿日:

OPENからおよそ半年が経過。

もう半年か…時間の経過のスピードが光速すぎて恐ろしい。

 

世界遺産「アンコールワット」のある街、カンボジアのシェムリアップで始めた新しいプロジェクト「BASECAMP SIEMREAP」。

その飲食店部門BASECAMP KITCHEN(@basecamp_kt)のチキンカレー(とコーヒーとチーズケーキ)が美味なので、シェムリアップへ来たら絶対食べてね!絶対だよ!?

 

っていうタイトル通りの話なんですが、それだけだともうこの記事が終わってしまうので、少しだけ最近のカンボジアでの生活に触れながら、どんなことやっているか、どんなことやっていくのか、についてまとめてみました。





カンボジア・シェムリアップでの生活

別記事でもまとめましたが、シェムリアップに住み始めてまもなく1年を迎えます。

 

「あれ?まだ一年?」

って思われるかもしれませんが、「家を借りて」1年です。

 

「東南アジアは生活コストが安い」「○万円あれば暮らしていける」と巷ではちょこちょこ噂になるようですが、「物価が安いと言われてしまう国」で働くということは、価格帯を考えないと「あそこの店は高い」の一言で片付けられてしまうのも事実です。

 

もちろん、値段には理由がある訳ですが、そこまで考えてくれる人ばかりでもないのが現状です。

「カンボジアで一食$10??たっっっか!!」みたいな。

 

正直自分自身も一消費者の時は、そこまで考えていたかどうか…

目先の価格帯で「高い」「安い」を判断していたかもしれません。

 

そんな中でこの1年間で大きく変化したのは、時間の捉え方です。

お金を稼ぐことも大事ですが、時間を浪費しないこと。

だけど、時間を無駄にしないように焦ると不注意だったり、効率化とかそれっぽいこと言って質を落とすことにもなりかねない。

 

だからこそ、自分の基準をこれまで以上にブラさずに持つことが大切だと。

 

例えば。

カンボジアでの行政の手続きは、なかなか思うようにいきません。

特に初めての手続きだと一回の手続きで、最低二回は同じ役所に同じ要件で行くことになったりすることも少なくありません。

 

これ、単純な時間軸で捉えると、本当に時間を無駄にしているように感じたのですが、カンボジアという国で生きていくためには、どれが正確な情報なのかをわかっている人が少ない(それだけいろんな情報が交錯している)ので、自分で足を運ぶというメリットが大きいです。

 

  • 役所の人が顔を覚えてくれる
  • クメール語のレベルアップにつながる
  • ルール違反のない正確な手続きが踏める

など、時間をかけた分、自分でやってよかったと思えることも多いです。

 

カンボジア・シェムリアップの暮らしにくいところ

ちょっと余談ですが、本来、こういったルールを共有し合うのがコミュニティの本質であると考えていて、ぼくらのように海外生活者にとって一番身近になるのが在住者コミュニティです。

おそらくどこの国でもあるんじゃないでしょうか?

「日本人会」的なやつ。

 

シェムリアップの日本人会への参加は任意の有料コミュニティなので、ぼくは入っていません。

カンボジア滞在に関する注意点等は、在留届を出していると在日本大使館から届くので、わざわざお金を払ってそのコピペをまた受信する理由はないと思っています。

誤解のないように言っておくと、お金を払うことが嫌なのではなくて、お金を払う以上、無料ではない理由がないと同じ日本人ってだけでは有料コミュニティに参加できませんってことです。

 

まとめ

ただ、今ぼくがBASECAMP SIEMREAPでやろうとしていることって、「たまり場」のような「部室」のような「秘密基地」のような場所をつくって、ここで生活している人、旅行で訪れた人が行き交う場になればと考えています。

 

今はまだ飲食店ベースですが、お客さんたちからは「カンボジアで働くこと」「カンボジアで暮らしていくこと」について、よく質問されます。

中には、その人自身もカンボジアに住むことを見据えている人たちからの質問も。

 

だからこそ、自分が知りたいけどなかなか掴めなかった情報を、次に来る人たちに引き継げたらいいなって思うし、ルールが変わる度に四苦八苦しながらもみんなで情報交換ができる場所でもあったらいいなと。

 

あと「日本ではできないこともカンボジアならやれる」とか「グレーゾーンでやっていてもバレない」とかそういう価値観をぶっ壊すことも、ぼくらの仕事であると思っています。

「あれ? カンボジアに来たらBASECAMPのカレー食べてね?って話じゃなかったの?」

って思った方。

 

正解です!

 

おいしいご飯を用意してお待ちしています。

旅行者も、在住者もみんなが集まって来る場所に、おいしいものがあったら、もっといいよね。

 

カンボジア・シェムリアップへ来たら遊びに来てくださいね。

 

▼地図はこちら

ご来店いただいたことがある方は、ぜひGoogleマップのレビューにご協力いただき、次にお越しになる方への情報提供をお願いします。

 

▼SNSやってます

BASECAMPの情報はTwitterが最速です。Twitterアカウントお持ちの方はぜひフォローしてください。

▼日本先行販売

マグカップの先行販売が始まりました。まずは商品に込めた想いだけでも目を通してみてください。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-Action

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.