ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

CAMERA ワークスタイル

カメラを持って旅に出る。初心者おすすめの一眼レフレンズ。

更新日:

adult-1869280_640

ぼくは一眼レフユーザーなのですが、こだわりが極限に少ない写真家でもあります。

 

別記事でも書いていますが、カメラって別に旅に出るのに持って行かなくてもいいアイテムなんです。

関連記事:旅に出るのにカメラがなくても人を感動させる話

 

それをわざわざ持っていくってことは、写したいものが何か?を理解していなくては、自分にとって一眼レフが必要かどうかってわからないですよね?





例えば、サーフィンやクライミングを楽しみたいって人には、一眼レフよりもGoProやSONYのActionCamのようなアクティビティ向けな物や、防水機能のある高性能コンデジの方がオススメです。

 

そのような人たちに一眼レフの魅力を説いても理解されないし、持っていっても邪魔なだけです。

 

一眼レフを持っていかない理由

海外旅行に行くのに一眼レフ。

 

これ、地味に賛否両論分かれる議題です。

 

別にどっちでもいいし、持って行きたきゃ持っていけばいいだけなんですけどね、結論から言うと。

 

持っていかない理由はいくらでもあります。

 

  • こだわってない。
  • 重たい。
  • でかい。
  • 盗まれるかも。
  • レンズ交換がめんどくさい。
  • 精密機械すぎる。

関連記事:海外でカメラを使用する時の注意点

関連記事:一眼レフカメラ周辺機器の管理方法と持ち歩きについて

 

初心者でもオススメの一眼レフレンズ

それでも一眼レフを持っていきたい方で、特に初心者の方には単焦点レンズがいいと思います。

 

単焦点レンズをおすすめする理由

  • レンズの種類の中では割と小さいので持ち運びが楽。
  • 明るいレンズが多いので描写力がある。
  • 初心者でも背景がぼけた写真を撮りやすい。

 

デメリットとしては、ズーム機能がないので被写体に対して自分で距離を掴まないといけない。

 

ってことくらいでしょうか。

 

単焦点レンズに関してはこちらの記事でも書いてますので参考にしてみてください。


オススメの焦点距離はAPS-Cなら28mmか35mm、フルサイズなら35mmか50mmです。

 

APS-C機の35mmとフルサイズ機の50mmが標準になります。

 

視野が限られてくるので、少し引いて撮りたい場合はAPS-C機、フルサイズ機それぞれ28mmか35mmがいいかもしれません。

 

ちなみにぼくはフルサイズ機のD750を使っていますが、使用している単焦点レンズは50mmです。

 

50mmのレンズの魅力についても別記事で書いています。

 

何と言っても購入価格がぶっちぎりで安いというのが初心者にも嬉しいことですね。

 

レンズ選びは失敗したくないけど、価格そのものが何万円もするので慎重になります。

 

あと、ぼくは勝手にこの50mmの単焦点レンズを「散歩レンズ」と呼んでいます。

 

ふらっと出かける時に、苦にならない大きさと重さなので手軽なんです。

 

初めての一眼レフは何がいいの?って記事も書いています。Nikonですが。

 

どうせ買い足すならコスパがいいものから始めた方がいい

そうは言っても、いろんなレンズも持ちたくなったりもします。

 

ただ、なぜぼくが50mm(35mm)の単焦点レンズから始めることをお勧めするのかだけは話しておきます。

 

まず、さっきも書いたようにレンズの中でかなり価格帯が安い部類だからです。

 

初心者のレンズ選びには適した価格だと思います。

 

なので、買い足すことを前提に考えても負担の小さい出費になるはずです。

 

もう一つは、見たままの大きさで被写体が映るので、とても勉強になります。

 

ほぼ実物通り映る被写体の全体を抑えたいのか、それとも一部を切りたいのか。

 

自分が撮りたい写真ってどんなんだろうって考えるいいチャンスにもなります。

 

引いたり、ズームしたりする機能がない分、自分の足を使わないといけないので、被写体との距離感も勉強になりますし、後々レンズを買い足したり買い替えたりするのであれば、自分はどのくらいの焦点距離で撮ることが多いのかわかるはずです。

 

全体を捉えたければ広角のレンズを、遠くの被写体をズームで撮りたいなら望遠を選べば、次回お金をかけて買うレンズ選びにも迷いが出ません。

 

まとめ

カメラ初心者が旅に一眼レフを持っていくのなら・・・

 

単焦点の標準レンズ(もしくはやや広角)がオススメです。

APS-C機なら28mmか35mm、フルサイズ機なら35mmか50mm。

 

単焦点オススメの理由は

  • 手頃な価格帯
  • 持ち運びやすいコンパクトサイズ
  • 明るい
  • 背景がボケやすい
  • 焦点距離をつかむ勉強

以上です。

 

少しでも一眼レフに興味があるなら、一眼レフを持って旅に出たいなら、よそ見をせずにまず一つ決めた方がいいです。

 

どうせ全部はできないのだから。

 

自分が撮りたい写真ってどんなものか考えてみると必要なカメラも、必要なレンズもわかると思います。

 

 

メルマガやっています

最近、ブログには書ききれなかった話をメルマガで公開し始めました。

「ぼくが見る50mmのセカイ」

50mmのレンズって肉眼で見ている大きさとほぼ一緒ですよね。

なので、見たまんまありのままを表現するために配信始めました。

タイトルはカメラっぽいですが、カメラネタってわけじゃなくて、全体的に書ききれなかった情報を流していますので、興味があれば、読んでみてください。

もちろん無料です。

>>>メルマガ登録はこちらから。

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-CAMERA, ワークスタイル

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.