BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる

北川勇介をフォローする

FREELANCE

フリーランス生活2年目へ!1年を振り返っての本音と心の叫び

投稿日:

2018年になり、今日から個人事業主2年目を迎えました。

 

暑い国で迎えた新年は日本のそれとは異なり、年末年始の感じがほとんどありません。

 

カンボジアに年末年始感がないというより、自分自身の心の状態がそう感じさせる要因なのかなとかも思ってみたり。

 

2017年最後のシェムリアップ市内では、所々で渋滞が起こり、いつもより溢れかえった人が街を歩き、花火が上がっていたくらいなので、やはり年末年始の特別感がない訳ではないのです。

 

自分が勝手にそう思っているだけ。

 

だけど、そんな街の中を同じように歩けば、いつもの街がいつもと違って見えて少し心がざわついている。

 

そんな感覚になりました。

 

今年は、大きなビッグプロジェクトを2本動かして行く年。

 

▼その一つはこちら

やれない理由を探すのはもうやめた。好きな国で好きなことを!カンボジアで野球プロジェクト

教員という仕事を離れた後、カンボジアと関わるようになってから、よく言われていたことがありました。   「カンボジアで野球やらないの?」   カンボジアではサッカーやバレーボールが主 ...

続きを見る

 

そんな大切な年の年初めだから、具体的にいろいろ動き出す前に、思考の整理をしておこうと思います。

 

今回は、去年1年間で感じたことを、ありのままに書き綴りました。

 

闇雲に走り抜けてきたフリーランスの心の声と叫びとは?





1年間過ごしてきて感じたこと

昨年1年間を過ごして来て感じることは、フリーランスなんてかっこいいのは名前や響きだけで、本当に地味で泥臭いことばかりをして来たなっていうのが率直な感想です。

 

現実が思っていた以上にしんどかったことです。

 

これからフリーランスで生きていこうと思う人には、しっかり伝えておきたい。

 

フリーランスは、決して楽ではない。

 

ただ、フリーランスとしての未来を悲観しているのではなく、それはどう言った意味で「楽」ではないのか?

 

その辺を詳しく話しておこうと思います。

 

好きを仕事にできているか?

ぼくがしんどいと感じたのは、自分に課す仕事を自分で選び自分で決めること。

 

自分で引き受けた仕事なのに、それは自分がやりたい仕事じゃなかったことがほとんど、ということです。

 

報酬とか優遇とかそういう見た目のわかりやすい部分ではなく、自分がその仕事に一生懸命になれているか?という自問に対する自答は心からのYesは少なかったんです。

 

まだまだ、好きなことで仕事をするという能力はぼくには低かったなと。

 

飯食うためにいろいろやっている感がありました。

 

それが余計に悔しかった。

 

自分でなんでもやろうとする無駄に気付いた

何でもかんでも自分一人の力でやろうとしてしまう性分なぼく。

 

昨年1年間は、日本からいろんなチームメンバーが助けてくれて何とか回せた仕事もありました。

 

それなのに、なぜか自分の実働が減らないという謎の現象も起こり。

 

フリーランスとして感じていた「しんどい」という気持ちは、決して忙しいとか繁盛しているとかではなくて、自分自身の働き方に本当に無駄があったのだと気付きました。

 

自分がやれることならとにかく自分で動いてしまう。

 

もちろん、動くことは何をやる上でも大切です。

 

ですが、昨年のぼくは動き方を間違えたからこそ自分の首を絞めるような結果になっていたんです。

 

無駄な動きに気付けなかった。

 

その無駄を違うことへ時間も労力も注げたら・・・。

 

そう気付くこともできたから、2018年は時間の使い方への意識を強く持って動きます。

1日3時間だけ働くライフワークバランスの先に描く10年後の未来

フリーランスになってからずっと頭の片隅で目標にしてきた「1日3時間だけ働く」というライフワークバランス。   まだ完璧な実現はできていないのですが、最近は少しずつその理想を叶えるヒントを掴み ...

続きを見る

 

まとめ

好きなことして生きてきたつもりが、自分の生活を守ることに必死になりすぎた2017年。

 

そりゃしんどいはずだわ。と反省しています。

 

2018年からは、本当に好きなことを仕事に直結させていきたいです。

 

そのためにも、生きる根っこはもっと強く、太いものにしておく必要があるので、社会の荒波の中でも生き残ることができる最強の個人である必要があります。

 

この辺についてはまた別で書きますが、とにかく自分の好きで生き残るために必要なことを徹底して考えて、あとは一つずつ実践して行く。

 

それだけだと思います。

 

自分の人生を思い通りに切り拓くってこと。

 

フリーランスってしんどい。

 

だけど、これ以上ない楽しい生き方でもある。

 

2年目で意識したい働き方はこちらでも

・「センスや才能がない」とか言う前に凡人に足りていないのは考える量と動く量

・1日3時間だけ働くライフワークバランスの先に描く10年後の未来

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



教育現場へ生きた教材をお届け

merumaganew

Skypeを活用した通信授業「LIVE」をリリースしました。

サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-FREELANCE

Copyright© BORDERLESS-ローカルに暮らす、ソーシャルに生きる , 2018 AllRights Reserved.