ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




WORLD INFO マレーシア

【クアラルンプール空港でのトランジット(空港泊)】Wi-Fi、電源コンセント、ソファ、喫煙所などのまとめ

投稿日:2016年9月19日 更新日:

2014年5月2日から、クアラルンプール空港第二ターミナルが開業しています。

 

そのため、エアアジア、タイガーエア、セブパシフィックなどの航空会社は第二ターミナル(Klia2)へと移設しています。

 

比較的新しいので、綺麗な空港ではありますが、格安航空券(LCC)などの場合は、トランジット(乗り継ぎ)時間が異常に長いということもしばしば。

 

ということで、今回はそんな長時間のトランジットや空港泊をする際の情報をまとめてみました。

 

今回はエアアジアのセールを利用したので空港は第二ターミナル(Klia2)になります。





クアラルンプール空港第二ターミナル(KLIA2)でのトランジット時の役立ち情報

Wi-Fi

Wi-Fiは空港内のフリーWi-Fiが飛んでいます。

 

Wi-Fi接続をonにしたらFREEWiFi@klia2というのが飛んでいるのでキャッチしましょう。

 

するとこのような画面になります。(写真はパソコン画面ですが、スマホ操作も同じです)

 

freewifiklia2%e3%81%ab%e6%8e%a5%e7%b6%9a-2016-09-19-18-53-08

Connectのボタンを押します。

 

freewifiklia2%e3%81%ab%e6%8e%a5%e7%b6%9a-2016-09-19-19-25-14

この画面に切り替わったら「完了」ボタンを押して画面を閉じたらもう繋がっています。

 

場所によっては少し弱い時もありますが、基本的にはストレスなく使えます。

 

スマホはしばらく操作しないと、再接続をしないといけない場合があります。

 

それからパソコン画面で操作した時は、接続開始から24時間の利用だと表示が出ました。

 

電源コンセント

長時間トランジット時のコンセントの確保は必須ですね。

 

飛行機を降りてから、トランジットエリアに行くまでに手荷物検査場があります。

img_7751

 

ここを抜けると左右に大きなエスカレーターが見えます。

img_7760

このエスカレーターには乗らず、回り込むと電源スペースがあります。

img_7768

競争率高めです。

マレーシアのコンセントの形状はBFタイプが主流でCタイプが使える場所もあります。

 

この場所にはUSB充電用のポートもあります。

img_7771

日本の形状でも使える箇所があります。

img_7772

一部、日本の形状のまま使えない場所もあるので、注意が必要です。

img_7770

こんな時のために、ぼくは全世界対応の変換プラグを持っているので、役立ってます。

関連記事:日本と海外の移動生活を繰り返すぼくが必ず持ち歩くもの

 

それから、コンセント競争率が激しい時のためにモバイルバッテリーも常に持ち合わせています。

参考記事:AnkerPowerCore20100で二人でも楽々充電可能

 

フードコート

長時間滞在しているとお腹も空きます。

 

先ほどのエレベーターを登るとフードコートがあります。

 

エレベーターを登らなくても同じ階にいくつかお店もありますので、フードコート以外でも食べられます。

 

フードコートには東南アジアらしい食事が出てくるお店もあれば、バーガーキングやマクドナルドなど日本人に馴染みのあるお店もあるので、幅広く選べます。

 

クレジットカードはマスターカードのみ取り扱いのところが多いので、VISAしか持っていない人は要注意です。

 

喫煙所

ちなみに手荷物検査場抜けた先にはスタバもあります。

img_7766

このスタバを右に見ながら進んでいって突き当たりを左に曲がると喫煙所があります。

img_7767

 

空港ホテル

別記事でもまとめていますが、トランジットエリア内に空港ホテル「samsama express hotel」があります。

 

参考記事:クアラルンプール空港第二ターミナルの長時間トランジット対応。samasama express hotelへの行き方

 

僕は満室で泊まれませんでしたので、ロビーで過ごす際のオススメを紹介します。

 

ロビーでの空港泊

先ほども紹介した手荷物検査場を抜けて左右に見える大きなエスカレーター。

 

この下が狙い目です。

 

ソファは基本的にこの形。

img_7769

決して寝やすそうには思えません。

 

しかしここには、一部このようなソファがあるので、さっきのよりはゆっくり休めそう。

とは言ってもくつろげはしませんが。

img_7773

ってことで、今回僕は空港泊も見越してブランケットを持参しておりました。

 

ちなみにエアアジアの機内も、恐ろしく寒かったです。

関連記事:海外旅行の際に役立つ服装や持ち物選び7選

 

久しぶりに長時間トランジットで苦戦しております。が、これも旅の楽しみの一つですね。

 

環境に負けずに楽しみを自分で探し出していく習慣を持ち続けたいと思います。

 

トランジットに関する記事:上海浦東交際空港でトランジット。フリーWi-Fiを使う方法と空港案内図

 

イモトのWi-Fi

海外旅行に行く際には、レンタルWi-Fiを持って行くのも有効な手段になります。

イモトのWiFiを日本国内でレンタルしてから出発すれば、空港到着時から使用することができるので大変便利です。

また、複数台同時接続も可能なので、グループ旅行の際にはみんなで一台借りておくのもおすすめです。


こちらも合わせてどうぞ

  1. 決済方法を増やせば売り上げも増える→個人事業主でも無料でカード決済導入
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-WORLD INFO, マレーシア

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.