セミリタイアした草野球選手の日常ブログ「ポテンヒット」

プライオリティパスが使えるチェンマイ空港国内線のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジに行ってきた

チェンマイからバンコクへ戻るための飛行機へ搭乗する直前、1時間くらい時間があったのでラウンジで時間を潰しました。

チェンマイ空港国内線のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

入り口に人が屯ろしていたので正面から撮れませんでした。国内線の手荷物検査場を抜けたら、搭乗ゲート3番前に行くとあります。

タイ航空のラウンジなので、系列のタイスマイルの搭乗時間が迫るとお知らせしてくれます。その他の航空会社のアナウンスはなし。

入ってすぐ左手に受付カウンターがあります。プライオリティパスで入場可能。

今回は受付カウンターの正面の席に座りました。

別アングルから。入って右奥にも席があります。そこまで広くはないので、時間帯によっては混み合うと思います。ぼくらが入った時も最初は2席くらいしか空いていませんでした。

チェンマイ空港国内線のロイヤルオーキッドラウンジでご飯を食べよう

チャーハン。

カオソーイを作れるコーナー。

おそらくカオソーイを知らない欧米人が、麺を何もかけずに渋い顔していました。

チキンパイや肉まん。

ロールケーキとパイ。

カップラーメンとかコーヒー。

カフェメニューが充実しているコーヒーマシン。

その他ドリンク。アルコール系はありませんでした。

パリピが好きそうな色のアイスショーケース。

個人的に大ヒットだったタイティーのアイス。

ホットタイティーとタイティーアイスを交互に食べたら、同じ味の温かいものと冷たいものがやってくるので、脳が何やってるのかよくわからなくなりながら時間までパソコン作業をするなど。

出発前にラウンジで過ごせるのマジ快適

ということで今回もプライオリティパスの恩恵を受けながら、搭乗直前までラウンジでのんびりと過ごせました。

空港の搭乗ゲート前、いろんな人がいるので見ていると面白いのですが、混んでいるのにも関わらず何席も椅子を使って寝ているやつとか、通行人のこと考えずコンセントエリアに蔓延るジベタリアンなど精神衛生を乱されるシーンもチラホラ。それがラウンジにいればコンセント取り合わずに充電できるし、飲み食いできるし、トイレに行っている間に席が取られていることもないし、静かだからゆったり過ごせるし快適。

プライオリティパス、普通に持とうとすると年会費5万円くらいするのですが、楽天プレミアムカードを持っておけば年会費11,000円でプライオリティパスをゲットできます。旅行が好きな人は絶対に持っておくべきクレジットカードだと思います。

ただプライオリティパスでは入れないラウンジもあるので、今後は航空会社の上級会員も目指しながら旅していきたいなと考えているところ。

プノンペンのプラザ・プレミアム・ラウンジ

Go to Thailand

タイ行きの航空券をお得に予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です