ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ

海外のこと、旅のこと、暮らしのこと、働くこと、生きること(好きなヒト・コト・モノ・バショ全部)

北川勇介をフォローする




CAMERA

一眼レフを持ち歩くバックパッカーにはグレゴリーテールメイトSがおすすめ理由

投稿日:2018年7月27日 更新日:

『長期間の旅に一眼レフは不向きって本当?』

『持ち歩くカバンは何がオススメ?』

『町歩きや観光でも手軽に使えるものってないのかな?』

このような悩みや疑問にお答えします。

 

この記事を読むとわかること

  1. バックパッカーの一眼レフ持ち歩き方
  2. おすすめのカバンはテールメイトのSサイズです
  3. 一眼レフを持ち歩くバックパッカーが気をつけたいこと

 

この記事を書いているぼくは、現在リュック二個に生活の全てを詰め込んでカンボジアで暮らしています。

そんなぼくですが、なるべく荷物を減らして身軽に動き回りたいのですが、どうしても生活や仕事柄手放せないのが一眼レフカメラです。

 

カメラの取り扱いは気を使う人が多いと思いますので、実際に海外に生活しながらカメラの持ち歩きはどうしているのか?カバンの選び方で気をつけていることは何か?をまとめてみます。





バックパッカーの一眼レフカメラの持ち歩き方

これまで様々なカメラバッグを使用して来ました。

カメラバッグを買い換えて来た理由は、消耗と言うよりもしっくりこなかったから。

 

どうしても心の底から使いやすいなと感じられるものと出会えずにいました。

▼2013〜2016

▼2017〜2018

 

ぼくが一眼レフを持ち歩くためのカバンを選ぶ時に重要視しているポイントは「取り出しやすさ」です。

防犯面などに気を使うことはもちろんですが、あまり厳重に防犯対策や天候などへの対策をしすぎるとシャッターチャンスを失うことにもなりかねないと感じているからです。

 

決して安くないカメラをせっかく買ったのだからガンガン使えて、手軽に持ち運べる工夫があれば一眼レフだって苦になりません。

というか、持ち運びや取り出しやすさが苦になるから、一眼レフカメラを持ち運ぶことがもっと億劫になってしまうのだと思います。

 

おすすめのカバンはテールメイトSです

一眼レフを持ち歩きたいバックパッカーは、グレゴリーのテールメイトSが断然おすすめです。

 

おすすめの理由は主に3つ。

  • ショルダーバッグとして町歩きに最適
  • ショルダーバッグとしての容量の大きさ
  • これ一つで解決できる

 

ショルダーバッグとして町歩きに最適

まず今回の前提が「一眼レフを持ち歩くバックパッカー向け」なので、観光や町歩きに最適なショルダーバッグでもあるテールメイトはこれだけでも持つ価値を感じます。

 

ショルダーバッグとしての容量の大きさ

ショルダーバッグの中でも容量が大き目なテールメイトSなら、一眼レフカメラを収納してもその他の観光に必要なものも合わせて持ち運び可能です。

 

テールメイト一つで解決できる

サブバッグ+カメラバッグではなく、一つで持ち歩く手荷物もカメラも収納できるのがて0流メイトSの利点でう。

 

一眼レフカメラを持ち歩くバックパッカーが気をつけたいこと

質問がありそうな「一眼レフカメラの持ち歩き」に関する質問はこちらをご覧ください。

 

初めての一眼レフは何を買ったらいいの?おすすめの本体とレンズを紹介

 

海外旅行でカメラを使用する際これだけは注意したい5つのこと

 

海外旅行中の一眼レフ、カメラ周辺機器の管理や持ち運び方

 

旅のカメラに一眼レフはナンセンス?

 

カメラを持って出かけよう!散歩やお出かけにおすすめのレンズ選び

 

まとめ

この記事をまとめます。

  • カメラバッグ選びのポイントは使いやすさ(取り出しやすさ)です
  • おすすめはグレゴリーのテールメイトSです
  • ショルダーバッグとして最適です
  • 容量が十分すぎます
  • ショルダーバッグとカメラバッグを兼用できます

 

そんな感じで、実際に使用しているGREGORYのテールメイトが一眼レフユーザーにはもってこいの一品だったのでおすすめ記事を書きました。

一眼レフの持ち歩きに迷っているバックパッカーや旅行者の参考になりましたら幸いです。

 

おすすめのGREGORYのテールメイトS

折りたたみも可能なタイプはこちら。

コンデジやミラーレスユーザーは一回り小さなタイプも。

こちらも合わせてどうぞ

  1. 自分の本当の価値を知りたい→今の年収に満足してる?無料であなたの適正年収を診断
  2.  10年使えるバックパックで旅に出よう→月180円!?グレゴリーのバックパックがすごい
  3.  実体験に基づくレビュー→海外生活持っててよかったもの厳選10個

ぼくが大好きな国へ遊びに来ませんか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。   ぼくの書いた記事やぼく自身に興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ぼくが大好きな国カンボジアへ遊びに来ませんか?   前もってご連絡いただけましたら、あなたのカンボジア滞在が快適なものになるようにお手伝いいたします。    

現代社会にちょっと疲れたら…おいでよカンボジア

テレビ朝日や雑誌「an an」で何度も掲載されている、心と体を再生する3泊4日の海外ツアープログラム。 特に25~45才の働き盛りの女性が「癒やし」を求めて参加する企画です。   一人で不安、英語が苦手、海外って怖い。 そんな方にこそぴったり! 専属ガイドと専用車が付いて、英語や現地語不要で気軽に参加できます。   カンボジアで知り合った日本人が勤めていますので、安心してご参加いただけます。  

RECOMMEND



-CAMERA

Copyright© ストライクゾーン|好きで生きる好きを伝える北川勇介のブログ , 2018 AllRights Reserved.