ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ

北川勇介をフォローする

TRAVEL

バックパッカーのカバンの選び方【サブバッグ2つがおすすめ】

投稿日:2018年7月11日 更新日:

『旅のカバン選びに迷っている』

『おすすめのカバンの選び方を知りたい』

このような悩みや疑問を抱えて旅の準備をしている方へ向けて書いています。

 

結論として、バックパッカースタイルを選ぶなら「バックパック+サブバック」という組み合わせではなく、「サブバッグ×2」がいいと思います。

 

この記事を読むとわかること

  • 大きなバックパックをおすすめしない理由
  • 30L程度のサブバッグ2つがおすすめの理由
  • 長期旅行者だから大きなバックパックとは限りません

 

この記事を書いているぼくは、全ての荷物がリュック二個に入りきる暮らしをして3年目くらい。

日本と海外を行ったり来たりし始めて6年目を迎えました。

関連記事:海外旅行の際に役立つ服装や持ち物の選び方7選





大きなバックパックをおすすめしない理由

理由は主に3つです。

  • 動きにくい
  • 余分な荷物が増える

 

大きなバックパックは動きにくい

当たり前ですが、カバンは大きくなればなるほど動きにくくなります。

実は、ぼくはグレゴリーのバルトロ75というバケモノ級にデカイバックパックを持っているのですが、今はもうほとんど使っていません。

理由はめっちゃ邪魔になるから。

 

かつてのぼくは、「このカバンに全てを詰め込めばめっちゃ楽!」と思っていましたが、それは勘違いです。

例えば日本の自宅から新幹線に乗って都内へ、電車を乗り継いで成田へ。

成人男性の腰くらいまでの高さの20kgの物体は、移動に関して邪魔でしかありません。

 

余分な荷物が増える

カバンが大きいと、出発前についついアレもコレもと余分な荷物を足してしまいカバンを重くしてしまう傾向にあります。

 

30L程度のサブバッグ2つがおすすめの理由

メインのバックパックと少し小さめのサブバッグを前後に背負って持ち歩くスタイルを取るならサブバッグ2個がおすすめです。

要領としては1つ30L程度。

理由は主に3つです。

  • 動きやすい
  • 何がどこにあるか明確
  • あらゆるシーンでカバンを使い分ける

 

動きやすい

先ほどの真逆です。

30L程度のリュックなら一つ一つが重くなりすぎず身動きも取りやすいです。

特に海外では、重たい荷物を持って身動きが鈍っていると犯罪のターゲットになりかねないので、気をつけましょう。

 

何がどこにあるか明確

生活に必要なもの(宿に置きっぱなしにする荷物)と外出に必要なもの(町歩きや観光時など)に分けておけば、何がどこにあるか明確です。

ぼくはデイパック(33l)と3wayバッグ(26L)を併用していますが、生活に必要なものと仕事に必要なもので使い分けています。

 

あらゆるシーンで使い分ける

メインのバックパックが大きすぎると、どこへ行くにもサブバッグで出かけることになります。

繰り返しになりますが、ぼくはデイパックと3Wayバッグを併用しているので、カジュアルに出かけたい時とややフォーマル(?)に仕事モードで出かけたい時にカバンを使い分けられます。

また、デイパックは常に留守番ではなく観光に出かけたり、数日の出張ならこれ一つで出かけられるので旅先でもカバンの選択肢があるというのは楽しみでもあります。

 

長期旅行者だから大きなバックパックが必要というわけではありません

持って行くものはだいたいいつも同じ

「長期旅行だから」「全く日本に帰らないから」という人もいると思いますが、ぶっちゃけそこは荷物の量に関係はないかなと思います。

これはぼくの実体験なので恐縮ですが、6年間日本と海外を行ったり来たりして思うのは「持って行くものはだいたいいつも一緒」ということです。

1週間の旅行も1ヶ月の旅行も1年の旅行も、そこまで大きな変化はないです。

 

必要になってもだいたい揃えられる

また旅の途中で、必要になったものはだいたい変え揃えられます。

アジア圏であればタイのバンコクなどがまさにそうですが、各都市への移動のハブ的ポジションになっているだけでなく、物流の面を取っても近隣諸国では買い揃えられないものまである程度揃っています。

そのようなポジションの国や地域があるので、最初から備えすぎなくて大丈夫です。

 

まとめ

今回の記事の言いたいことをまとめます。

  • バックパッカーに大きなバックパックは不要です
  • 動きにくいし邪魔になりやすい
  • 荷物が増えやすい
  • 30L程度のリュック二つがおすすめ
  • 一個一個が軽い
  • 物の管理が楽
  • カバンをシーンに応じて使い分けることも可能

といった点です。

 

「バックパッカー=メインバックパック+サブのデイパック」という概念に縛られることなく、より身軽な旅の準備の参考になりましたら幸いです。

 

ノマドっぽく生活したい人向けに3Wayバッグを勧める理由は1年使ってみて10年ものだと確信したから

こんにちは、北川勇介(@yusukeworld_)です。   以前、ぼくがこよなく愛するアウトドアブランドGREGORY(グレゴリー)の「3Wayバッグを買ったよ〜」って話を書きました。 & …

続きを見る

グレゴリーのデイ&ハーフおすすめの使い方はシングルポケット【間違いない】

「グレゴリーのリュック買いたいな〜」と思いながら、種類が多くて悩んでいる人も多いと思います。 ぼくもそうだったのですが、多くの人が「デイパック」と「デイアンドハーフ」で悩むようです。   こ …

続きを見る

ミニマリストと言えどバックパック一つは無理でした。必要なものは人それぞれちがうし。

バックパック一つで旅をする。 旅をするように暮らす。   以前とある本と出会ってから、そのようなライフスタイルの実現を目指して行動してきました。   日本と海外で仕事を創り、どこに …

続きを見る

 

▼おすすめの組み合わせ

 

Facebookでも
情報公開中。







RECOMMEND



カンボジアへお越しの際はぜひ!

普段は、世界遺産アンコールワットのある街カンボジアのシェムリアップで「たまり場」をつくっています。
こだわりのカレーとコーヒーを用意して、ブログ書いて生活しています。
シェムリアップへお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

-TRAVEL

Copyright© ローカルに暮らすソーシャルに生きる|地球規模で物事を考え、目の前の世界を生き、社会へ届けていくブログ , 2018 AllRights Reserved.