ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




カンボジア

海外在住者が現地調達できるおすすめの日用品・消耗品まとめ【カンボジア】

投稿日:

移動生活から海外に定住しつつある北川勇介(yusukeworld_)です。

 

場所を変えて、一箇所に住み始めると身の回りに生活感が出てきます。

それが海外ともなると、使い慣れたものやお気に入りのアイテムが手に入りにくい場合もあります。

 

この記事では、カンボジアに住んでいるぼくが、現地で手に入れることができて、しかも気に入って使っているものと購入場所と金額の目安をまとめています。

これからカンボジアに来る人にとって、「わざわざ日本から持ってこなくてもいいんだ」って発見や参考になりましたら幸いです。

 

記事の終盤では、わざわざ日本で買ってきている日用品・消耗品もまとめています。





現地調達で気に入っている日用品・消耗品

シャンプー・コンディショナー

パンテーンとかダブとか、日本で馴染みのあるメーカーのシャンプーが買えます。

日本と同じようなシリーズ展開ではなく、東南アジア特有のシリーズではありますが、ぼくは「パンテーン」をいくつか使い分けてみて、今使っているこのシリーズに落ち着きました。

 

おすすめポイント

  • シャンプーのあとごわつきが少ない
  • コンディショナーが伸びがいいので少量で済む

 

参考:アジアプラザでシャンプー$5.8(900ml)、コンディショナー$3.3(335ml)

 

日本と海外行ったり来たりしていた時はLUX使っていました。

東南アジアの風に1日吹きさらされた髪の毛はすぐに傷みます。

 

 

ボディソープ

ボディソープもシャンプー類同様に、日本で馴染みがあるシリーズが買えます。

そんな中で見つけたのがこれ!

カンボジアに住んでいる人におすすめしたいくらいの良品ですが、品薄になることもあるのであんまり言わないようにしています。

 

おすすめポイント

  • パインの香りがいい
  • 赤ちゃんの肌にも使えるほど肌に優しい
  • コスパよすぎ

 

個人的に、パイナップルは世界で一番好きなフルーツなので、最初に買ったのは完全に一目惚れ。

その後、家に来た彼女の「なんでこれ買おうと思ったの?ww」の一言は、一生忘れられないでしょうね。

 

1日の終わりに疲れて家に帰ったぼくを、パインの香りが優しく包んでくれます。

過剰広告とはこの写真のことを言うんだろうな。

 

関連

泡立ちが悪いのはボディソープや石けんのせいじゃないかも?

参考記事:キクロンのボディタオルアワスターシリーズ「泡る」に謝りたい

 

参考情報:アジアプラザで購入、1L$5.5

 

洗顔

男子はみんな一度は使ったことがあるであろう「GATSBY」シリーズ。

 

洗顔は、日本から持って来ていたビオレを使っていたのですが、ちょっと前になくなってどうしようかな〜って思っていたタイミングで、まさかのマンダムの方から直接差し入れでいただきました。

 

参考情報:アンコールマーケットで$3.5

 

整髪料


先ほど上で差し入れをくれたマンダムの方が教えてくれたのは、東南アジアでは「GATSBY POMADE」というシリーズが出回っているということ。

カンボジアなど東南アジアのアイドルは、髪を少しウェッティにして流しつつ、サイド刈り上げるみたいなのが流行っているのでなおさら整髪料などを取り扱っている業界はアツいのだそうです。

 

これまではGATSBYのワックスを使っていましたが、即ポマードに乗り換えました。

 

参考:アンコールマーケットで購入$3.8

 

歯磨き粉

「起きてすぐキスできる」で有名な歯磨き粉。

数年前は、これをタイのドラッグストアで爆買いして、日本で転売していました。

 

最近は、Amazonとかで普通に買えるので歯磨き粉バブルはもうとっくに終わりましたが、個人的に愛用は続けています。

 

実際起きてすぐキスできるほどアラサーの朝の口内はスッキリしていませんが、研磨剤が入っていたり、ミント効きすぎてスースーしまくりの歯磨き粉も多いので、今後も冒険はせずにこれ一択かなと考えています。

 

参考:アジアスーパーで$5.85(160g)

 

