カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

10年ぶりにOAKLEY(オークリー)のサングラス「レーダーロックパス」を買ったら偽物をつかまされたかもしれない話

日中のトレーニングや野球の試合中は眩しいのでサングラスが必要だな、と思ったので野球をやる際には以前も使っていたオークリーのサングラスが実家にあるはずと思って連絡したらありませんでした。なんで。この2年ほどファッション的に使っているレイバンのサングラスでは、ちょっと運動時には合わなかったのでオークリーのサングラスを10年ぶりに買いました。Amazonで。

オークリーのレーダーロックパス買った

今回はBuyeeというサイトを通じてAmazonで代理購入してもらい、DHLで配送してもらいました。ポチったのは以下のもの。

で、届いた実物がこちらです。

「レーダーの箱ってこんなんだっけ?」と思いながらも別に確信もないのであまり気にせず開封。

値段です。これは定価で、ぼくが買ったカラーは17,800円と約40%OFF。今思うと「オークリーってそんな割引ある?」と思わなくもないですが、定価のままのカラーもあるし好きな色がめっちゃお得だったので飛びついた感じ。

同梱品です。サングラスケースとメーカー保証書と取扱説明書とオークリーの説明書が入っているので大丈夫だと思います。いや、そう思いたい。

こういう書類は必要になる頃にはどうせ期限が切れていることが多いので、出したらすぐ捨ててしまう癖があるのですが今回はミスったかもしれない。「アイウエア取扱説明書」に販売店の名前が書いてあったけど、ピントが合っていないので確認できません。

オークリーのサングラスケース

サングラスケースです。変に軽くて持った瞬間に「こんなちゃっちかったっけ?」と思ってしまった。その感覚のままに開けたらちょっとびっくり。

ケースの中身です。

  • サングラス本体
  • 収納袋
  • ノーズピースの替え

が入っていて一見普通ですが、サングラスケースってもっとレンズにフィットするようなスポンジが入っていたと思うんですけど変わりました?それともこういうバージョンの時もあるんですかね?このケースを開けてから一気に不安になり、心臓が低い音で鼓動しているのが伝わってきます。

サングラス本体です。レンズカラーはPRIZM RUBY(プリズムルビー)を選択。今まで黒いレンズばかりだったので、こういう派手な色を使いたくなったのが決め手です。

柄の部分はマットブラック。あまりツヤツヤした素材よりもマットな質感を好む性質があります。

裏側から見た感じです。写真だと全く伝わりませんが、左の柄の部分には「OO0296-4238 131」と書かれています。なにを示しているのかまったくわからん。

レンズに表記されている文字や側面のロゴを見る限りいい加減な作りな感じはしませんが、箱やケースですでに不安になっているのだ未だ不安は払拭できません。

しかも最近まで使っていたRay Banのサングラスが割とずしっと重たかった分、オークリーの軽さまで変に怪しく思えてくる。軽いは正義なはずなのに。

教えて!詳しい人

ということで一旦まとめると「つけ心地や使った感じは全く気にならないけど、これは…本当に本物なのだろうか」と言った感じ。ケースが普通だったらこんなに不安にならなかったと思う。

来月日本に帰ったら、オークリーショップへ出向いて店員さんに聞いてみようと思います。その前にも詳しい人や、同じAmazonのショップで買ったよーって人がいらっしゃいましたら是非いろいろ教えてください。情報お待ちしております。

レイバンのウェイファーラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。