YouTube再開しました>>>

ノマドワーカーにおすすめのバッグは3way|10年物だと確信

ノマドワーカーに限らず、大切な仕事道具をまとめるバッグ選びは非常に重要です。ただ、この世には数多くのラインナップがありすぎて何を選んでいいのかわからなくなったりします。せっかく買っても使いにくかったりすぐ壊れたり飽きたりしたら悲しい。

この記事では、日本と海外を行ったり来たりして4年目のぼくが、買ってから1年間愛用してみて間違いなかったおすすめのバッグを紹介します。

あなたのノマドライフを快適にしてくれる相棒選びの参考にぜひどうぞ。

ノマドワーカーにおすすめのバッグは3way

結論としては移動が多い働きマンには3wayバッグがおすすめです。

3Way(スリーウェイ)バッグとはどんなバッグ?

最近でこそ見かけたり名前を聞いたりすることの増えた3Wayバッグですが、その起源は辿って行くともともと軍用のカバンだったみたいです。つまり、耐久性の高いものが多いということ。3Wayという名前の通り、三通りの活用ができるバッグの総称のことで

  • 背負える(リュック)
  • 手提げになる(ビジネスバッグ)
  • 肩掛けになる(ショルダーバッグ)

というタイプが一般的。

3wayバッグのメリット

  • 多用途
  • 多目的
  • 多機能

とにかく一つのバッグでできることが多いのが3wayバッグのメリットです。ビジネスシーンはもちろん、旅行やプライベートのおでかけなどシーンを選ばず使えます。また、細かな機能がたくさん備わっていて痒いところに手が届く設計のものが多いです。あらゆる場面で長く使える一品を持っておくといくつもカバンを持つ必要もないし、毎日のお出かけも気分が上がります。

デメリット

  • 地味

思いつくデメリットが一つで箇条書きが全く意味をなしておりません。あらゆるシーンで使いやすいと言うことは裏を返すと地味。明るい色や派手な柄を好む人には不向き。

おすすめの3wayバッグ

ノマドワーカーにおすすめの3wayバッグ

実際に使っているものや買うか迷ったものを紹介します。

グレゴリー カバートクラシック エクステンデッドミッション

グレゴリー カバートエクステンデッドミッション

グレゴリーの3Wayビジネスバッグ「カバートエクステンデッドミッション」が耐久性高くておすすめ

実際にぼくが使っているものです。アウトドアブランドのグレゴリーのもの。アウトドアブランドやスポーツメーカーって最強だと思っていて

  • 超絶タフなのに
  • 軽くて強い
  • 雨や汚れにも強い

ものが多いからです。

実際にこのバッグは420デニールナイロンオックスという素材を使用しています。420デニールとは使用しているナイロンの糸の太さ、オックスは生地を指します。オックス素材の特徴は

  • 水をはじく撥水機能
  • 裏面のハイパロン加工(防水)を施したハリ感と高度な防水性を持った資材用途

があげられます。

あと、このシリーズは「ビジネスバッグには見えないビジネスバッグ」を謳っていて「なんかおじさんくさい…」と思いがちな若者にも人気です。

BRIEFING(ブリーフィング)

候補に上がったのはBRIEFINGの3wayバッグ。ミリタリズムを追求しまくった強靭なつくりと洗練された機能美のギャップでめまいがするぜ。価格もちょっとめまいがしそうですが、間違いなく長年使いこめて愛せそうな一品。

ポーター

日本が誇る吉田カバンの3wayバッグ。上記二つよりさらにスマートさが増しそうな一品。大学生の頃はポーターのブリーフケースを愛用していたので、その能力の高さはすでに体験済み。

ノマドワーカーが3wayバッグを1年間使ってみた感想

先ほど紹介したグレゴリーの3wayバッグを購入してから1年が経過しましたので、実際に使ってみた感想などをまとめます。

言いたいことを先に一言で言うなら

10年使える。

安心感

先述した通り、撥水加工が施されているので少しくらいの雨にも平気で、汚れに強いので安心して外へ連れ出せます。汚れても硬く絞ったタオルとかでサッと拭くだけできれいになるので、管理も楽で気を使わずにきれいを保てます。

使いやすい

必要なものをアレコレ詰め込めるのはもちろん、収納したものを取り出しやすいので作業効率がいいです。細々したものもバッグの中で迷子になりにくく、机の上とか商談の場とかで荷物広げすぎずに必要なものだけ取り出せます。

飽きなそう

そもそも「消費」って、単純な「値段」とか「見た目」とかだけでは本来決められないものこそが、本当は大事な要素なのかなと思います。

例えば、毎年毎年10万円のバッグは買えないかもしれないけど、10年以上使える10万円のバッグはとても安いと思えます。そして10年経っても廃れない、飽きない、ダサいと思わないものこそ、本当の意味でのデザインであって、流行りに流されないものこそがブランド力なのだということです。

そうやって自分が選んだものを、大切に愛しながら使い続ける生活をしたい。

シーンを選んで使い回すためにいくつも所有しているバッグがあるとしたら、そのバッグの出番は年何回ですか?シーンに応じて買い足すお金と、そのバッグを維持しておくスペースってもったいなくないですか?

まとめ

ということでノマドワーカーには3wayバッグがおすすめだよって話を書きました。

  • あらゆるシーンで使えて
  • 耐久性や安心感が高く
  • 使いやすくて飽きがこない

ので一つのバッグに愛着を持って、大切な仕事道具を詰め込んで、あちこち移動しまくりたい人には絶対おすすめです。愛好の相棒を背負って最高な仕事をして旅しまくりましょう。

関連記事

カバンの中身あれこれ公開 2018年4月版

グレゴリー カバートエクステンデッドミッション

グレゴリーの3Wayビジネスバッグ「カバートエクステンデッドミッション」が耐久性高くておすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。