mont-bell(モンベル)の吊り下げ式ポーチトラベルキットパックを買ったら旅行にも日常にも最高だった

バックパッカーの中には、もうすでに御用達な方も多いと思います。

mont-bell(モンベル)のアレです、アレ。

旅行や出張などの際に持ち歩くことの多いトラベルポーチ。

普段は家の至る所に置いてある日用品をまとめて、いつもと違う生活環境へ持っていくわけですから、その使いやすさはかなりハードル高く求められることになります。

逆を言えば、使いやすいトラベルポーチを選んでしまえば、旅先でも日常を過ごすように快適に過ごせます。

 

この記事でわかること
  • モンベルのトラベルキットパックの外観内観
  • モンベルのトラベルキットパックのメリットデメリット
  • モンベルのトラベルキットパックの中身

mont-bell(モンベル)トラベルキットパックの外観内観

まず商品全体の概要はこんな感じです。

商品名:mont-bell【モンベル】トラベルキットパック

  • 表地: デニール・ナイロン・リップストップ
  • 留め具の種類: ファスナー
  • タテ15cmxヨコ21cmxマチ6cm
  • 収納可能サイズ: 20L以下
  • ポケットの数:5(外側0/内側6)
  • 重量:80g
  • ハンガーフック付き

 

mont-bell(モンベル)トラベルキットパックの外観

柔らかなデニール・ナイロンが記事として採用されています。

その見た目から軽さが一発でわかるほど。

mont-bell(モンベル)トラベルキットパックの内観

中は主に二層に分かれています。

外側にミニポケットを携えている上部と、中が見渡せるメッシュ加工の下部という構造。

細々したものをまとめたり、どこに何があるか一目瞭然なので使いやすさアップです。

ぼくはこれまで、前職を辞めた時にもらったThe North Faceのものを使っていたんですが、この度ついに乗り換えました。同じ部屋で過ごした旅人が、実際に使っているのを見て「使いやすそ〜」って思ったのが、購入の決め手です。

今までトラベルポーチ自体は完全に外出用だったのですが、あまりに便利なので日常使いにもいいな〜なんて最近は思って使い込んでいます。

ということで、この記事ではMontBell(モンベル)のトラベルポーチの魅力を語り尽くします。

mont-bell(モンベル)トラベルキットパックのメリットデメリット

ここからは実際の機能に即してトラベルキットパックのメリット・デメリットについて書いています。

mont-bell(モンベル)トラベルキットパックのメリット

まずおすすめのポイントを箇条書きにすると、

  • 軽い
  • 見た目以上の収納力
  • 中身が見やすい
  • 内部ポケットがサイズ違い
  • 吊るせる

と言ったところです。

順番に見ていきましょう。

軽い

商品概要でも触れましたが、モンベルのトラベルポーチは80gと超軽量。

移動が前提になる旅や出張では軽いは正義ですね。

見た目以上に大容量

見た目は超コンパクトなのに、実際に荷物を詰め込んでみてもかさばらないしゴワつかないです。

ポーチ自体が非常に薄くて柔らかな素材ですが、型崩れするわけでもないので安心してバックパックに詰めておけます。

実際に詰めている物たちの画像です。参考になりましたら。

 

中身が見わたしやすい

ダブルファスナー構造で180度全開に開くので、中身が確認しやすいです。

下層の部分がメッシュ構造になっているので、いろんな箇所を開けたり閉めたりしなくて済みます。

中身が見えない構造の場合、これ、地味にストレスだと思っていて、一つのファスナーを開けてみて

「あ、こっちじゃない!」

というシーンって煩わしくないですか?

 

インナーポケットがサイズ違い

爪切りなど毎日は使わない細々したものなどを、サイズに合わせてしまっておくことができます。

ジャストサイズのポケットに入れておけば、カバンの中で飛び出してしまうこともありません。

また、刃物類や先の尖ったものは、他のものの影に潜んで何かを取り出そうとした時に死角から指先を攻撃してくることがあるので、こうして別にしておくことをおすすめします。

関孫六貝印のプレミアム爪切りが本当にプレミアムでおすすめ

2019年2月9日

持ちやすい

手提げ?のような手持ちベルトが付いているので、持ち運びも便利です。

ここにカラビナとかS字フックを取り付けて、使わないときは洗面台付近やベッド脇に引っ掛けたりしています。

ドミトリーだとスペース限られているので、こういったちょっとした気遣いはスペースの有効活用ができて嬉しいですね。

吊るせる

トラベルポーチの醍醐味ですね。

吊り下げることができるフックはいろんな場面で役立つことが多いです。

mont-bell(モンベル)トラベルキットパックのデメリット

デメリットに感じることはほぼないですが、素材自体が軽くて柔らかいものを使っているので外部からの衝撃にはそこまで強くなさそうな印象です。

このポーチを使い出すもっと前ですが、飛行機に乗る際に預けていた荷物が戻ってきたらカバンの中で液体物が破裂していた経験があるので若干トラウマですが…

今回トラベルポーチを乗り換えた理由は「軽さを重視してゴワ付きのないもの」という条件だったのでここは目をつぶっています。

対策としては、持ち歩く液体物を100ml以下にすれば、預け入れずに機内持ち込みが可能になるのでいいかなと思っています。

 

mont-bell(モンベル)トラベルキットパックのまとめ

トラベルポーチ自体にそんなこだわりはなくて「必要なものが入れば何でもいいや〜」くらいだったんですが、正直ここまで「買ってよかったもの」にランクインしてくるとは、自分でも思いませんでした。

トラベルポーチ探している人の目に止まったらいいなぁと思って記事にしました。

色は写真の通りブラックを買いましたが、もともと持っていた小物入れがネイビーとかブラック系が多いので、カバンの中で存在感を出すために、もう少し明るい色を買えばよかったかなって思いました。

いろんなカラーが出ていますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。