セミリタイアした草野球選手の日常ブログ「ポテンヒット」

宮古島二泊三日

宮古島へ行った時の旅行記です。

宮古島1日目

今回の旅は中部国際空港から。今後活動の起点となってくれることでしょう。

スマートに自動チェックインをしました。

ANAの上級会員を目指したい、と思いました。

機内。3席が2列。

プレミアムクラス以外は機内食でないよとの情報を得ていましたので、搭乗前にお弁当を手配。

切れてて食べやすい。飛行機とか新幹線で食べるお弁当って余計においしく感じるよね。

名古屋から宮古島まではおよそ3時間のフライト。折りたためるトラベルピローを持ってきていたので、お弁当を食べたら寝ようと思っていたのですが、後ろの席のおばさんがずっと喋っていてうるさい。

まあしゃべるのは自由なんですけど「〇〇さんの家は息子さんが不倫して離婚しちゃったんだって」とか「△△さんちは嫁が全然子供の面倒見ない」とか、固有名詞出まくりであんまりそういうこと外では話さない方がいいんじゃないですかって内容ばかりで疲れた。

ただこういった周囲のノイズをかき消すために、ぼくはBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンQC45を持ってきたので無問題。トラベルピローと併用するとちょっとフィット感が薄れるのでうまい使い方を模索中。

で、気づいたら島は目の前でした。ちなみにヘッドフォン外したらまだ後ろのおばちゃんたちは喋っています。寝る時以外ずっと喋っているタイプの人なんだと思う。

到着しました。宮古空港にいたシーサーかっこよすぎん?

空港着いてからカウンターでレンタカー手配すれば余裕と思っていたら全然空いていませんでした。

で、ようやく1台確保できて空港まで迎えにきてもらいました。みんな、宮古島でレンタカーを使いたい場合はフジレンタカーで予約しよう。

ピンクのラパンに乗り換えて出発。ちなみにこのラパンちゃん、3日間借りてもろもろ込みで6,600円です。安すぎていろいろ心配になるレベル。

ホテルは「アトールエメラルド宮古島」というところ。海が見えて、3階にスカイプール(写真左下で見切れている)があってどっちも楽しめそうと思ったのですが…

こういうことは予約前に知れる仕組みになっているといいですね。

ちなみにこの日は誕生日の数日後だったんですが、出発前に友人の将太がamazonギフト券を10枚くれました。

将太「ちなみにそれ、見た目がいいだけで中身全部100円だから」
ぼく「チャージする手間!!!」

みたいなやりとりがあったのですが、1枚1,000円でした。優しい。これは全て将太と2人でやっている仕事のために必要なAdobe CC1年分が安くなっていたので前倒しで課金しました。

amazonのAdobe CC購入画面

ぼくがAmazonギフト券をチャージしている間に彼女がいろいろと下調べをしてくれて、とりあえずアイスを食べましょうってことになったのでホテルから一番近いブルーシールへ。紅芋ソフトうまい。シークワーサーシャーベットはさっぱりしていていい。

アイスクリーム屋の目の前にあったウィークリーマンション。しかもペット可なので、日本に住み出したら大五郎くんも連れてみんなで1ヶ月くらい滞在したい。

アイスを食べた後は伊良部島へ。伊良部大橋は無料で渡れる橋の中で日本最長らしい。写真で伝えられないのが残念ですが、脇見運転しても仕方がないほどの絶景でした。

牧山展望台。なんだこの作りは?って思ったのですが、正面から見るとこうなっているらしい。

普通の人はこの角度でこの展望台を見れないため、展望台にあった掲示板の写真を撮りました。

展望台からの眺め。来てよかったと思いました。この景色を見ると、ぼくみたいな人間ですら「この綺麗な海を守るために一人一人ができることをやらないと…」という気持ちになります。

展望台からの帰り道。

ヤマトブー大岩。どのくらい大岩かというと、

このくらい。iPhone13Proの広角レンズを用いても全部画角に収めるの大変だった。

ここの水を見ているといろいろ洗われる気持ちになります。みんなで眺めたら犯罪が減ると思う。

宮古島にはなんと空港が二つ。ぼくらが降り立った宮古空港と、伊良部島にあるみやこ下地島空港。どこに行けるんだろって調べたら、成田・羽田・神戸・那覇。そして国際線もあって香港へ行けます。(現在はコロナの影響で運休中)

