セミリタイアした草野球選手の日常ブログ「ポテンヒット」

手ぶらは最強なので必要最小限の持ち物で外出する方法やメリットを紹介

この記事は2022年6月に一部加筆修正を行いました

こんにちは、何も持ちたくないマンです。何も持ちたくないのでなるべく外出は手ぶらです。話を進める前に一つ言いたいことがあるんですけど、「手ぶら」って言葉…。なんか興奮しますね。さて、軽く気持ち悪がられてページを閉じた人が一人増えたところで本題に入ります。

必要最小限の荷物だけ持って手ぶらで外出する方法

手ぶらで出歩く方法

方法と言ってもそれっぽいノウハウみたいなのは一切なくて「やってみる」に尽きます。

  • ポケットに必要なものを詰める
  • 靴を履く
  • 家の鍵を閉める

で手ぶらで外出してみたらいいですね。次第に出かける時間帯や距離を追求していけばいいと思います。

  • 近所のコンビニに手ぶらで行ってみる
  • 手ぶらでコーヒーを飲みに行ってみる
  • 友達とのランチを手ぶらで行ってみる
  • 飲み会に手ぶらで行ってみる

みたいな最悪忘れ物してもOKなシチュエーションから始めたら、いろんなものを持たなきゃ、あれもあったら便利かなっていう恐怖観念への抵抗もないはず。最悪忘れ物してもOKと書きましたが、飲食する場合はお金はお忘れなく。

手ぶらで外出するメリット

手ぶらで外出する主なメリットは以下の3点です。

  • 手が塞がらない
  • ものを無くさない
  • 身軽なので疲れにくい

1.手が塞がらない

手ぶらなので手が塞がらないのは大きなメリットですよね。同様に何か荷物を持ち歩かなくてはいけない時も、なるべくリュックにして手には何も持たないように心がけています。

2.持ち物を無くさない

ポケットに入る分しか持たないので管理が楽です。管理が楽に慣れば持ち物を無くすリスクも減らせます。ポケットに入れたはずのものがなければ落したか忘れたかの二択。カバンの中を漁る時間を削減しよう。

3.身軽で疲れにくい

当たり前のことですが、重たいカバンを持って歩くのと何も持たずに歩くのでは、明らかに疲労具合が違います。重たい荷物は持っているだけでも疲弊するし、荷物が重くなればなるほど身動きも取りにくく、身の危険が高まることもあります。

ぼくも以前は「1日に必要そうな荷物」を全て持ち歩いていましたが、疲れるのでやめました。

手ぶらで外出するデメリット

手ぶらのデメリットはあまりないけど強いていうなら、急な雨くらいですかね。手ぶらの際にも、ポケットに入れるアイテムは撥水性のあるものや防水対策を意識して選ぶといいですね。

手ぶらで外出する際の持ち物

ぼくの中の手ぶらのルールはポケットに入りきればOKとしています。実際に持ち歩いているものは3個か4個。持ち物も限定することで、なくし物もなくなります。

  1. 財布
  2. スマホ
  3. (モバイルバッテリー)

最近のポケットの中身

2020年のポケットの中身

1.財布

世の中はキャッシュレス化と言われている中、生活拠点を置いているカンボジアもQR決済化が進みましたが、まだまだ現金なしでは生活できない面もあるのです。

使っているのはカンボジア発祥ブランド「スマテリア」の二つ折り財布。硬貨を入れるスペースがないタイプなので、薄くていい。必要最低限の紙幣とカードが2枚入っています。

2.スマホ

これがあれば情報収集も情報発信もできるので必須アイテムです。本当はこれ一台で決済や後述する家の施錠までやれればスマートでいいんですけど、まだ実現は遠そう。

使っているのはiPhoneXs。iPhoneを常に新しい物を持っておきたい欲はないので、使えるだけ使う。

iPhoneXSの箱

3.鍵

自宅の鍵。コンパクトな十徳ナイフ、携帯ライト、ホイッスル付きボールペン、栓抜きとかになるグレゴリーのキーホルダーなどをつけています。家の鍵は絶対持ち歩くからこそ、万が一災害やテロに巻き込まれた時に生存率を0.001%でも高めてくれそうなアイテムは一緒に取り付けておきたい。

A&Fのホイッスルボールペン使用例
グレゴリーの旧ロゴキーホルダー

4.(モバイルバッテリー)

これは外出の仕方にもよりますが、長時間であればスマホの充電が切れたりすることも想定に入れたら持ち歩くようにします。ちょっと出るだけならもちろんいらない。

まとめ:手ぶらで出かけることはメリットだらけ

手ぶらで出かけることの要点をまとめます。

  • 身軽で疲れにくい
  • 手が塞がらないので安全
  • 持ち物が限定されているとなくし物もない
  • 支払い、スケジュール、タスク管理ができていれば問題ない
  • 万が一に備えたグッズも鍵に付いていると安心

軽くて丈夫で長く愛せて多機能なものを選ぶことで、日常的なシーンから災害などの万が一にも対応できる準備が整います。

そしてタスクやスケジュールが適切に管理されていれば、外出先での思わぬアポや想定外の出来事にも柔軟に対応できるのです。単純にものを減らす、というよりは生活に必要なものを見極め、余分なものを持たない工夫が重要だと思います。

また、この記事は実践報告型なので、随時気づきや発見したことなどを追記してシェアしていきます。

手ぶらもいいけど「手ぶら以上カバン以下」も

ちょっとだけポケットに入りきらない荷物の時。

もうちょっとだけポケットに入りきらない荷物の時。

無理して手ぶらで旅に行くのはちょっと違うと思うって話

(追記)手ぶらやめた方がいいかも…って思った出来事

水没させたAirPods Proを持っている画像
GoProのバッテリーを水没させた

(追記の追記)手ぶらをやめたのとおすすめのミニバッグ

飛行機乗る時の持ち物
アークテリクスのMAKA2買った

(追記の追記の追記)やっぱり手ぶらは楽

最近は手ぶらかどうかよりも、これだけあれば楽しい!って思えるものだけ持つようにしたら、結果手ぶらになりました。絶対に必要じゃなくても、あると楽しいもの・気分が上がるものは持ってもいいと思う、という判断基準。

財布とiPhoneとカメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。