A7ノート活用術!おすすめの使い方を公開

文房具が好きで、特にノートやメモ帳が好きです。

  • でもあまり荷物は持ちたくない
  • でも情報は書き逃したくない
  • なんなら情報は分散させず一冊にまとめたい
  • でも大きなノートや厚いノートは持ちたくない

という困った性格なのですが、ついにそんなぼくにもしっくり来るアイテムと方法を見つけました。

A7ノートの選択肢

A7サイズのミニノートが、自分のライフワークにピッタリでした。ポケットに入るのでいつでも何でも書ける。

 

A7ノートの使い方

細かな使い方はないです。

「日付ごとに事実を書く」という唯一のルールに沿って、とにかく目の前のことを何でも書きます。

  • 日付→今日は何月南日何曜日
  • 体重→朝起きて最初の日課
  • 食事→朝昼夕何食べたか
  • 支出→何を買ったか使ったら記入
  • 感情→こんなことがあって感動した、あんなことにムカついたなど

誰に見せるわけでもないので、とにかく何でも書きます。

何でもと言っても書くのは事実だけ。それ以外のことは書きません。

 

A7ノートのおすすめ活用術

でも書いていると、事実以上にああしようとかもっとこうしたいとか、あれやらなきゃとか出てきます。

そんな時のために、ぼくは四つ折りのA4用紙を一枚挟み込んでいます。

これめっちゃおすすめです。

  • A4四つ折りはA7とほぼ同サイズ→ポケットに収まる
  • A4用紙はよくある規格サイズ→どこでも入手しやすい
  • 事実を書いていて溢れたものを記入→即行動

 

事実に基づいて改善できることややりたいことリストなどにして、即行動して行きます。

A4一枚でもだいぶいろいろ書けるので、書き終わる頃にはまぁまぁいい感じでタスクが消化できて、やりたいことやれているはず。

 

A7ノートを活用してからの感想とか変化とか

メインのノートをA7ノートにしてこうなりました。

 

手帳を持たなくなった

これまでは手帳で割とスケジュールやタスクを借りしていましたが、1年分のスケジュールを持ち歩くのは重たいのでやめました。一年後の予定とか決められないし、決めたくないし。

記憶に留めておかなければならない先の予定は、最悪スマホのカレンダーに入れておけばいい。

ほぼ日手帳のweeksをおすすめしたい5つの理由

2018年6月24日

ほぼ日手帳のオリジナルをおすすめしたい3つの特徴

2016年3月31日

書く量が増えた

これまでの母艦としていたA5ノートは家に置いておいてまとめようとしています。これだと持ち歩くカバンに制限があったので今ははるかに書く量が上がりました。

ポケットからA7ノートと四つ折りの紙を出すだけなんで、どこにでも持ち歩けて何でも書ける。

ちなみに書く量が増えるメリットとしては、

  • 脳のストレージを開ける→覚えておかなくていいことは記録して考えるべきことに脳を使える
  • 字がきれいになる→久しぶりに字書いたらめっちゃ下手になったわ〜がなくなる
  • 書いた字から何か浮かぶ→ペン持ってノートに向かうと何か浮かぶし過去のノート見ていると書いた時から再発見がある。これはスマホにはないメリット。

A7ノートの活用まとめ

ということで、A7ノートに何でも書くのいいぞ。みんなもやろうって話を書きました。

デメリットとしては、あんまりどこでも買えるものでもないのですが、まとめがいしておけばOKです。

ぼくはカンボジアにいるので、だいたい1年分まとめ買い。

ノートやペンなどは、使っていてテンション上がるものを選びましょう。

日々の仕事のすぐ横に!高品質なのに安価なロディアのメモ帳が好きだ

2019年4月23日

書きやすすぎて離れられない!UNIジェットストリーム 4&1の付き合いが10年を超えた【4色ボールペン】

2018年9月26日

おすすめ記事

2018年買って良かった生活や旅が快適になるもの15選

2018年12月6日

2017年買って良かった生活や旅が豊かになるもの14選

2017年12月25日

2016年買って良かった生活や旅が楽しくなるもの22選

2017年1月4日

2015年買って良かった生活や旅がいい感じになる物19選

2015年12月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。