海外生活ときどき旅。7年目4カ国。

カンボジア小学校建設費用ぶっちゃけいくらかかったか全額公開する

3年間に渡って繰り広げられたカンボジアの小学校建設プロジェクト。

「ぶっちゃけいくらかかったのさ?」なんて質問用に3年間で費やした費用をまとめてみました。

 

ぼくがカンボジアに学校を建設するって決めた時、大枠でいくら〜みたな情報を持っている人はいましたが、結局何にいくら必要なのかって情報はなかった。

探しているものは全然ネットにはなかった。

 

今後、カンボジアで学校建設を考えている方々への参考になりましたら幸いです。

 

カンボジアに建設した小学校に関する費用のまとめ

何にいくらかかったか詳細を見て行きましょう。

 

校舎 $28,500

_dsc3497

メインの小学校建設費用です。

7×8mの教室が3教室、2×24mの通路という設計になっています。

資材費や大工さんの労働費込みの値段です。

(2016年3月19日工事終了)

 

トイレ $2,000

_YSK3797

男女一部屋づつのトイレを設置しました。

こちらも資材費や大工さんの労働費込みです。

(2016年8月18日工事終了)

 

貯水タンク $470

_YSK3804

トイレに併設して貯水タンクを設置しました。

こちらも資材費や大工さんの労働費込みです。

(2016年8月18日工事終了)

 

井戸 $1,470(5つ分)

dscn7382

これまで合計5基の井戸を掘りました。

こちらも資材費や大工さんの労働費込みです。

 

1号機 2014年2月

dscn6547

ロンデン村に初めて掘った井戸。

 

2号機 2014年10月

img_1676

大学時代の友人将太が来てくれました。

 

3号機 2014年10月

img_2022

一気に3個の井戸を掘りました。

 

4号機 2014年10月

DSCN7270

 

5号機 2015年8月(静岡県立佐久間高等学校寄贈)

IMG_4443

静岡県立佐久間高校の生徒会中心となって、文化祭で行った募金活動のお金をお預かりして井戸を掘りました。

 

5号基の佐久間井戸改修 2017年8月

そして、その2年後。

募金をしてくれた佐久間高校のOBたちが、壊れてしまった井戸を自分たちの手で直しにきてくれました。

 

道 $0

Before

img_3345

After

 

村の一本道から学校建設予定地まで道がなかったのでハンドメイドしました。

ハンドメイドなのでタダです。

(2015年4月完成)

 

黒板 $150

2016111-%e6%8e%88%e6%a5%ad%e9%96%8b%e5%a7%8b%e8%a6%8b%e5%b1%8a%e3%81%91%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc_5632

黒板、机椅子は組田様、酒井様が中心となってご寄付をいただきました。

各教室の前後に設置しました。

$25×6枚

 

2016111-%e6%8e%88%e6%a5%ad%e9%96%8b%e5%a7%8b%e8%a6%8b%e5%b1%8a%e3%81%91%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc_349

 

机・椅子(生徒用) $2,400

img_7818

2人がけの机椅子のセットを、各教室に20セット搬入しました。

$40×60セット

 

机椅子(教師用) $150

img_7816

各教室に1セットずつ搬入しました。

$50×3セット

 

また、この机・椅子・黒板をめぐっては、トイレ建設を手伝ってくれた悠が周囲の皆様へ呼びかけをしていただき支援金が集まりました。組田様からいただいたお金と合わせて、余剰分は今後必要なものが出た際に学校のために使わせていただきます。

 

机・椅子(屋外用) $600

_ysk5948

学校建設中にしゅういちが憩いの場を作りたいということで、こちらも仲間に呼びかけていただき、屋外用の机椅子を設置しました。

背もたれには、ご支援くださったしゅういちの仲間達のお名前入り(しゅういち自ら書きました)です。

$150×4セット

 

本棚・ロッカー $315

_ysk5602

開校式に参加していただいた皆様のご厚意によって、開校記念品として本棚とロッカーを買っていただきました。

本棚は各教室に1個ずつ、ロッカーは文房具などを保管しておくために鍵付きのものを真ん中の教室(ほし)に設置しました。

本棚$45×3セット

ロッカー$180

 

カンボジアに建設した小学校の開校式(2016.10.29) $859

_dsc4868

2016年10月29日に行われた開校式の費用です。

村人、日本人参加者合わせて約270名ほどが参加。

皆様にお世話になりすぎているので、感謝の気持ちを込めて、ポケットマネーでお支払いさせていただきました。

10万円くらいで270人で笑ってご飯食べられたら最高ですね。

内訳は以下です。

 

テント、机椅子など $162

運動会とかで見かけるようなテントを校庭に張って、食事用の椅子と机を並べました。

 

音響 $30

スピーカーやマイクなど、セレモニーで必要な音響を揃えました。

 

食費 $199(BBQ用野菜、焼きそば、ジュース、氷、調味料など)

270人分の買い出し。

 

食費(外注分) $213(ご協力元:OHANA YOKOHAMA FLAT けんちゃんスイーツ)

カンボジアのシェムリアップでお店をやっている日本人達から、ケータリングという形で購入。

YOKOHAMAのげんちゃん、OHANAのじゅんちゃんは当日学校まで来て調理もしてくれました。

 

食費(豚一頭) $130

人生で初めて豚を一頭買いました。

ちなみにこうやって運ばれて来ます。

 

皿、コップ、スプーン、フォークなど $45

食事をするための使い捨てのコップや紙皿など。

 

通訳 $80(4名)

