ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

サラリーマンや公務員ほど稼ぎを気にする前に毎月の固定費を気にした方がいい

投稿日:2018年7月15日 更新日:

『フリーランスになって稼げますか?』

『うまくいかないとか不安はないのですか?』

フリーランスに興味ある人から、このような質問をもらうことがあるのでまとめておこうと思います。

 

稼ぎを気にする前にまずやるべきことは、毎月の固定費の見直しだと思います。

ぶっちゃけ、稼げるかどうかの前に毎月自分にはいくらかかっているのか?を把握していない人が多いです。

これはフリーランスだけでなくて、サラリーマンや公務員も考えてみるべき項目です。

 

この記事を書いてるぼくの毎月の固定費(家賃、光熱費、通信費)は2万円以下です。

つまり、2万円あれば家があってライフラインがあってネットが使えます。

 

また、もしも今手取り20万円の人がいたとして、月の固定費が15万円かかっているとしたら。

ぼくが月20万円稼いだ時点で、毎月自由に使える差額は13万円あることになります。

年間にして156万円の差。大きいですよね?

 

もうお気付きの方多いと思いますが、固定費のロスを見直すということは稼ぎが増えることと同じととらえることができるのです。





稼ぐことより使うことはすぐできる

稼ぐことよりも使うことはすぐできると思います。

そのすぐ使うお金を、すぐ見直せば、すぐにロスが防げます。

即効性があります。

 

一方で稼ぐという行為の多くは即金性がなく、働いても給料や報酬をもらえるまでにタイムラグがあります。

今働いている収益が入金されるまでに、次回の支払いのロスを防ぐことができるのです。

 

すぐ見直すことができる毎月の固定費

特に早急に見直すべき項目としては

  • 家賃
  • 通信費

の二点だと思っていて。

 

ぼくの場合の内訳はこんな感じ。

  • 家賃11,000円
  • スマホ(日本)1,700円
  • スマホ(カンボジア(880円)

※$1=110円で計算した場合

これに光熱費や日本に帰ったら契約するポケットWi-Fi2,726円(BroadWiMAXを利用)を足しても二万円以下です。

ちなみに、BroadWiMAXは2年縛りもないし、通信速度も高速なので最強Wi-Fiと言えます。

家賃

特に日本の場合、いつ、どんな災害が起こり、自分自身が巻き込まれるかもわからない国で、ローンを組んでマイホームを購入したり、高額な家賃を毎月支払うことは自滅行為だとも思っています。

 

そして、そんな万が一のために備えて毎月加入する保険も。

かけるべき保険はもっと別のところにあるのでは?と感じるのが、ぼくの正直な意見です。

 

通信費

スマホの基本料金や自宅のネット回線にとんでもない金額を支払っていませんか?

SIMロックのかかった三大キャリアで、毎月1万円近い基本使用料払っている時点でもうめちゃくちゃ損しています。

 

自宅のインターネットだって、ポケットWi-Fiでいいくらいです。

そして、2年縛りがないとか機種代のかかわないものも続々と出ています。

 

まとめ

固定費を削ることができれば、稼ぎを増やさなくても自由に使えるお金が増えます。

ロスを削ることはプラスを生み出したことと同じです。

 

もし月々2万円のロスを防ぐことができたら、年間で24万円。

ほしかったブランドものも買えるし、海外旅行にだっていけます。

 

サラリーマンや公務員が月収2万円あげるって簡単なことではないですよね?

稼ぎを気にする前に、あなたが生きていくために必要な固定費を見直してみてはいかがでしょうか?

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-LIFESTYLE

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.