無駄な広告費はかけないでネットと口コミで広がっていくために必要なこと

もともと広告費をかけることに対してすごく抵抗のあったぼくですが、最近は広告を使っても使わなくてもどちらでもいいやってことに気がついて来ました。

というよりも、広告を利用しようがしまいが、もっとその大前提として大切なことがあるのだと再度認識をした、と言った方が正しいです。

広告費用をかければ、もちろん認知度や集客率には繋がるとは思います。

ですが、少し工夫をすれば自分でできることにお金を使うくらいなら、もっと他の部分でそのお金を落とした方がより良い商品の開発やスタッフのモチベーションに繋がるのだとも感じます。

長年読んでくれている方はお気づきかもしれませんが、このブログで発信する方法も少し変えてみました。

それによってアクセス数が約2.5倍、ブログ収益は3倍近くまで伸びました。

何かを活用するよりも、少し工夫しただけです。

実験がうまくいったこともあって、今回得られた成果によって次にやりたいことも進めやすくなりました。

前置き長くなりましたが、今回はネットを上手に活用して口コミで広げて行く方法についてまとめておこうと思います。

集客のためにお金をかける場所を考える

別記事でも書いていますが、超情報化社会によるグローバルな時代を生きているぼくらにとって、仕事をする上でもインターネットを活用するということがとても当たり前になって来ました。

関連記事:情報収集と他者依存を間違えて情報化社会の並みに飲み込まれてしまう前に

インターネットがなければ、このブログを書くこともできず、それによって生み出されるぼくの「食い扶持」も0でした。インターネット様様です。

ましてや、インターネットを活用して使える「無料のツール」がたくさんあって、以前にもましてお金をかけずにビジネスを告知することが容易になっています。

ただし、無料のサービスには無料の理由があり、ぼく自身も無料で使えるSNSに関してはそこまで重きを置いてません。

本当の拡散力はもっと別であると思っているので、フリーのSNSを活用する理由はあくまで「拡散の大一波」を生み出すためだけです。

関連記事:SNSを活用したビジネスの落とし穴

知りたい情報はどこにあるのか

何かを調べたり知りたい情報はどこから得ていますか?

このような時代だからこそネットを活用して、様々な情報に触れることが可能になりました。

きっと、多くの人が親指一つで知りたい情報にたどり着けているはずです。

「スマホ」という道具を持っているのなら。

つまり、人が知りたいと思う情報の多くは「ネット上」にあるということです。

これを意識すれば、自分が提供したい情報のある場所へ人を誘導するだけで集客は成立します。

出口を見せることで人はイメージしやすくなる

先の見えない洞窟を歩いている時に、もし通りすがりの人が「この道へ行きなさい」と言ったら、あなたは信じることができますか?

信じるためにはいくつかの要素があると思います。

その人の仕草や服装、言葉使いもその一つかもしれませんが、一番重要なのは「相手に出口をイメージさせているか?」だとぼくは考えています。

「この道をまっぐ行けば洞窟から出られるよ」

と伝えるか

「この先に大きな十字路があって、左はすごく細い道、右はとても大きな道になっている。正面に見える道は草木が生い茂っていてとても人が通った形跡はないけど、その茂みを200mほど歩いたら出口が見える。」

と伝えるか。

どちらが信じやすいですか?

それでも信じないという人も、もちろんいるとは思います。

ですが、情報配信ってそういうことだと思うのです。

そして、本当に洞窟からでることができれば、その情報は同じように迷う人に伝えたくなりますよね?

それが口コミ力です。

口コミは最大の広告効果を誇る武器に変わります。

まとめ:言葉で人は動かない

「こんなことやっています」だけでは人は動いてくれません。価値のあることは言葉にできる。

ぼくはこれを常に念頭に置くようになってから、発信の仕方が変わりました。

言葉にできないことは価値がないか、自分のコミュニケーション能力の不足だと考えています。

深夜の通販で紹介される商品が無性に買いたくなってしまうのは、価値を言葉にできていて、その価値を伝えるコミュニケーションが適切だからだということ。(本当に価値があるかどうかは別としても、売れてるってことはそういうこと)

最近ではカンボジアでぼくに会おうとしてくれている人が、待ち合わせ場所をFelice Coffeeにしてくれる人もチラホラ出てきました。

カンボジアにいること、カンボジアでカフェを経営していること、そのカフェがどこにあるのかが確実に認知されているんだなって自信にもなっています。

伝え方と伝える中身を少し考えるだけで、同じことを言っているはずが全く違う成果になるのだということ。

詳しく知りたい方向けの対面もしくはスカイプ相談等もやっていますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

yusuke.worldview[a]gmail.com

※[a]を@に変えてくださいね。

追記(実験中)

現在、無料の写真投稿サイトInstagramを使用した、ビジネスとしてのSNS活用方法についての実験を始めました。

関連記事:カンボジアのカフェを路上から世界へ通じるお店へ

関連記事の方へは、実験の様子を随時書き足していこうと思いますので、興味ある方はぜひ実験の様子を見守ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。