今月ぼく誕生日です

【まだ現役】グレゴリーのダッフルバッグXSは10年以上使える良品ということを報告します

GREGORYに全幅の信頼を寄せている北川勇介(@yusukeworld_)です。

突然ですがみなさんは、アルバイトって知っていますか?

ぼくは「以前少しだけしたことがある」程度なのですが、確か時給と呼ばれる「1時間当たりいくら」と定められた金額があって、労働時間分だけお金がもらえる仕組みらしいです。

ぼくの人生初のアルバイトは、高校卒業から上京までの三週間程度だけ、近所のセブンイレブンで無理を言ってお願いしました。

この記事では、そんな初々しい頃のアルバイト代で買ったGREGORYのダッフルバッグXSにまつわるお話です。

グレゴリーのダッフルバッグXSは10年使える良品です

ダッフルバッグに限らず、ぼくがグレゴリーの製品を使っている理由は「長く愛せそうだから」です。

長く愛するために必要な条件は3つあって

  1. 丈夫であること
  2. 飽きのこないデザインであること
  3. あらゆるシーンで使えること

が重要だと考えています。

丈夫であること

正真正銘10年以上使える良品です。

ぼくは大学1年生の頃(2005年)からこのバッグを使い始め、大学の授業は4年間ほぼこのカバンにテキストを詰め込んで通っていました。いまだに現役です。

飽きのこないデザインであること

グレゴリーが販売しているシリーズを見てもらうとわかりますが、多くのラインナップの見た目がそこまで大きな変化していないのが大きな特徴です。

それだけ流行り廃りがなく、使いやすくて飽きが来ないデザインだからこそ、長く使える要素でもあると思っています。

クラシックコレクションは、長年にわたって蓄積したグレゴリーの普遍的デザインはもとより、つねに革新を求める実験室のような商品群です。クラシックの名を冠しながらも、最新の素材やデザイン、トレンドにグレゴリーらしさをプラスして生みだしています。それはきとともにバックパックメーカーたる安心感も同時に感じていただけることでしょう。

引用元:https://www.gregory.jp/

デザインとは本来、課題を解決するためにあるわけなので「飽きやすい見た目」はデザインがいいとは言えないですよね。本当にいいものは変わらないし時代が変わっても廃れない。

あらゆるシーンで使えること

通勤・通学はもちろん、アウトドアや買い物、小旅行まで幅広いシーンで使えることも大きな魅力です。

ある場面では使いやすいけど、違う場面では使いにくいっていうものは基本的にセンスがないと思っていて、本当にいいものはいつでもどこでも使いやすい良品であり、ユーザーに優しい使いやすさこそがデザインだということです。

グレゴリーダッフルバッグXSの特徴

グレゴリーダッフルバッグXSの主な特徴についてまとめます。

ダッフルバッグXSのサイズ感

容量やサイズなどはこんな感じです。

店頭などで実際に手に取ってもらうとわかりますが、その軽さが特徴的。

世の中には、何も入れていないのにすでに重たいカバンが数多くあるので、それだけでかなり有利です。軽くて丈夫なんてピョンちゃんのランドセルみたいですね。

メインは大きく開いて使いやすい構造

メインのジッパーはYKK#10を利用した大開口設計なので、開閉操作がしやすく物の出し入れも非常にスムーズです。

サイドポケットあり

便利なサイドポケットも付属しているので、鍵やスマホなどの小物の収納に便利です。

ショルダーバッグに可変

別売りのショルダーストラップを付属のDリングに接続すれば、ショルダーバッグへ変化します。

ぼくは長年、このダッフルバッグはショルダーストラップを取り付けた状態で長年愛用しています。

両手が空くので、バイク乗りにも便利です。ぼくは学生時代これに荷物詰めてバイク走らせて帰省していました。

グレゴリーダッフルバッグの中身

入れ替わりはあるものの、最近はそこまで大きな変化をしなくなったパッキングたち。

自分の好きなもの、自分にとって必要なものがわかってくると無駄な買い物も減るし、日々の外出の際にも余分なものを持たなくなるのでいいことだらけですね。

先述した通り、パッキングには正解はないのでカバンに詰める理由詰めてみてどうだったか?を自分で考えて言葉にできればより良くなっていきますよ。ぼくのカバンの中身はこちらをご覧になってみてください。

日常使いに最高!グレゴリーダッフルXSのカバンの中身公開

GREGORY(グレゴリー)ダッフルバッグXSのまとめ

ということで今回は、人生初のアルバイトで買ったGREGORYのダッフルバッグXSが15年経った今でも超現役で活躍してくれているからおすすめだよって記事を書きました。

今回のおすすめポイントをまとめます。

  • 10年以上使えるほど丈夫(実証済み)
  • 飽きがこない(主観だけど経験済み)
  • あらゆるシーンで活用可能
  • メインポケットが超広口で使いやすい
  • サイドポケットが絶妙
  • ショルダーバッグにもなる2wayタイプ

購入から10年以上経ってもなお現役で、ぼくのライフスタイルを支えてくれているグレゴリーのダッフルバッグXSについてまとめました。

カバン選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

そんな感じで。

また明日!

2018年にこのブログからよく売れた人気アイテムトップ10

グレゴリー製品使用レビューまとめ12選【実際に使ってみたものだけ】

グレゴリーのファンブルポーチの使い方は外出先でも困らないガジェットをまとめた

リュックにもショルダーにもなるグレゴリーの3Wayビジネスバッグがおすすめ

バックパック選びに迷っているならGREGORY(グレゴリー)をおすすめする理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。