陽もいい感じに沈んできました。ざわわな景色。ぼくらが目指している場所はこの下地島空港近くにあります。

こんな感じの道を歩いて抜けると

通り池と呼ばれる場所。なんだか吸い込まれそうでした。石灰岩の侵食で形成されたすり鉢状の窪地に海水が満たされた池らしい。夕暮れ時に行ったので写真の色味が微妙ですが、海につながる洞窟もあったりして絶好のダイビングスポットになっているらしい。

そんな感じで1日目の観光が終わり、ホテルに車を置いて晩御飯へ。この日は宮古島に来たら絶対初日の夜にいくぞ!と決めていたお店「まずがーと食堂」へ。ここの店主の根間さんは大学時代にお世話になった大人の1人。再会できてよかったです。

観光客が歩くような通りからは外れていますが、ここは地元の人で賑わう暖かいお店でした。味付けもお酒が進むいい塩梅。ぜひ行ってみてください。

根間さんのお店ですっかり飲みすぎたので、帰り道のコンビニで琉球酒豪伝説をキメて

スナック街で記念撮影をして

ホテルに帰ってオリオンビールで二次会をしました。

宮古島2日目

今回は朝食なしのプランで宿泊をしたので、自分で朝ご飯屋さんを見つけなくてはいけません。ホテルから徒歩圏内にある「菊栄食堂」で朝から宮古そばをいただきました。うまい。

今日はハレの日。カンボジアで出会った友達の1人、くるみの結婚式です。スーツじゃなくてもいいですよと言われたのですが、スーツ以外にわきまえた格好を持っていなかったのでスーツにしました。

これまたカンボジアで出会った友達である勇太や修一の結婚式用に、3年前に買ったネクタイをようやく使えて嬉しい。コロナ禍で結婚式を諦めたり何度も延期した人もいると思いますが、今後の人生で楽しい思い出を取り返していきましょう。

挙式はシギラリゾートの奏の教会というところにて。

教会はこじんまりとしているのですが、海が見えて明るくていい感じ。くるみと一緒にカンボジアの小学校建設に来てくれた那月やしほにも会えたり、くるみのお母さんにも久しぶりに会えたり、くるみの幼馴染のひかりちゃんはくるみが登場して3秒で号泣しており、完全にいい日でした。くるみのお姉ちゃんに至っては初めましてだったのですが顔がそっくりすぎて、全世界兄弟姉妹神経衰弱とかあったら一発で見つけられると思う。

挙式中は一切の撮影が禁止で、挙式終了後に再度新郎新婦が入場して記念写真が撮れるスタイル。スマホ一台でゼクシイの表紙みたいな写真を撮れる荒木プロにいろいろお願いしました。

その後、みんなでビーチに移動してここでも記念撮影。この日は朝からあいにくの土砂降りだったのですが、会場着いてしばらくしたら小雨になり、挙式が開始したら雨が上がり、記念撮影の時には少し空が明るくなっていました。なんて日だ!

そんな感じでお開き。この後は家族のみで食事会とのことでしたので、友人の我々は一旦解散して夜の最集合まで宮古島観光へ出かけます。

結婚式なのでいいご飯を食べましょう。宮古牛ステーキが味わえるお店で6,000円のランチをしました。大満足。

食後はヤギミルクのソフトクリームが食べられるツンフグ牧場へ。濃厚でうまい。

狙っていた琉球グラスのお店があったのですが、前日行ったら閉店して10分後。しかも翌日が定休日となってしまいました。

なので橋を渡って来間島へ。

竜宮城展望台から海を見たり

彼女が見つけてくれた雑貨屋さん巡りなどをしました。

ソフトクリーム屋さんを目指している時に目に入った「畑の中のジュース屋さん農家の手作りマンゴー100%ジュース」という言葉に惹かれて、帰り道に立ち寄り。650円のマンゴージュースを飲みました。普通にうまいんですが、普段マンゴーがおいしい国に住んでいるので味わいに対して感動が薄かったです。お中元とかに箱でもらいたい。

