ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

CAMERA ワークスタイル

旅のカメラに一眼レフはナンセンス?いやそんなことないよ。って話。

投稿日:2016年12月27日 更新日:

blonde-629726_640

『旅に出るのに一眼レフカメラは時代錯誤』

 

本当にそうでしょうか?

 

ぼくはこれまで、カメラを置いていこうと思ったこともなければ、カメラ持ってくるんじゃなかったってこともありません。

 

それは単純に写真が好きだからなのかわかりませんが。





海外旅行に一眼レフを持って行くと、大きい、重たい、盗まれる、レンズの付け替えが面倒などいろんな理由が上がると思います。

 

ミニマムとか断捨離を好む旅人はそうやって書いている人も多いですね。

 

別にそれはそれでいいと思うし、そもそもカメラなんて言ってしまえば持って行かなくたっていいアイテムなわけです。

 

それを、一眼レフは重たいからミラーレスが・・・コンデジが・・・いやいやスマホでもってのも変な話なわけで。

 

そもそも比較したって仕方がないよって思うわけです。

 

だって自分が良かったらそれでいいと思うんです。

 

ぼくはミラーレスもコンデジも買う気がないです。

 

ミラーレスのこと知りたければ、ミラーレス使いこなしている人のブログを読めばいい。

 

コンデジだって素敵な写真撮っている人たちたくさんいます。

 

何が必要かは人それぞれ違う。

ただ、ぼくは自分で使うって決めたものを、難癖つけて便利な方、使い勝手の良い方へ乗り換えるんじゃなくて、どうしたら操作しやすくなるか?を考えることの方がよっぽど心が豊かだと思うんです。

 

本当は一眼レフ持って世界一周行きたいのに、持っている人は邪魔になるって言うしな・・・で迷うなら買わなくていいと思います。

 

持ちたいなら持てばいいんです。

 

あとはどうしたら使い回しが楽になるのかを考えたら、それだけで物や環境のせいにしている人より、よっぽど磨かれた感性でファインダーを覗き込めます。

 

「私、写真めんどくさいからいいんです、こだわってないしスマホで。」

 

って割り切ってた人の方が、スマホでも「へ〜めっちゃいいじゃん」って写真をいっぱい撮ってたりします。

 

迷いがないから、写したいもの、撮りたいものがはっきりわかっているんでしょうね。

 

例え無意識だとしても。

 

そういう感性を持っている方が、偏った知識持つこともないし、道具に頼ることもなくていいなって素直に思います。

 

逆に持ちまくってる人もいる

一眼レフも持って、コンデジも持って、GoProも持って、スマホでも撮るんか〜いって人もいます。

 

そして一眼レフの交換レンズも、これまたたくさん持っていて、ご丁寧にカメラバッグまで持ってきている。

 

それだけでぼくのデイパックより重そうですねって人も。

 

もちろん、上級者たちはそんなアイテムを使いこなしているので、すげ〜な〜って思って見ています。

 

でも。

 

真似したいとも、自分もできるようになりたいとも思わないです。笑

 

結局写真なんて自分がどうしたいかで決まるんじゃん?

sea-79606_640

やっぱり一眼レフでこだわりたい、重たいのは嫌だけどきれいに撮りたいからミラーレスがいい、防塵防水機能のあるコンデジがいい、ダイビングが好きだから水深○mまで潜れるものを・・・。

 

どれも正解です。

 

全部やりたかったら全部持てばいい。

 

持ちたくないなら、できないなら、絞ればいい。

 

写真も人生もきっと一緒で、やろうと思えば何でもできます。

 

でも、全部はきっと無理です。

 

話を一眼レフに絞ってもそうです。

 

ぼくが特殊な機材を持たないって言ってるのは、単純に面倒臭いんです、そういうの。

 

この時はこのレンズを使って・・・この場合はこれが・・・

 

そんなことしている間に、シャッターチャンスは過ぎていると思います。

 

だから自分にとって一番使い勝手のいいレンズは何か?

 

もっと言うと自分が撮りたいものは何か?が分かれば全部は望まなくなると思います。

 

自分が何を撮りたいのかもわからずに、ありとあらゆるものをベストショットで収めようとするから、考えすぎてよくわからなくなる。

 

ぼくはそう思います。

 

あなたが撮る写真は何のための写真か

もっとズームできたら、もっと明るかったら、水の中でも撮れたら・・・。

 

もうそれは仕方のないことです。

 

ただ、何のためにシャッターを切るのかがわかってた方がいいです。

 

SNSでいいねをもらうため?

友達にリア充を伝えるため?

 

ぼくはそんなことに写真の魅力感じないから、自分が選んだカメラの限界までやれたらそれでいいです。

 

その中で表現できるもので感動を生み出したいから。

 

たった一個のレンズの限界も引き出すこともできずに、不便なところに目をやってても仕方がない。

 

だったらもっと勉強して、これしかできないけど、この分野は強い!

 

そう言えた方が魅力だと思います。

 

まず、これからカメラを持って旅に出ようと思うなら、そのカメラで何を撮りたいかを考えてみてください。

 

そのために必要なカメラが、あなたの旅の思い出を最高のものにしてくれるはずです。

 

追伸

最近、ブログには書ききれなかった話をメルマガで公開し始めました。

「ぼくが見る50mmのセカイ」

50mmのレンズって肉眼で見ている大きさとほぼ一緒ですよね。

 

なので、見たまんまありのままを表現するために配信始めました。

 

タイトルはカメラっぽいですが、カメラネタってわけじゃなくて、全体的に書ききれなかった情報を流していますので、興味があれば、読んでみてください。

もちろん無料です。

>>>メルマガ登録はこちらから。

 

カメラに関する記事はこちらも人気です。

・旅に出るのにカメラがなくても人を感動させる話

・カメラを持って旅に出る。初心者おすすめの一眼レフレンズ

・カメラを持って出かけよう。散歩やおでかけにおすすめのレンズ選び

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-CAMERA, ワークスタイル

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.