Amazonのサイバーマンデーセールとギフト券のおかげでBOSEのイヤホンが半額で買えた

年末ですね。

みなさん、お財布の紐はちゃんと緩んでいますか?

何かと出費がかさむこの季節に、Amazonのセールがありましたね。

みなさん、ちゃんと爆買いしましたか?

ぼくはBOSEのイヤホンを買いました。半額で。

BOSEのイヤホン購入に至った経緯

単身で海外へ出歩くようになった2013年。

ぼくは経由地の仁川空港の免税店で、BOSEのイヤホンを購入した。

1人になる時間って脳内整理したり、1人作戦会議したりいろんなことができるんだけど、ぼくにとっては音楽も大事な友達なんです。

その国、その街の声を聞いて出かけるのも好きだけど。

大好きなケツメイシの音楽も、ぼくにとっては必要なエネルギー源になっています。

そんな大切な音楽をどうせならいい音で聴きたいと、違いもわからず購入したのがBOSEのイヤホンでした。

知っている人は知っていると思いますが、やっぱりいい値段します。

結構思い切って買いました。

そんな効果で思い入れのあるイヤホンがある日突然、ちぎれました。

無理矢理感のない重低音を響かせてくれて、そんな音も流れてたんだって音を拾ってくれて、何時間もつけていても耳が痛くならなかった、大切なイヤホンがある日いなくなってしまった。

そこからぼくのNO MUSIC LIFEが始まり、大好きな音楽を1人で聞く時間はしばらくなかったんだけど。

ただ、スカイプやらハングアウトやらでのミーティングは、どうしてもイヤホンが必要だったので、仕方なくAppleの純正のものを活用していました。

音声を拾うのには申し分ないし、マイク機能もついているからミーティングもしやすいんだけど、人間ってあれですね。

甘い蜜を吸ってしまうと、その蜜が忘れられなくなるというか。

いい音を聞いてしまうと、普通のものがしょぼく聞こえるというか。

怖い生き物です。

って人間全部って逃げているけど、ぼくが甘ちゃんなだけです。多分。

BOSEのイヤホンが半額で買えた理由

そんな甘ちゃんなぼくが、せめてコーヒーだけは甘くないものをとブラックコーヒーを飲みながらパソコンいじってたら・・・。

超絶タイミングよく、Amazonのサイバーマンデーというセールに行き着きました。

そして電子機器類の項目をポチッとしてしまったのが最後。

真っ先に目に飛び込んできたのはBOSEのイヤホンが50%オフというお知らせ。うおぉぉおお!?ええぇ?まじか!ってなりました

2018年最後の大セールAmazon Cyber Monday(アマゾンサイバーマンデー)を見逃すでない

そして次に目に飛び込んできたのは「amazonギフト券を使う」という文字。

そういえば!!誕生日の時に愛姉さんが「好きなものを買いなさい」とプレゼントしてくれていた。

直接言わないでAmazon経由のメッセージで届くのが姉さんのかっこいいところ。うぇぇぇぇえええいいい!ってなってその数秒後にはポチりました。

 

タイトル通りですね。

購入してましたよ。

愛さ〜ん、本当にありがとう!

 

BOSEのイヤホンの忖度なしレビュー

そんな新たな耳元の相棒ちゃんです。

アフターサービスを申し込むあ場合のシリアルナンバーとか手順とかです。

開封してすぐです。

内容物です。

で、ここで「音がめっちゃいい!」みたいなレビューを書いたところで「そりゃBOSEですからね!へっ!」とか「お高いんですからそりゃもちろんね!けっ!」とかってなっちゃうじゃないですか。ですが、音めっちゃいい。

あと細々したメリットとして…

分かれ道がやや不安

こういうコンパクトでスタイリッシュなアイテムの弱点は、長年の使用に伴う配線ケーブルが中で切れてしまうこと。

各耳に伸びる分かれ道はちょっとしたねじれでおかしくなりそうな不安があります。

イヤーチップは選べる3サイズ

耳のサイズは人それぞれなので、長時間つけていても痛くなりにくく音漏れもしないジャストサイズを見つけやすいです。

紛失や消耗しても大丈夫なように、イヤーチップだけの販売もあります。

マイクの位置が絶妙

すごくいい位置にマイクと音量調節用のボタンがあります。これまで何度もSkypeやLINE電話などの際に利用しましたが、相手から聞き取りにくいと言われたことはないので、しっかり自分の声を拾ってくれているのだと思います。

シャツなどに引っかけやすい工夫がされているのも、移動中にコードがフラフラしなくていいです。

まとめ

ということで今回は、BOSEのイヤホンがAmazonのサイバーマンデーセールとギフト券のおかげで半額で購入できたよって話でした。

これからは、どこ行くにも旅のお供の音楽を高音質で楽しもうと思います。そんなこと言いながら、飛行機だけはどうしてもイヤホンをつけていられないぼく。

耳が弱すぎて(変な意味じゃなくて)、耳栓に頼りきっています。おかげで、乗り物の睡魔に一瞬で負けて飛び立つ記憶も降り立つ衝撃もあまり感じないほど爆睡していることが多々あります。

飛行機乗ると耳痛くなる人は、この耳栓もおすすめです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。