破格です。

「YUSUKEがカンボジアの子ども達のためにやってくれたことだから」と、英語が話せるカンボジア人4名が1日$20で協力してくれました。

感謝。

 

提供

いつもお世話になっているThe City Premium Guest House(@city_guesthouse)からは水600本のご提供をいただきました。

img_7977

 

カンボジアの小学校建設に関する総額 $36,914

円高、円安の関係あると思いますが、大体日本円で400万円くらいでしょうか。

一番お金がかかった校舎建設の時が一番円安で$1=126円とかだった記憶があります。

費用に関しては高い・安いの話がしたいのではないです。(カンボジアにいるとすぐ高い安いの話になるので・・・。)

自分が納得して支払えるかだと思います。

安く叩けばもっと安くなるのかもしれませんが、それによって質も下がってしまっては元も子もないです。

もっとお得にやっている人もいれば、もっとかかっている人もいると思います。

あと、書いていませんがこれ以外に現地での滞在費や、交通費、ガイド(通訳)を雇えばガイド代もかかってきます。

ぼくはバイク買ったので、そのお金と維持費もかかります。

毎日のことだったので計算していませんが。

手続きとかの代行サービスに頼むともっとかかるかもしれませんね。

それから都心と田舎では価格も少し変わってきます。

もちろん都心の方がものは揃いやすいですが配送料がかかったり、田舎の方だと取り寄せるのに注文してから時間かかるとかってこともありました。

 

カンボジアの小学校建設でその他にご協力いただいたもの

実はここにも書ききれないものがいくつもあります。

 

ゴミ箱

学校建設中にゴミをポイポイ捨てるカンボジア人を見かねて、しゅういち・まいこがゴミ箱買ってくれたり。

img_8113

 

トング、ちりとり

ゴミ拾うのに前田さんが掃除用品買ってくれたり。

img_7954

 

サッカーゴールネット

サッカーゴールは颯太と翼が買ってくれたもの。

2016214_8129

 

サッカーボール

サッカーボールはメグが買ってくれたもの。

IMG_7479.JPG

 

バレーボールネット

バレーボールネットは静岡県立浜名高等学校バレーボール部からいただいたもの。

img_8031

 

植物

学校に吊るされてる植物はまいこが買ってくれたもの。

_ysk5950

 

室内に飾ってる絵はソチアたちサーカスメンバーからの贈り物。

img_7510

 

文房具(記念品として配布)

開校式に行けないからと、勇太が大人買いしてくれたノート。

img_7951

こうやってみると、多くの人に支えられてきたことを再度実感します。

 

まとめ

さて、ぶっちゃけいくらかかったの?ってことで、学校建設に関する費用をまとめてみました。

実際、多くの方の支えの元に成り立っているので、隠すものでもないしオープンにできるお金の使い方をこれからもしたいですね。

そして、途中も書いたように、物価が安い国にいるとすぐ値下げすることを考えたりする人もいるようですが、そもそも支払いは自分が納得できればいいのだと思います。

なので、この金額を見てどう思うかは、見た人次第です。

この値段より安くやったからいいとか、高かったからダメとかないです。

最近ぼくは、カンボジア人に何か仕事を依頼したら、値段交渉をせずに言われた金額を支払うようにしています。

むしろ「いくら?」って聞くと「Up to you.」って言われることが多いです。

もしかしたら、ぼくと彼らの信頼の中でこそ成り立つことなのかもしれません。

たまに「いらない」って言われます。(もちろん払いますが)

東南アジアは「ぼったくられる」ってイメージが強い人多いかもしれませんが、そういう人もいるってだけのことです。

日本だってぼったくりはいますしね。

それは事実の一つであって全部ではないです。

今後この記事が、同じように『学校を建てる』という行動を起こす人たちの参考になったら嬉しいです。

それから、どうせ誰かのために時間もお金も使うなら、こういう情報をもっといろんな団体がクリアにしていった方が、後々何かをしようと思っている人たちへの情報としてはかなり有益だと思います。

ぼくも書ききれていない部分あるかもしれませんが、なるべく出し切りました。

お金の流れが明確なことが、このような活動に身を置く一人としては一番信用得られるのかもしれないです。

そんな感じで。

 

▼「学校に何か必要なものはありますか?」と思っていただける方へ。

みらいスクールで使いたいものを公開しています。

みらいスクールのほしい物リスト

 

▼「今度カンボジア行くけど何かほしい?」と思っていただける方はこちらをぜひ。

「カンボジアへ行くけど何か必要?」という天使のような方々へ

4 COMMENTS

梅野 大紀

北川さんへ、
自分は「僕たちは世界を帰ることができない。」という、映画を見てカンボジアの小学校建設に興味をもち、このサイトを見つけ、コメントしています。今までカンボジアという言葉はよく聞いていたのですが、内情やどういう国なのか全く知りませんでした。ですが、映画とこの記事をきっかけに、カンボジアについてもっと知りたくなりました。とりあえずカンボジアに行ってみたいと思います。

yusuketravel

コメントありがとうございます!
カンボジアいいとこですよ!自分に何ができるかなんて深いこと考えずに、気軽に遊びに来てみてください。

Yaamoto Kanta

はじめまして北川さん
僕は知り合いと一緒に海外で学校を作る
プロジェクトを準備しています。

質問なんですが
学校を作る地域はどのように決めたか教えてください。

参考にしたいと思ってます。

yusuketravel

TwitterでDMいただいた方ですよね?
ご返信した通りですので、ここでのコメントは控えさせていただきます。
また何かありましたらいつでもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。