海外生活ときどき旅。7年目4カ国。

デジタルノマドを実践するのに必要な持ち物20選【旅するように暮らそう】

日本と海外を行ったり来たりYUSUKE(@yusukeworld_)です。

いわゆるノマドワーカー的な働き方をしながら、どこかに出社することもなくいろんなところで旅をしながら暮らすような人生を歩んでいます。

この記事では、

  • 時間や場所にとらわれずに働きたい人が
  • 持っておくべきアイテム

を実際の体験に基づいて紹介しています。

ゆーすけ

これさえそろえばあなたも今日から場所にとらわれずに旅しながら働けますよ

 

デジタルノマドに必要な持ち物20個

 

1.SIMフリースマホ

ノマド生活をするなら絶対SIMフリーのスマホです。

日本にいる時は格安SIMを入れて固定費を抑えながら、海外に行ったら現地のSIMを購入してネットを利用します。

日本でのおすすめは楽天モバイルで月額1,400円程度ですが、楽天ポイント貯めているとポイントで支払いができます。

ゆーすけ

ぼくが住んでいるカンボジアは、月$8で40GB使える破格プランもあります。

ぼくはiPhoneXS(256GB)を利用しています(2019.2〜)

 

2.SIMケース

SIMフリースマホを持っていろんな国を回ると、当然SIMの入れ替えが必要になります。

クレジットカードより薄いSIMケースを持っておけば、財布などに複数のSIMとインジェクトピンも保管できるので非常に便利です。

 

3.パソコン

ノマドワーカーの商売道具といえばのパソコン。

決して安いものではありませんが、自分が納得いくものにしっかり投資した方が長く愛せます。

MacBook Airの13インチを使ってますが、MacBookに乗り換えようか検討中。

 

4.カメラ

一眼レフでも、ミラーレスでも、GoProでも使いやすいものを選びましょう。

「別にスマホで十分!」って人はもちろんそれでもOK。

 

5.SDカード

基本的にパソコンの中にデータを保管していくことはおすすめしません。

容量食うし動作が重くなったりするので、作業中はSDカードを差し込みながらデータはそこに出し入れしています。

仕事がひと段落したら、クラウド保管とHDD保管とダブルでバックアップをとっておけば安心です。

ゆーすけ

ここに全てを保管するわけではないのでそこまで大きな容量でなくても大丈夫です。ぼくは32GB

 

6.ポケットWi-Fi

日本はぶっちぎりでWi-Fiが充実していない国なので、未だにWi-Fiのないカフェも多いですね。

固定費が安く、速度制限のかからないBroadWiMAXがおすすめです。

業界最安値の2,726円で無制限に使用ができ、しかも2年目以降もプランの値上がりもしません。

最短即日出荷なので今すぐ使える、長く使えるノマドワーカーに嬉しいポケットWi-Fiですね。

7.充電器

パソコンやスマホなど、これまで紹介した電子機器類の充電は必須です。

 

8.モバイルバッテリー

外出先でスマホの充電が必要になった時のためにモバイルバッテリーも用意しましょう。

ANKERのモバイルバッテリーを愛用する人が多いですが、その中でもぼくはFusion5000というタイプを愛用しています。

 

9.スピーカー

ホテルの部屋などで好きな音楽をいい音で聴くためにスピーカーを持ち歩いています。

ゆーすけ

PCの中には大好きなケツメイシの曲全部入っています

 

10.イヤホン

カフェやコワーキングスペースなど周囲に人がいる場合に音楽を聴いたり動画を編集したりする場合には必須です。

またスカイプなどを活用してミーティングをする際も、相手の声が漏れないので安心です。

ぼくは基本的にBOSE信者なので、Amazonのサイバーマンデーでお得に手に入れたこいつを使っています。

 

11.変換プラグ

国によってはコンセントの形状が異なって使えない場合があるので、世界基準の変換コネクタを持っておけばどこでも行けます。

 

12.財布

キャッシュレス化が進んでもまだ手放せない現実。

ポケットに入るコンパクトなサイズで、手ぶらで外出するときにも対応しています。

今同じ形のこれを狙っています。

 

13.パスポート

世界最強との呼び声も高いパスポートは、海外へ行く際はもちろん大切な身分証明にもなります。

無印良品のパスポートケースにカード類や重要書類などと一緒に保管しています。

 

14.ペン

思いついたアイディアを書き留めたり、タスクを書き出したりするのに使います。

スマホにもいろんなメモアプリがありますが、やはり字を書く方が脳が冴える感覚があるのでぼくはアナログ派です。

ジェットストリームは書き心地滑らかで疲れにくいのでずっと書けます。

 

15.メモ帳

自分の生活を豊かにするためのアイディアを書き留めるメモ帳なので、ぼくは持っているだけでテンションが上がるものを選びます。

学生時代に一目惚れしたオレンジ色のニクいやつ、RHODIAを今も愛用中です。

 

16.衣類

最低限の数の衣類が必要になります。

生活する国や地域の気候に合わせて選びたいですが、荷物の中で一番かさばるので慎重に選びたいですね。

 

17.トラベルポーチ

歯ブラシやシャンプー類などの日用品をまとめたもの。

mont-bellのトラベルポーチを長いこと愛用していますが、軽いし丈夫だし、見た目以上に大容量だし言うことなしです。

 

18.バックハンガー

床が汚い場所に大切なカバンは置けないので、リュックのポケットに忍ばせておきましょう。

100均で売っているような耐久性強めなS字フックでも代用可能。

 

19.リュック

リュックひとつに荷物をまとめてサクッと旅に出ましょう。

ぼくは、シンプルな作りで頑丈で大容量なGREGORYのDay&Halfを愛用中。

なんだかんだ詰め込んだら重たくなるので、見た目のデザインよりも「背負っていて疲れにくいもの」を選んだらGREGORY以外にはありませんでした。

 

20.ボディバッグ

サブバッグとしてボディバッグがあると、パソコンや着替えなど大きい目の荷物を持たずに外出するときに便利です。

ぼくはこちらもGREGORYのテールメイトを愛用しています。一眼レフも入ります。

 

ノマドワーカーの持ち物20個以上の補足

「海外で移動しながら」という条件で生活を続けていくと、もうちょいあったので追記しています。

 

21. 珪藻土スティック

嫌な湿気やニオイを吸収してくれる珪藻土スティック。

1日はいた靴の中に入れておけば、嫌なニオイが残りにくく雑菌の繁殖も抑えられます。

 

22. スクラバウォッシュ

宿泊先でチャチャっと衣類が洗える携帯洗濯機。

ランドリーに出すまでもないアイテムはホテルで簡単に洗えます。

 

デジタルノマドの持ち物まとめ

デジタルノマドの実践に必要なアイテムをまとめました。

本当にこれだけそろえたら、時間や場所に制限を受けずに仕事ができるようになります。

日本にいてもいいし、海外のカフェにいてもいいし、ビーチやプールでトロピカルジュース飲みながらでも仕事ができます。

 

特に世界中を飛びまわろうと思ったらLCCなどの活用も増えると思いますので、なるべく荷物はコンパクトで軽量化できると自分自身の負担も減って楽ですね。

この辺は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

そんな感じで。

また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。