ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外生活のこと、働くこと、カラダのこと、旅のこと、好きなこと全部

北川勇介をフォローする

LIFESTYLE

妻の地元へ行ってきました。二泊三日の西日本旅行記(3)

投稿日:

最終話です。笑

10月の三連休を活用して出かけた家族旅行、西日本旅行記。

 

さら〜っと流しで書くつもりが、まさかの1話では長くなりすぎて3話連続になるとは。

どこに需要があるのかわかりませんが、頑張って書いています。

 

そして3話まで読んでいる人は、間違いなくレアです。マニアックすぎます。

3話から出会った人のために、一応、一応前2話のリンク載せときますね。
[blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/nishinihon-travel/”] [blogcard url=”https://yusukekitagawa.com/nishinihon-travel2/”]





姪っ子の待つ滋賀県へ

先月まで、妹は第二子出産の関係で実家に里帰りしていた。

 

なので、実家に顔を出せば姪っ子にも簡単に会えたのに最近はそうもいかない。

 

ってことで帰り道だし、新居も見たいし、何より姪っ子と遊びたいので行って来た。

_ysk5403

あ〜かわいいな〜。

_ysk5411

2人目はよく眠ってよく泣く。

 

僕が抱くと泣き止む率高めでなんかちょっと嬉しい。笑

 

滋賀県の竜王アウトレットへ

show

名前からして強そうな三井グループのアウトレット、竜王へ。

 

人数も多いのでフードコートの席を確保するのももはや戦争。

 

妹が普段二人の面倒見ているのは大変だろうってことで、僕らは眠る2人目の姪をベビーカーごと預かり、妹を若干解放する作戦に。

 

どうせ1人目は、うちの両親が甘やかすので。(シルバニアファミリーセット買ってたし)

 

そうして僕らは2人目の姪を連れて買い物に出かけた。

 

目を覚まさないことを願いながら。

 

子連れで来る場所じゃない!!

わかっちゃいたけど、子連れで人ごみに来てはいけない。

 

ましてやベビーカーのような普段使い慣れていないアイテムを持ちながら。

 

僕は将来子供が生まれたらこれがいいと思った。

[amazonjs asin=”B014EC5XCO” locale=”JP” title=”OSPREY(オスプレー) ポコAG  ブラック”]

数年後に、妻が子ども産んでくれた時には、どなたかお祝いでこれください。お願いします。

 

見たいものが見られない、行きたい場所に行けない、思った通りに歩けない。

 

こうやって、いろんな試練を乗り越えながらみんな親として頑張ってんだって思ったら、世界中のパパママに僕は尊敬の念を抱きました。

 

幸いなことに、買い物中目を覚まさずに眠っていてくれたのでセーフでしたが、これでガン泣きされたり、駄々こねて歩かないとか、うんこ漏らしたとか、もう軽いテロが毎日続くんだなって思いました。言い方悪いけど。

 

世の中のお父さん、お母さん。

 

毎日お疲れ様です。そして、ありがとうございます。

 

しんどいだけじゃやめられないこと

「あんたら育てるのに、何回嫌になって止めたくなったと思ってんの?自分がしんどいってだけで勝手に責任も果たさずにやめるんじゃないよ」

 

昔、親にそう言われたような記憶があります。

 

親ってすごいんす。

 

子育てってとんでもないことなんす。

 

やめたいとか、しんどいとか、そんな基準だけで動けることじゃないから。

 

ママゴトじゃない。

 

命を授かる、命を育むってそういうこと。

 

もしかしたら、その命を守るために、僕らは人生の中で違う何かを失うことになるのかもしれない。

 

でも、その覚悟がなかったらとてもできないこと。

 

人と関わるってやっぱそれくらい覚悟のいることなんだ。

 

パパになった大学時代の友人が、以前こう言っていた。

 

「父親になると何が何でも嫁さん子ども守らなくちゃいけないから、腕は太くなる。ポパイくらい。でも、その分足は奪われるよ。どこにも行けない。でもそれでいい。家族が近くにいたら。」

 

さらっとすごいこと言ったな〜って思ってた。

 

みんなそうやって少しずつ大人に、親になっていくんだな〜。

 

愛知で1人降りる

img_7887

姪っ子たちと別れて静岡へ帰る途中、僕だけ愛知県で車を降りた。

 

カンボジアのブラザーの勇太と会うために。

 

たまたまこの日は、勇太たち「おくりものや」のメンバーが、日頃お世話になっている人たちを呼んで活動報告会を行なっている日だった。

 

参加予定はなかったんだけど、早く終わったことで僕も勇太の話を聞くことができたし、なんか話が勝手に広がってラジオ出演のオファーまでもらった。

 

それから「自由王照平さん」って人にメッセージを書いてもらった。

_ysk5521

こういうの初めて書いてもらって照れるけど、実はこれ勇太が仕込んでくれたプレゼントだった。

img_7897

おくりものやの勇太にはいくつ贈り物をしようとしても、必ずそれ以上に返して来る。

 

腹たつくらい人想いな勇太にはかなわねえ!

 

この後、トイレ建設でサポートしてくれたユウとユウトと4人で開校式に向けた打ち合わせもして来た。

 

打ち合わせの打ち上げは恒例のカラオケだったけど、昼間に聞いた自由王の歌唱力が半端なくて、

img_7885

自分のカラオケが宴会芸にもならないくらいしょっぼいものに思えたんだけど、そんなことより大切な仲間と過ごす時間はやっぱり大切な時間だなって当たり前のことを思って、当たり前のことをこうして文章にしてみました。

 

そんなこんなで西日本旅行記も終了

ということでスケジュール満載の西日本旅行も無事に終了しました。

 

今週末から再びカンボジア。

 

妻の両親からいただいた山口の銘酒「獺祭」を楽しみにがんばろうと思います。

_ysk5414

 

追記

 

今回の旅行の撮影はいつものレンズではなく、あえてAF-S NIKKOR 50mm 1.8Gという標準単焦点レンズだけで挑みました。

僕の写真は右下にロゴが入っているものが一眼レフで撮影したものです。

 

日常を切り取るレンズとして、ふらっと出かけるのに丁度いい。そんなことも記事にしています。

カメラを持って出かけよう。散歩やお出かけにオススメのレンズ選び

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。 ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか? 前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。

RECOMMEND



-LIFESTYLE

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.