ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

WORLD INFO

○年で〇〇カ国旅した私が教える〜 みたいな記事には中身がないことが多い。

投稿日:

hands-600497_640

こんにちは。

 

ぐるっと世界一周することも、全大陸制覇も、何カ国行ったことあるかも全くもって興味ない男、北川勇介です。

 

でも、行きたい時に行きたい場所に行きたい人と行く、もしくは会いたい人に会いに行くことは好きです。

 





旅に関する記事やブログが多く存在していますが、結構多くの人が「○年で〇〇カ国旅した私が教える」みたいな書き出ししているものを見かけたことあるんじゃないでしょうか。

 

確かに、これから旅に出るために準備している人への投げかけとしては、非常にキャッチーかもしれませんが、自分でハードルを上げたタイトル以上の記事を書く自信ある人はどのくらいいるんでしょうか。

 

ただ「行ってきました〜」の延長みたいな記事。

 

いや、それはそれでいいんですけど。

 

教える〜って情報配信風に書いておきながら、ただの個人の偏った体験談だと見てがっかりすることはありますよねって話です。

 

人はギャップがあった方が食いつくと思うし、多少文が下手でも、そこまで特殊な情報でなくても、ギャップがあった方がおもしろく感じます。

 

ビリギャルとかいい例ですよね。

birigyaru

 

学年ビリ なのに 慶應。

 

こんな感じのギャップ。

 

「でもさぁ、あのモデルの子はもともと勉強ができてさ〜進学校の中のさ〜」

 

みたいなビリギャルの裏話をする気はありません。

 

タイトルの中身のギャップの話です。

 

「動けるデブ」

i4icc

とかね。

 

 

例えばだけど旅ネタで書くとしたら。

 

予算100万円で行く世界一周の旅

→世界一周のために300万貯金したのに1年で80万円しか使わなかった話

 

世界一周三年目に突入した僕の旅日記

→世界一周3年目、現在2カ国目突入。

 

パッと思いつきで書いただけなんで、あんまりおもしろいこと書けなくてなんですが、言ってることにそこまで差異はなくてもギャップあると思いませんか?

 

一体何があったんだ!

って思う気がします。

bbksanfcyaawoc0

○年で〇〇カ国って言っておいて、この程度の情報かよ!ってマイナスのギャップを引き出すくらいなら、あえて書かない方がいいんじゃないかって。

 

同じようにブログ書く身として思うわけです。

 

もちろん書いてもいいんですけど、自分で上げたハードルは人から見るともっと高いと思います。

 

主観と客観の違いと言いますか。

 

ブログにアクセス集めるだけなら「お、この人旅慣れしてそうだな、どれどれ・・・ポチっ」って思わせることできるかもしれないけど、読んでみておもしろくないと、またそのサイト見に来たいとは思わないですよね。

 

 

それよりも自分なりの感性を元に書いている人の旅ブログの方がウケる気がします。

 

だって旅先ってむちゃくちゃ感情揺さぶられるから。

 

「旅人はみなタイで沈没するけれど、興味ないので駆け足でスルーしてみたら。」みたいなタイトルとかどうですか、旅人のみなさん。

 

「お前はタイの楽しさを何もわかってない!!!!!バカアアァァァアアア!」

c4869e15

って言われるかもしれませんね。笑

 

「タイ最高〜」って言う旅人も多いので、共感を生むために同じような記事書くのもいいんですが。

 

あえてそうじゃなくて、人があまり思わないこと書いた方がリアリティありますよね。

 

もちろん嘘は書いたらいけないけど。

 

そうやって自分しか感じないようなリアルを元に、お得な情報とか気を付けるべきこととか書いた方が、説得力あるし、また見たくなる気がします。

situi

まとめサイトとかで拾ってきたような情報書くために旅の最中、わざわざ時間とってブログ書いたんかい!っていうことにならないように。

 

 

自分にしかないものがたり。

 

ぼくだったら、そっちの方が気になります。

 

もちろん、旅の期間や、訪問した国や地域の数と話の内容がとんでもなく突き抜けている旅のスペシャリストみたいな方達もたくさんいます。

 

ただ、期間や国の数だけで旅のキャリアなんて決まりっこないですよね。

 

行くことが目的になっている人は、そこに囚われているかもしれません。

 

ぼくの周りも

「いろんな人が行きすぎてウユニ塩湖に興味なくなった」

とか

「もはやピラミッドとか特別感ない」

とか言い出した人までいます。

 

そこに行くこと、そこで写真を撮ること、それをネット上にアップすることが身近になりすぎて、おもしろみを感じなくなる人まで出ています。笑

 

 

それよりも、自分がなぜそこに行きたいのか、何を見たいのか。

 

旅の目的ってそっちよりのはずなのに、行ったことでお腹いっぱいになって、消化不良な記事を書かないように気をつけたいと思います。

 

情報配信している一人として。

 

 

Facebookでも
情報公開中。

RECOMMEND



サイト運営者に関して

この記事に共感をいただけましたら、もう少しだけ北川勇介のこと知ってもらえませんか?
「はじめましての方に読んでいただきたい記事」を厳選してお届けします。
merumaganew







記事の前にお得情報!

下記リンクからホテル予約をすると、宿泊完了後に1,800円もらえます。

先着10名なので、国内外問わずホテル宿泊予定のある方は是非お早めにご活用ください。

https://www.booking.com/s/34_6/1f657427

-WORLD INFO

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.