カンボジア在住リモートワーカーの日常VLOG

アンコール遺跡群に1年間行き放題のチケットを買った

アンコールトムの門

アイキャッチ画像はアンコールトムの東側の門。カンボジアの世界遺産アンコールワットを始めとするアンコール遺跡群への年間入場券なるものを購入しました。

アンコール遺跡の年間入場券とは

アンコール遺跡の彫刻

年間パスといっても実際にはそんなものは売っていなくて、プロモーションによってこれまでのチケットがお得になりますよという話だそうです。販売期間は2021年3月11日から2021年12月31日まで。この期間内に買うと、買ったその日から指定の日数だけ入場可能になります。料金と期間は以下の通り。

  • 1dayチケット→2日入場可能:37ドル
  • 3daysチケット→5日入場可能:62ドル
  • 7daysチケット→10日入場可能:72ドル
  • 1monthチケット→2ヶ月入場可能:100ドル
  • 2monthsチケット→6ヶ月入場可能:150ドル
  • 6monthsチケット→12ヶ月有効:200ドル

アンコール遺跡の年間入場券買った

ということで迷わず半年分を購入。めでたく1年間アンコール遺跡行き放題になりました。

アンコール遺跡群入場パス

このカードを持っておけば、チェックポイントで止められてもドヤ顔で通行できます。用もないのにアンコールワット周辺のお堀に行って芝の上でゴロゴロしたり、お弁当持参で遺跡周辺の木陰でピクニックしたり、今までスルーしていたマイナーな場所だけピンポイントで行ってみたりなどしてみようと思います。

ところで「ただの白い紙切れじゃねえか」と思っていますか?これはカンボジアで納税していない外国人にはただの紙切れに見えるように特殊加工が施されています。

アンコールワットの年間パス

嘘です。裏が真っ白なだけです。

余談的な本音ですが、そろそろちゃんとワークパーミット持って納税している外国人たちは入場を優遇するなど、ちゃんとやっていない人たちを炙り出してほしいと願う気持ちからこのような嘘をついてしまい申し訳ありませんでした。

右上のQRコードはスキャンしてもどのサイトにも飛びません。なんで付けたんだ。

スラスラン

シェムリアップ市内でなぜか人気のBio Labというカフェがあるのですが、アンコールチケットを持っていないと近づけないこのスラスランという池の近くにもBio Labスラスラン店があるとのことで、これからは遺跡の近くでノマドワークしようと思ったのに営業していませんでした。

アンコール遺跡の年間入場券を使い倒すぞ

ということでこの1年間は狂ったようにアンコール遺跡へ行きまくろうと思います。写真や動画を撮りまくって

  • shutterstockで素材として販売したり
  • YouTubeでロードトリップを公開して旅行気分を味わってもらったり

この1年間でみた景色をできるだけ多くの人にシェアするつもりです。カンボジア好きな人も来たことない人もぜひお楽しみに。

差し当たり、年間入場券購入から小回りコースをサクッと撮ってきましたのでご覧ください。購入はチケットセンターにて。パスポートの提示が必要になるのでお忘れなく。ぼくは知らずに行って二度手間になりました。

シェムリアップの街のモニュメントです
シャッターストックのアカウント認証メール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Yusuke Kitagawa
カンボジアの農村部に建設した小学校を遠くからサポートしながら、楽しいカンボジア生活を文章、動画、写真にして暮らしています。