ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




みらいスクール 小学校建設日記

Day17. 「残ります、世界一周より楽しそうだから」野郎が帰って来ました

投稿日:2015年12月9日 更新日:

2015年12月9日【建設17日目】

 

アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップから、小学校を絶賛建設中のロンデン村まで片道約60km。

時間にして1時間ちょい。

 

自分で決めたことなんだけどさ。

誰かに命令されているわけじゃないんだけどさ。

 

わかってるんだけどさ。

 

 

とおい

 

 

そして、一人で往復するのはなかなかに寂しい。

 

でしたが、そんな一人での往来が本日をもって終了です。

なぜなら〜しゅういちが帰って来たから!





しゅういちを知らないあなたへ

まずは簡単なしゅういちの紹介から。

 

羽多 修一(はだ しゅういち)

シティで出逢った25歳。(当時)

 

大学卒業後、教師になる夢を抱くも一般企業で働いてから教壇に立つという彼のポリシーによって、一旦旅行会社に勤務。

退職後、素直に教員採用試験は受けず、世界一周に出る。

その旅の途中の割と序盤、カンボジアのシティゲストハウスでぼくと出逢ってしまう。(残念ながら)

 

世界一周を続けるよりも、ぼくと一緒に学校を建設する方が楽しそう!

という変態ぶりを如何なく発揮してくれた彼。

 

「インドまではフライト取ってあるんで、インド終わったら帰って来ますね」

そう言っていた彼が帰って来た。

 

本当にいいんだろうか?

世界一周も楽しそうだけど。

 

しーらないっと。

 

ハダシュー バイクを買うの巻き

そんなこんなでしゅういちが今日から参加。

 

850ドルのHONDAドリーム(バイク)をゲットしたしゅういち。

ライダーとしての腕はトーシローレベル。

早速初日から、走行中に鍵をなくすというハプニングをしっかりやってくれた。

エンジンかかってるのに鍵だけ抜けた。(エンジンが切れないという悲劇)

 

ハダシュー ヘビを食らうの巻き

img_5214

旅人としてはそこそこ変態の域に達しているしゅういちは、今日の村食スネークに挑戦。

 

img_5213

もう見ているだけでぼくは嫌だわ。

人生ネタ作りって言っても、何でもかんでも食えばいいわけじゃないから。本当。

 

ぼくのこと「現地人」とか言って無理やり現地に馴染ませようとして来る人いるけど、ぼくはこの手のものは心の底から苦手。

衣食住は本当に日々のモチベーションに関わるから。おいしいと思えるものを食べたい。

 

ハダシュー サソリに刺されないの巻き

img_5212

今日は作業用の手袋を忘れて嫌な予感がしたんだけど、持ち上げたレンガにサソリちゃんがいたわ。

 

前に知り合いがかかとを刺された。

 

どんな痛みですか?って聞いたら

 

「傷口を固い歯ブラシで

ゴシゴシされるような感じ」

 

って言ってた。

 

本当刺されんでよかった。

 

土台のレンガは徐々に完成に近づいて来て、同時進行で周りの土を削りながら底上げして、校庭にはバレーボールコートとフットサル場を作る。

 

今日は周囲の草を燃やしながら、片付けがメインだった。

 

空青いのに地味すぎ。笑

img_5211

 

昨日修理から戻って来たぼくの本来の相棒バイクちゃんは、帰りにまさかのガス欠。

朝、ガソリン満タンにしたら村まで往復できていたので安心してたら止まってしまった。

img_5215

よりによって何にもないところで。

 

しばらく押してやっとのことでガソリンをゲット。

 

無事帰れたけど、汗まみれだぜ。

 

ナイトマーケットのお店のこと

(追記)ここから先の企画は現在は終了しています。あらかじめご了承ください。

 

img_5217

夜は勇太と合流して、ナイトマーケットに出店中のサブーサバイというお店に写真を卸しに行って来た。

 

シェムリアップで絶対人と被らないサングラスをお探しの方はこちらで。

img_5246

勇太が仕入れて来たおしゃれな雑貨も置いてますよ〜。

 

img_5218

このお店には今の所四人の日本人が絡んでいる。

 

  • サブーサバイのリサさん
  • おくりものやの勇太
  • Kumaeのたくや
  • ぼく

(現在はたくやは自分で店を構え、勇太もぼくも商品卸すのは終了しました。)

 

この収益はそれぞれが活動している村や団体のために使われる。

りささんは石鹸で衛生面向上の指導をしているし、勇太は村の子たちを養っている。

たくやは工房を作って雇用を生み出し、ぼくは小学校を建設中。

 

ぼくの写真の収益は建設する小学校の机・椅子・黒板の費用になるんでみなさんバンバン買ってくださいね〜!

ちなみに普通のポストカードと、たくやから仕入れたバナナペーパーポストカードの二種類!

 

そして近日中には、モザイクアートも展開予定〜!

img_5220

もはや何しているのかわからないほど日々めまぐるしく生きております。

 

そういえば今日は卸したてほやほやの一枚目が売れました〜!

cambodia91

いろんなことが加速し始めた年末。

 

こっちにいると年末の特別感全然ない。

年明けはシティの厨房を借りてお雑煮を作る予定。

食べに来てね〜。(予定は未定)

 

day017

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-みらいスクール, 小学校建設日記

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.