セミリタイアした草野球選手の日常ブログ「ポテンヒット」

TARO WORKSの洗車用折りたたみバケツを買って旅行中の洗濯を楽にする

旅行中の洗濯は、ランドリーサービスやコインランドリーを活用してもいいのですが、ランドリーのお店を見つけることから始まります。見つけられたとしても行ってすぐ使えなかったり、希望の時間通りに仕上がらないこともあったりするので、便利だけど他人や環境に影響されやすい。宿泊日数が4日を超えたあたりから、ちょっとした物を洗うために洗濯バケツがあると便利です。旅行中の洗濯がもっと気楽になれば、持っていく衣類も減って移動も楽になると思ってAmazonを徘徊。見つけました。

TARO WORKSの洗車用折りたたみバケツを買った

見つけたのがこれ。TARO WORKSというメーカーの洗車用バケツです。

高さはこのくらい。1.5Lのペットボトルに上背は負けても肩幅で勝負できる。このバケツのいいところは、水を入れなくても自立してくれること。自分が36年経っても全然自立していないので、自立している人を見るといつもすごいなあ…と思う。ぼくも頑張れば自立できますか?

なんならハンドル部分だって自立する。すごくない?ぼくも部分的に自立することはありますが、これは下ネタになるかもしれないのでこれ以上は言えません。

話を戻します。このハンドルの自立機能によって、ハンドルから手を離す度に倒れてガタンという生活音が鳴らない。小さなことだけど、無駄なノイズがない生活というのはいつだって心地がいい物です。あと、バケツを床に置いたけどやっぱりもうちょっと移動したいって時にまたいちいちハンドルを持ち上げなくたっていい。

ハンドルの頂上部分にはこのような柔らかい素材が取り付けられているので、衣類や水をMAXに入れた重たい状態でも、手にかかる負担を減らすことができる優しい商品です。

収納方法はいたって簡単。今の時代に全くそぐわない、上から力で押さえつけるというやり方です。

手で押さえていないと立ちあがろうとする根性があるので、出る杭は打ってやればいいのさ。

専用ケースに収納すればこのくらいの厚さになります。とってもコンパクト。

なんなら手で押さえ込んだ時に、内側に若干のスペースが生まれるので、ここには自宅から粉洗剤を持参すれば、旅先で洗剤を買う手間も省けます。

こういった使い捨てアイテムはいちいち持って行かなくても現地調達して余ったら捨てて来ればいいという考えの人もいるかもしれないですが、必要だとわかっている物で、かつ自宅にあるのなら持って行けばいいと思うタイプの人間です。

しかもわざわざお金を払って買った物を置いてくる、現地で捨てればいい、という発想がそもそも理解できない。自分はそれで良くても、それを処理する人がいるのです。買う時は必要な分だけ買う、買ったものは責任を持って使い切るようにしています。持ち物をミニマルにすることに囚われすぎて、他者への想像力までミニマルにしたらダサい。

TARO WORKSの洗車用折りたたみバケツで洗濯してみよう

2022年6月現在、このバケツを先で使ったのは全部で3回。いずれも宿泊したホテルでの洗面台を利用しましたが、水道の蛇口と洗面台がよっぽど低くない限り使いにくいと感じたことはありません。

あまりに洗面台が使いにくい場合は、シャワールームへ行ってシャワーノズルで水を溜めればいいのです。

水を溜める前の衣類だけの時から、溜め始めから漬け置きまでずっと安定して立ってくれています。ありがとう。

使い方はそれぞれだと思いますが、洗濯機を持たない暮らしを2年した経験から個人的な使い方を書いておくと

  1. 水を張ったバケツに衣類を浸けて表面の汚れを浮かす
  2. 一度水を捨てて洗剤を溶かした水に衣類を浸けて内面の汚れを浮かす
  3. 水を何度か入れ替えて衣類をすすぐ
  4. 衣類をよく絞って乾かす

という工程です。1を省いて2からやる時もありますが、予備洗いした方が仕上がりもよりキレイになっている気がするので、時間と体力がある時は極力この工程で洗濯をしています。

ちなみに、衣類の乾きが悪い時はドライヤーとビニール袋を使った速乾方法がおすすめです。多くのホテルでも室内にドライヤーが設置されているので、実践しやすいと思います。

TARO WORKSの洗車用折りたたみバケツで旅先でも気軽に洗濯しよう

これまでは、携帯用洗濯機として旅人に人気のあるスクラバウォッシュを使っていました。カンボジアの小学校建設を開始する時に、くるちゃんにもらったやつです。長期間愛用させてもらいました。ありがとう。

でスクラバウォッシュもコンパクトで軽量でしっかり汚れも落とせていいのですが、洗濯バケツは自立するやつがいいなと思い始めたので買い替えた所存。これからも宿泊数と宿泊先から検討して持参すれば、持ち歩く衣類の数を減らせて旅先でも快適に過ごせるはず。

一応、旅行中も使いやすいように探しましたが、自宅にいる時も浸け置きする時に使っているので頻繁に活用できます。災害時などにもこういったアイテムは役立つので、バケツの買い替えを考えている人は検討すべきアイテムと言えます。

洗濯に関する記事

LGのドラム式洗濯乾燥機
山崎実業のマグネットハンガーラックの仕様
MAWAハンガー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です