夜が本番なので一度ホテルへ帰って昼寝。起きたらいい感じの夕日でした。

夜の部は「宮古島三線ライブ居酒屋 美ら島」というお店をくるみ夫婦が抑えてくれてありました。名前通り、ライブ演奏が行われるお店。店内は大繁盛。

もずくのてんぷらうまい。

ジーマミー豆腐。ずっと食べてたい。

アグー豚の餃子。ビール泥棒。シラフで食べたら白米泥棒に化ける。

この両脇の2人、出落ちみたいな見た目ですがとんでもない。歌もうまいし盛り上げ方も上手。この日は誕生日お客さんがいたらしく、サプライズで歌とケーキのプレゼントがありました。

一緒に飲んでいたしほに「こっちも新婚の2人がいるからお願いしてこい」って無茶振りしたら、「そうですよね」と言って駆け出して、ちゃんと話をつけてきました。えらい。お前みたいな人間は絶対どこ行っても大丈夫。

ということでお店の方が急遽用意してくれたメッセージプレート。新郎新婦にはハブ酒の一気飲みが贈呈されました。急な要望にお答えいただきありがとうございました。

おいしい楽しいいいお店でした。

二次会。全然それっぽい写真がないのですが、途中くるみと一緒に写真を撮りました。

妹みたいな存在のくるみに「お兄ちゃん、これからも…」みたいなセリフをもらいましたが全然覚えていません。幸せになってね。

3次会。カラオケパブ的な場所。楽しそうな写真がいっぱいありました。

解散。これいつ撮ったのって感じです。気づいたらホテルのベッドにいました。みんなちゃんと帰れたか心配です。

くるみの結婚式。割と直前まで来れるかわかりませんでしたが、来れて本当によかった。

宮古島3日目

猛烈二日酔い。

宮古島も最終日です。最後まで楽しんでいきましょう。ということで砂山ビーチにやってきました。

二日酔いに炎天下はキツイ。

なんて気持ちも一瞬で吹き飛ぶほどキレイな海でした。

iPhoneでテキトーにシャッター切ってもこの色味。すごい。

スタートが遅いのでビーチをウロウロしていたらもう昼です。Googleマップで見つけたおいしそうなお店へ向かいました。

お肉と麺がそれぞれ2種類選べる宮古そばのお店「にいまそば」。劇的に美味くて食べた直後に「また食べたい」と思う名店です。

今日も橋を越えます。俺の腕越しの海の色を見てくれ。

ここは池間大橋。3日間で一番キレイに見えた場所かもしれない。

次は宮古島の海をもっと堪能しに来たい。

島の駅みやこでお土産を買ったりしました。島らっきょとかもずくとか宮古そばの生麺とか売っていて楽しい。お土産品以外にもいろんな生鮮食品があって時間が足りませんでした。

宮古島滞在中は1日1アイスがノルマだと語っていた彼女に従って今日もアイスを食べます。雪塩ソフトにマンゴーが隠れているやつ。

ぼくは宮古島サイダーソフトにしてみました。懐かしい味わい。

レンタカーにガソリン満タンにして返して、空港まで送ってもらいました。ちなみにレンタカー返却の際にガソリンが満タンかとか傷つけてないかなどのチェックはありませんでした。

さらに余談としてガソリンスタンドで決済しようとしたら財布がなくて死ぬほど焦ったのですが、いつの間にかポケットからすり抜けて後部座席に落ちていました。誕生日に買ってもらったやつなのでいろんな汗が出ました。今となっては全部思い出。

宮古空港。プライオリティパスで入れるラウンジがあるわけでもないので暇です。

昨夜の飲み会で肝臓が9999のダメージを受けているのですが、ANAのコンソメスープを飲んだら30ほど回復しました。うまいよねこれ。

窓の外もいい感じに焼けてきました。てか宮古島って沖縄の延長くらいで行けると思っていたのですが、名古屋から3時間くらいかかるんですね。ほぼ台湾。このまま台湾旅行したくなりました。機内Wi-Fiが飛んでたので格安航空券のSurpriceのセール情報を検索したりするなどしました。

そんな感じで名古屋に戻ってきて二泊三日の宮古島旅行も無事終了。

セントレアから将太の家に向かう電車の中で、不動産屋さんから賃貸の審査が無事におりた連絡もあって歓喜。今後は名古屋市民としてセントレアにはさらにお世話になることでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です