元高校教師がカンボジアに小学校建ててライターとカフェやってます

【2016.3.11】ともしびプロジェクト〜被災地に希望の光を灯し続けよう〜

2016年3月11日で東日本大震災から5年。

 

震災後、すぐさま現地へ赴き、組織でも団体でもなくたった1人で残り続けた人がいる。

 

気仙沼で今も活動を続ける杉浦恵一(株式会社 今 代表)が主宰するともしびプロジェクト。

 

けいいちの依頼を受けてこちらカンボジアでもキャンドルを灯すスペースを用意します。

 

今のところ

 

The City Premium Guest House

OHANA

の二ヶ所で3月11日19時(現地時間)からキャンドルを灯します。

 

テーマはともしびプロジェクトが掲げる「忘れないをカタチに」と合わせて、海外からの参加ということで「離れていても忘れない日本」をテーマにキャンドルに火を灯します。

 

当日、カンボジア・シェムリアップにいらっしゃる方、是非ともご参加ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。