トイレットペーパー

なんてことはない普通のトイレットペーパー。

お尻拭く時に必須。

 

ちなみに東南アジアのトイレには、ウォシュレット的な役割を果たすア●ルガンが着いたトイレが一般的。

ぼくは日本にいた時からウォシュレットが苦手なので、ア●ルガンも使わない。

 

ローカルな場所に行くときはワンロール持って行くほどトイレットペーパーは、心の支え。

 

参考:オールドマーケットで6ロール3500riel(約$0.9)

 

蚊取り線香

なんてことはない普通の蚊取り線香。

寝る時必須。

 

てか、蚊取り線香って蚊が来なくなるだけなんですね。

蚊取りの煙を吸った蚊が死ぬかと思っていました。

 

蚊取り線香切れた瞬間に、蚊はやってくるよね。

蚊取りじゃなくて、蚊よけだね。

 

参考:オールドマーケットで10本入り2000riel($0.5)

 

以前はこれが手放せなかった。

 

綿棒

なんとなく黒くてうねうねしている形の方が汚れがしっかり取れている気がする。

ただそれだけの理由で、日本の100円ショップの系列で買っています。

 

日本の100円ショップは、こちらでは$1.9ショップに化けます。

でも大助かり。

 

洗剤(衣類・食器)

 

衣類用洗剤は、たまたま買ったこのシリーズの洗い上がりの香りが良くて気に入りました。

いろんな大きさのものが手頃な価格で売っているので、いろいろ試せます。

 

参考:アジアスーパーで$6.2(4000g)

 

食器用洗剤は、1人で3年間飲食店を経営してきた彼女の長年のお気に入り。

 

じゅんこ
ライムの絵が描いてあるときれいになる気がする

だそうです。

 

飲食店やっているので大容量パックで買っています。

特に食器用洗剤は、手荒れを引き起こすような強いのもあるので、選ぶ時慎重になりますよね。

 

参考:アジアスーパーで$5.5(3.6L)

 

海外在住者が日本でわざわざ買っている日用品・消耗品

このツイートに加えて、髭剃りの替え刃、レザーケア用品とHARIOのコーヒーフィルター。

 

クイックルワイパー

類似品はたくさんあるけど、本家には絶対敵わない。

クイックルワイパーへの熱が高まりすぎて、記事まで書いたから参考までに。

 

 

 

ジェットストリームの替え芯

書きやすすぎて使用10年目を迎えた相棒のボールペンJetStream。

何回替え芯したかわからないほど。

 

こちらも使用熱が高まりすぎて記事にしたのでぜひ。

 

歯ブラシ

ヘッドがでかい歯ブラシが多いので、コンパクトタイプが好きな人は日本から買って来た方がいいです。

 

レザーケア用品

REDWING8853シリーズを普段ばきしているので、レザーケア用品は必須アイテム。

以前カンボジアに住む友人が、革靴を靴洗ってくれるサービスに出したら、丸洗いされて戻ってきた。

 

それ見てから、こっちでレザーケア用品探すのは諦めました。

あるんだろうけど、長年使っているものでしっかりケアしたい。

 

 

カミソリの替え刃

 

カンボジアでもSchickとか買えます。

ただ、現地で買ったカミソリ本体に合う替え刃ならあるのですが、日本から買って来た本体に合うものは見つけられなかったです。

 

 

まとめ

海外(カンボジア)在住のぼくが、現地調達で気に入った日用品・消耗品と、わざわざ日本から買って来ているものを紹介しました。

 

一言で海外と言っても、住む国や地域によって手に入りやすいもの・入りにくいものは異なると思いますが、これから海外に住む方、長期で滞在される方の参考になれば嬉しいです。

 

ゆーすけ
どれも実際に使っているものなので、自信持っておすすめできます!

 

特にカンボジアで日用品・消耗品を買い足そうと思っている場合は、参考にしてみてください。

そんな感じで。北川勇介でした。

 

カンボジア・シェムリアップのスーパーの地図

※Old Marketはクリックすると「Psar Chas」と表記されますが、クメール語でPsarはMarket、ChasはOldを意味するので相違ありません。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-カンボジア

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2019 AllRights Reserved.